主権とは? わかりやすく解説

しゅ‐けん【主権】

読み方:しゅけん

国民および領土統治する国家権力統治権

国家他国からの干渉受けず独自の意思決定を行う権利国家主権

国家政治最終的に決定する権利。「国民—」


主権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 07:11 UTC 版)

主権(しゅけん、: Souveraineté: Sovereignty)とは、国家の構成要素のうち、最高・独立・絶対の権力[1][2][3]、または近代的な領域国家における意思決定と秩序維持における最高で最終的な政治的権威を指す[4][5]国家主権(こっかしゅけん)のこと。国が国家であるために有する権利[3]





主権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 01:23 UTC 版)

問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の記事における「主権」の解説

箱庭の中で事象概念などの主権は全て恩恵の上位に相当する力、“権能”に置き換えて譲渡することができ、形あるものとして扱える

※この「主権」の解説は、「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の解説の一部です。
「主権」を含む「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の記事については、「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の概要を参照ください。


主権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 07:36 UTC 版)

ブータンの政治」の記事における「主権」の解説

ブータン人々歴史的に自国主権について疑い持ったことはなく、事実ブータン一度も植民地化されたことがない。しかし、外の世界、すなわちインドその前英領インド帝国にとって、ブータンは彼ら自身の地政学的利益のために主権国家ではないと見なされてきた。ブータン英領インド帝国から宗主国として扱われその間現在の君主制確立された外交・防衛政策は、1910年プナカ条約によって英国決定することになっていたが、ブータン鎖国政策とっていたためあまり意味を持たなかった[要出典]。インド独立後1949年ブータンインドは、イギリス変わりインドが関係を事実上継続する10ヶ条の永久条約に合意した。すなわち、インドブータン内政干渉しないこと、ブータンは「対外関係に関してインド政府助言導かれること」(第2条に合意した。条約では両国間自由貿易完全な身柄引き渡し定められた2007年2月、インド・ブータン友好条約大幅に改正され、「導かれる」などの文言はすべて削除されブータンの主権と独立地位に関する最後の懸念がようやく解消された。

※この「主権」の解説は、「ブータンの政治」の解説の一部です。
「主権」を含む「ブータンの政治」の記事については、「ブータンの政治」の概要を参照ください。


主権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 00:58 UTC 版)

青函トンネル」の記事における「主権」の解説

津軽海峡は「いわゆる国際海峡」である特定海域にあたり、また青函トンネル一部主権が及ぶ領海ではない領域を通るが、日本政府の見解では国際法に基づき青函トンネル全体に対して日本国管轄権が及ぶ解されている。

※この「主権」の解説は、「青函トンネル」の解説の一部です。
「主権」を含む「青函トンネル」の記事については、「青函トンネル」の概要を参照ください。


主権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 09:15 UTC 版)

ポルトガル領マカオ」の記事における「主権」の解説

マカオの主権は複雑な問題だった。マカオ大学社会学教授、郝志東(Zhidong Hao)は、主権を「絶対的」で共有できない考える人もいれば、「相対的」で共同または共有できると言う人もいるとする。彼のによればマカオの主権問題複雑さは、中国ポルトガル1999年以前マカオの主権を共有していたことを示唆している。(略)マカオ植民地時代には、中国マカオでの支配力弱かったため、主権が弱くなり、ポルトガルがよりを多く持っていた。一方ポルトガル人マカオに主権を持っていたとしても、1887年条約後でも、それは絶対的なものではなかった。そのため、実際的には、主権は中国ポルトガルの間で何らかの形で共有されており、ある時点では、その一方他方よりも多くを持っていた。 マカオの政治地位は、1887年条約後も、その曖昧な表現のために争われていた。解釈書き手視点依存しポルトガル中国ポルトガル語中国語)では異な側面見せる。マカオ立法議会法律顧問務めてきた学者パウロ枢機卿は、次のように書いている。 国際法基づ分析では、マカオ西側学者によって租借地として位置付けられています。あるいはポルトガル国家元首下にある連合体。あるいは共同主権領域。あるいは多国化され体制下の領域。あるいは特別境遇領域。あるいは特殊な国家間関係に由来する統合されていない自治領。あるいは、二重主権下の共同体言い換えれば中国は主権を保持していたが、ポルトガルがその行使責任持った)。間違いなく、それは異例の状況でした。共同宣言以降マカオ1999年12月19日まで、条約自体そのような文言がなかったにかかわらず国際法に基づいて国際化された領土でした。

※この「主権」の解説は、「ポルトガル領マカオ」の解説の一部です。
「主権」を含む「ポルトガル領マカオ」の記事については、「ポルトガル領マカオ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「主権」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

主権

出典:『Wiktionary』 (2021/09/18 03:33 UTC 版)

名詞

しゅけん

  1. 国民領土統治する国家権力統治権
  2. 国家他国からの干渉受けず独自意思決定を行う権利。「万国公法」により日本もたらされ製新漢語
  3. 国家政治最終的決定する権利

関連語

翻訳


「主権」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

主権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



主権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの主権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの問題児たちが異世界から来るそうですよ? (改訂履歴)、ブータンの政治 (改訂履歴)、青函トンネル (改訂履歴)、ポルトガル領マカオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの主権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS