カノッサの屈辱とは? わかりやすく解説

カノッサ‐の‐くつじょく【カノッサの屈辱】


カノッサの屈辱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/02 21:58 UTC 版)

カノッサの屈辱(カノッサのくつじょく、ドイツ語: Gang nach Canossaイタリア語: Umiliazione di Canossa)は、聖職叙任権をめぐってローマ教皇グレゴリウス7世と対立していたローマ王ハインリヒ4世が、1077年1月25日から3日間に及んでが降る中[1][2]カノッサ城門にて裸足のまま断食と祈りを続け[3]、教皇に破門の解除と赦しを請うた事件を指す。結果、グレゴリウス7世はハインリヒ4世の破門を解いた。


  1. ^ 臺 & 鈴木 2008, p. 107.
  2. ^ 林 1972, p. 155.
  3. ^ a b 木下, 木村 & 吉田 2008, p. 193.
  4. ^ 野口洋二. “カノッサ事件”. 日本大百科全書(ニッポニカ)(コトバンク). 2019年5月25日閲覧。
  5. ^ カノッサの屈辱とは”. コトバンク. 2019年5月26日閲覧。


「カノッサの屈辱」の続きの解説一覧

カノッサの屈辱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/13 05:41 UTC 版)

エース (ストリートファイター)」の記事における「カノッサの屈辱」の解説

ヴルカーノ・ロッソ必殺技当て身攻撃

※この「カノッサの屈辱」の解説は、「エース (ストリートファイター)」の解説の一部です。
「カノッサの屈辱」を含む「エース (ストリートファイター)」の記事については、「エース (ストリートファイター)」の概要を参照ください。


カノッサの屈辱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/20 07:41 UTC 版)

ヴルカーノ・ロッソ」の記事における「カノッサの屈辱」の解説

当て身投げ。弱はジャンプ攻撃、中は地上の上攻撃、強は下段攻撃対応し反撃それぞれ異なる。技名の由来は中世ヨーロッパ史のカノッサ事件

※この「カノッサの屈辱」の解説は、「ヴルカーノ・ロッソ」の解説の一部です。
「カノッサの屈辱」を含む「ヴルカーノ・ロッソ」の記事については、「ヴルカーノ・ロッソ」の概要を参照ください。


カノッサの屈辱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 12:16 UTC 版)

叙任権闘争」の記事における「カノッサの屈辱」の解説

グレゴリウス7世教皇権皇帝に対し優位にあること主張し1076年神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世破門した。それを受けドイツ諸侯たちは、ザリエル朝のもとで王権帝権強化進んだことに懸念抱いていたこともありハインリヒ帝位否定する動きをみせた。こうして翌1077年自らの政治的地位危うくなることを恐れたハインリヒ4世グレゴリウス7世贖罪した(カノッサの屈辱)。その後勢力立て直したハインリヒ4世軍事力行使しグレゴリウス7世ローマから逃亡させる至った。そして両者死後おいても皇帝教皇争い一進一退であり、何らかの妥協点定めることは困難に見えた

※この「カノッサの屈辱」の解説は、「叙任権闘争」の解説の一部です。
「カノッサの屈辱」を含む「叙任権闘争」の記事については、「叙任権闘争」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カノッサの屈辱」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



カノッサの屈辱と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カノッサの屈辱」の関連用語

カノッサの屈辱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カノッサの屈辱のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2023 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカノッサの屈辱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエース (ストリートファイター) (改訂履歴)、ヴルカーノ・ロッソ (改訂履歴)、叙任権闘争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS