接続水域とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 水域 > 接続水域の意味・解説 

接続水域

読み方:せつぞくすいいき

公海のうち、国の領海に接している一定範囲海域外国船取り締まり目的として接続水域を設置することが国連海洋法条約により認められている。

せつぞく‐すいいき〔‐スイヰキ〕【接続水域】


接続水域

読み方せつぞくすいいき
【英】: contiguous zone

沿岸国は、外国船舶による密輸入密入国伝染病侵入などを阻止するために海上取り締まりを行っているが、船舶速度増加につれて有効な取り締まりが困難になってきている。そのため沿岸国は、自国領土または領海内における通関上、財政上、出入国管理上、衛生上の法令違反防止し、自国領土または領海内で行われ前記法令違反処罰するために、領海接続する外側海域取締りのための水域設置することが認められている。これを接続水域という。
接続水域の範囲について、1958 年領海条約では、領海基線から 12 海里を超えて拡張することができないとされていた。しかし、国連海洋法条約では、領海の幅の最大限12 海里したため、接続水域の範囲領海基線から測って 24 海里を超えて拡張することができない修正された。

接続水域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/08 17:35 UTC 版)

接続水域(せつぞくすいいき、英語: contiguous zoneフランス語: zone contiguë)とは領海の外縁にあり、基線から24海里の範囲で沿岸国が設定する水域のこと[1]




  1. ^ 筒井(2002)、213頁。
  2. ^ a b c d e f g 杉原(2008)、134-135頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 山本(2003)、430-432頁。


「接続水域」の続きの解説一覧



接続水域と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「接続水域」の関連用語

接続水域のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



接続水域のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2021 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの接続水域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS