船団とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 集団 > 船団の意味・解説 

せん‐だん【船団】

読み方:せんだん

同じ目的をもって行動する船の集団。「―を組む」「北洋サケマス―」


船団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 07:06 UTC 版)

野望円舞曲」の記事における「船団」の解説

円筒形をしたいくつも巨大宇宙船単位人間棲む独立船団。ふたつの星域破滅させたラムセス事件以後人類は〈プレ・ブロティアン協定〉という禁止令発布し、〈思考体〉などの技術忌避されたことにより、幾多の科学者技術者人類犠牲となり、宇宙生きる場を失うこととなった。そんな迫害された人々生き残るために作り上げたのが、この船団国家であった。 〈宙峡〉による短縮航法によって、何億光年離れている星域星域結んで生活をしているこの宇宙において、〈宙峡〉によって連結されている星域以外の宇宙は、利用されることなく人類社会からうち捨てられるとなっており、この船団国家はそんな見捨てられた所を隠れるように生活していた。 人間と〈思考体〉が分け隔てなく共存共生する国家で、〈プレ・ブロティアン協定〉が人類社会結ばれて以降鎖国態となり三世紀半を深宇宙のかなたを漂っているが、資源有さない宇宙空間での船団住民自足不可能でありそのため、人類生存圏ぎりぎりところで座標維持し希少資源情報などを人類社会から極秘裏に入手している。また、少な資源居住区分かち合うために市民の約三分の二施設一回に五年間冬眠状態に入っている宇宙席捲する軍事国家ボスポラス大宰相ケマル・エヴヂミクと、宇宙混沌もたらそうとしているアドリアナ・セルベッジア出生地でもあるクロード思考体〉。立体映像では男性。船団よりジャラルド・ファルネーゼのもとに派遣されてきた、いわば対外交渉担当者コンドラチェフ 船団の参議会議長サビア 船団の参議会から世話役派遣され女性一人娘がいる。

※この「船団」の解説は、「野望円舞曲」の解説の一部です。
「船団」を含む「野望円舞曲」の記事については、「野望円舞曲」の概要を参照ください。


船団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/03 01:39 UTC 版)

翠星のガルガンティア ONLINE FLEET」の記事における「船団」の解説

このゲームの主目標は船団を大きくしていくことである。プレイヤー船団長であり、ゲームスタート時に船団の中心となる司令船戦闘関わる護衛長船の二隻のみを与えられる人口増やすために住居船を作り食料を得る為に漁業船を作り資材確保のために工業船を作り………と言った流れでゲーム進行していく。経験値を得ることで船団のレベル上がり管理出来る船団の規模大きくなる。 船の新造にはGC呼ばれるゲーム内通貨食料鋼材レアメタル必要になる加えて新造には「建造コア」が必要となる。この建造コアミッション達成報酬として貰える他、海域攻略により入手することが出来るまた、GC使えば交易による入手も可。必要資材条件満たせば船の新造可能で建造には多少時間を要する。 各船は建造後、「強化」によるレベルアップで各船の能力上げことが出来る例え住居の場合は住民収容能力向上する。この強化にも新造同様に資材時間必要になるが「建造コア」は不要である。但し、一定レベルを超える為には「強化コア」が必要となる場合がある。こちらも「建造コアと同様入手できる

※この「船団」の解説は、「翠星のガルガンティア ONLINE FLEET」の解説の一部です。
「船団」を含む「翠星のガルガンティア ONLINE FLEET」の記事については、「翠星のガルガンティア ONLINE FLEET」の概要を参照ください。


船団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 14:35 UTC 版)

鄭和」の記事における「船団」の解説

鄭和指揮した船団の中で最大の船は宝船ほうせん)(中国語版)と呼ばれた。『明史によれば長さ44丈(約137m)、幅18丈(約56m)、8,000t、マスト9本であり、小さく見積もって長さは約61.2m、1,170t、マスト6本という巨艦とも言われる出土品現代の検証から、全長50m前後という説もある。またこの他給水艦や食糧艦、輸送艦艦隊加わっていたと推測されている。 艦隊参加人員はどの航海おいてもほぼ27000人前後となっており、正使副使などの使節団中心として、航海士操舵手水夫などの乗組員指揮官筆頭とした兵員事務官通訳などの実務官僚医官など様々な職種からなっていた。 2006年9月南京全長63.25mの鄭和宝船復元された。

※この「船団」の解説は、「鄭和」の解説の一部です。
「船団」を含む「鄭和」の記事については、「鄭和」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「船団」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「船団」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



船団と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「船団」の関連用語

船団のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



船団のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの野望円舞曲 (改訂履歴)、翠星のガルガンティア ONLINE FLEET (改訂履歴)、鄭和 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS