拿捕とは?

だ ほ [1] 【拿捕】

( 名 ) スル
とらえること。
軍艦などが一定の外国船舶を支配下におくこと。


拿捕

読み方:だほ

主に船舶捕われることを指す語。

拿捕

読み方:ダホ(daho)

とらえること


【拿捕】(だほ)

船舶内部突入し、必要なら白兵戦を経た上で船内制圧する事。
調査目的一時的な拿捕は「臨検」、ある海域通過する全ての船舶を拿捕する場合は「海上封鎖」と表記する。

国際法に基づく慣習として、司法軍事上正当な理由なく船を拿捕する事は認められていない
つまり、合法的に拿捕を行う船舶軍隊もしくは司法警察として所属明らかにしていなければならない
また、軍隊交戦国戦闘艦艇を含む船団、または戦時禁制品類する品目搭載した船のみ拿捕できる。
司法警察自国領海内でのみ、犯罪容疑者逮捕拘束および捜査に必要な場合に拿捕を行う事ができる。

拿捕は原則として非武装民間船のみを対象とし、艦載砲機関砲武装された船舶原則として対象としない。
これは、そのような船の拿捕が事実上不可能なためである。
海上では歩兵機動力著しく損なわれる上、船の構造自体障害システムとして機能するため、武装して船内立て籠もる船員歩兵によって制圧することは極めて困難である。
このためそのような船舶にはまず武装解除呼びかけ、これに応答しない場合機関砲などで船ごと撃沈殺害する。

戦時には敵国補給艦および商船を拿捕・鹵獲する通商破壊戦がごく一般的である。
各国海軍まずもって敵国通商破壊、あるいはこれを防止する抑止力としての役割期待される。
戦闘艦艇を鹵獲して船員捕虜とする事もあるが、上記理由から降伏した後にのみ行われる

関連鹵獲 海兵隊


拿捕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/24 04:34 UTC 版)

拿捕(だほ)とは、国家が主体となっておこなう船舶航行の自由を制約する行為のうち、船舶の抑留など実力行使を伴うもの。捕獲(ほかく)や鹵獲(ろかく)、拿獲(だかく)ともいう。しばしば船員の抑留や積荷没収を伴う場合もある。




「拿捕」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「拿捕」の関連用語

拿捕のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



拿捕のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの拿捕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS