領有とは? わかりやすく解説

りょう‐ゆう〔リヤウイウ〕【領有】

読み方:りょうゆう

[名](スル)自分のものとしてもつこと。領地としてもつこと。「自国の―する島」


領有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 09:30 UTC 版)

領有(りょうゆう)とは、領土などを自国、自分のものであるとすること。 特にこの領有という言葉は、自分のものであるという主張を意味し、領土編入の際、早い者勝ちというのが大半である。しかし、一番早く領有したとしても、領土問題に発展したり、あるいは紛争の大きな原因と指摘されている。条約などの取り決めによって領土が画定されていない時などの場合を言う。




「領有」の続きの解説一覧

領有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/28 04:50 UTC 版)

ボンバイ礁」の記事における「領有」の解説

この礁は中華人民共和国中国)に実効支配されており、海南省三沙市組み込まれている中国はこの礁の浅瀬灯台建設している。一方中華民国台湾)とベトナムもこの礁に対して主権主張している。

※この「領有」の解説は、「ボンバイ礁」の解説の一部です。
「領有」を含む「ボンバイ礁」の記事については、「ボンバイ礁」の概要を参照ください。


領有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/07 14:42 UTC 版)

ダンカン島」の記事における「領有」の解説

この島は中華人民共和国実効支配されており、海南省三沙市組み込まれている2016年8月撮影され写真では、8つヘリパッド格納庫有するヘリコプター基地建設されるとともにでつながる隣のパーム島との間が浚渫され港湾施設整備されていることが確認されている。 一方中華民国台湾)とベトナムもこの島の主主張している。

※この「領有」の解説は、「ダンカン島」の解説の一部です。
「領有」を含む「ダンカン島」の記事については、「ダンカン島」の概要を参照ください。


領有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/05 08:59 UTC 版)

ラッド礁」の記事における「領有」の解説

1988年からベトナムがこの礁を実効支配しているが、中華人民共和国中華民国台湾)も主権主張している。 ベトナムは、灯台兵士滞在できる小規模な施設建設しており、2016年には外海礁湖間に水路を掘るための浚渫作業開始している。

※この「領有」の解説は、「ラッド礁」の解説の一部です。
「領有」を含む「ラッド礁」の記事については、「ラッド礁」の概要を参照ください。


領有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 23:19 UTC 版)

ナムイエット島」の記事における「領有」の解説

ベトナム実効支配しているが、中華人民共和国台湾中華民国)およびフィリピン主権主張している。 1973年南ベトナム軍がこの島に駐留した

※この「領有」の解説は、「ナムイエット島」の解説の一部です。
「領有」を含む「ナムイエット島」の記事については、「ナムイエット島」の概要を参照ください。


領有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 23:28 UTC 版)

フラット島」の記事における「領有」の解説

この島は小さ砂州なので軍は駐留できないが、フィリピン実効支配しており1970年からフィリピン軍がラワック島から監視している。中華人民共和国中華民国台湾)及びベトナム主権主張している。

※この「領有」の解説は、「フラット島」の解説の一部です。
「領有」を含む「フラット島」の記事については、「フラット島」の概要を参照ください。


領有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/01 15:18 UTC 版)

ランキアム礁」の記事における「領有」の解説

フィリピン実効支配しているが、中華人民共和国中華民国台湾)、ベトナム領有権主張している。 ロアイタ島に駐留するフィリピン軍兵士定期的に巡回来ている

※この「領有」の解説は、「ランキアム礁」の解説の一部です。
「領有」を含む「ランキアム礁」の記事については、「ランキアム礁」の概要を参照ください。


領有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 05:43 UTC 版)

シンコウ島」の記事における「領有」の解説

ベトナム実効支配しているが、中華人民共和国台湾中華民国)、フィリピン主権主張している。

※この「領有」の解説は、「シンコウ島」の解説の一部です。
「領有」を含む「シンコウ島」の記事については、「シンコウ島」の概要を参照ください。


領有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 14:28 UTC 版)

西月島」の記事における「領有」の解説

フィリピン実効支配している島であるが、中華人民共和国中華民国台湾)、ベトナム主権主張している。1963年からフィリピン軍駐留している。 2016年7月12日常設仲裁裁判所裁定南シナ海判決)では、この島は人間の居住または独自の経済的生活を維持できないであって領海基線となるが排他的経済水域EEZ)の基線とはならない判断された。

※この「領有」の解説は、「西月島」の解説の一部です。
「領有」を含む「西月島」の記事については、「西月島」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「領有」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

領有

出典:『Wiktionary』 (2014/05/06 13:32 UTC 版)

名詞・サ変動詞

りょうゆう

  1. 土地などを)自分のものとして所有すること。

「領有」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「領有」の関連用語

領有のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



領有のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの領有 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのボンバイ礁 (改訂履歴)、ダンカン島 (改訂履歴)、ラッド礁 (改訂履歴)、ナムイエット島 (改訂履歴)、フラット島 (改訂履歴)、ランキアム礁 (改訂履歴)、シンコウ島 (改訂履歴)、西月島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの領有 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS