革新とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 革新 > 革新の意味・解説 

かく‐しん【革新】

読み方:かくしん

[名](スル)旧来の制度・組織方法習慣などを改め新しくすること。特に、政治では、現状改革しようとする立場。「技術―」⇔保守

「革新」に似た言葉

イノベーション

別名:革新
【英】innovation

イノベーションとは、それまでになかった技術仕組み打ち出すことで既存仕組み在り方一変させること、といった意味で使われる語である。

イノベーションの語は技術開発商品開発新たな販路ビジネスモデルあらゆる分野文脈において用いられるビジネス分野においては経済学者シュンベーターが提唱した定義に基づきイノベーション類型挙げられることが多い。


革新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/12 04:47 UTC 版)

革新(かくしん)とは、字句通りの意味では新たに革(あらた)めることを意味し、既存のものをより適切と思われるものに変更することを意味する。


  1. ^ progressive とは 意味・読み方・表現 | Weblio英和辞書”. ejje.weblio.jp. 2021年1月9日閲覧。
  2. ^ 西田毅、「右翼」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)、小学館。
  3. ^ a b 「私の『戦争論』」(吉本隆明ぶんか社1999年
  4. ^ “【主張】枝野氏ら新党 左派分離はわかりやすい”. 産経新聞. (2017年10月3日). https://www.sankei.com/article/20171003-OZN2I5G7M5KVTK2WWACQGRUFBQ/ 2017年10月29日閲覧。 
  5. ^ “えらぼーと解析:自民は支持者との一致度68%に 初公開”. 毎日新聞. (2017年10月18日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171019/k00/00m/010/052000c 2017年10月30日閲覧。 
  6. ^ “海外メディア「安倍首相の与党大勝へ」相次ぎ速報”. 朝日新聞. (2017年10月22日). http://www.asahi.com/articles/ASKBQ4TYVKBQUHBI00H.html 2017年10月30日閲覧。 
  7. ^ “枝野氏が「立憲民主党」 民進分裂 リベラル系結集”. 東京新聞. (2017年10月3日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201710/CK2017100302000120.html 2017年10月30日閲覧。 
  8. ^ “「永田町の政治変える」躍進の立憲民主党”. 産経新聞. (2017年10月23日). https://www.sankei.com/article/20171023-6IPBZFQBOFLG7GLHXDCBYBAYUI/ 2017年10月30日閲覧。 
  9. ^ “立憲・枝野代表「私は保守」「30年前なら自民党宏池会ですよ」”. スポーツ報知. (2017年10月24日). http://www.hochi.co.jp/topics/20171024-OHT1T50058.html 2017年10月29日閲覧。 
  10. ^ [https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/44779.html “新「立憲民主党」誰が参加? 150人の名簿を掲載”]. NHK. (2020年9月16日). https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/44779.html 2022年10月30日閲覧。 
  11. ^ 立憲、リベラル色後退 赤松氏引退、旧国民合流で:時事ドットコム - ウェイバックマシン(2021年1月2日アーカイブ分)
  12. ^ “立憲、主導権争い激化 各グループ相次ぎ会合”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20211106/ddm/005/010/086000c 2021年11月17日閲覧。 
  13. ^ “立憲民主党代表選、選挙のしくみと「党内グループ」のまとめ”. Yahooニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/oohamazakitakuma/20211118-00268495 2021年11月17日閲覧。 
  14. ^ “中道路線の泉健太氏・リベラル系の逢坂誠二氏を軸に展開か…立民代表選で2氏出馬表明”. 読売新聞. (2021年11月16日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20211116-OYT1T50210/ 2021年11月17日閲覧。 


「革新」の続きの解説一覧

革新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 04:22 UTC 版)

ヴィルヘルム・ヘッケル」の記事における「革新」の解説

アルメンレーダーの助け得て会社楽器製作者19世紀中頃ファゴットキードイツ語版システム改革した。ここで開発されたヘッケル・システムは今日も世界中で使用されている。 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の作曲中、リヒャルト・ワーグナーはビープリッヒに滞在しバリトン音域オーボエ開発するようヘッケル働き掛けたこれによって全ての音域においてダブルリード楽器が揃う。このようにしてヴィルヘルム・ヘッケル彼の息子達によって開発されヘッケルフォン普通のオーケストラ楽器とはならなかったが、リヒャルト・シュトラウスらによって特別な音響効果のために好んで使われた。

※この「革新」の解説は、「ヴィルヘルム・ヘッケル」の解説の一部です。
「革新」を含む「ヴィルヘルム・ヘッケル」の記事については、「ヴィルヘルム・ヘッケル」の概要を参照ください。


革新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 06:26 UTC 版)

アーニー・ボール」の記事における「革新」の解説

アーニー・ボールは、新し物を作り出していない。需要読み既存製品改良し市場要求を充たすようしただけである。1970年代初め彼は会社ヨーロッパアジアでも認められる販売業者にした。ジミ・ヘンドリックスエリック・クラプトンピート・タウンゼントのほか、ロック象徴達がスリンキー張り今もなお続くトレンドは、アーニー・ボールを国で2番目に大きなメーカー押し上げた彼は型破りな経営方針で、市場調査無視製品市場出してからそれが成功するテストするのを好んだ彼は損益必要悪とみなし、自身の直感信じた1980年代初め、高級ギターベースアンプ製造手を伸ばすため、ギターレオ・フェンダーアンプトム・ウォーカー (Tom Walker) を擁するミュージックマン社を買収彼は、元フェンダー社員のジョージ・フラートン (George Fullerton) の力を得て最初の現代的アコースティック・エレクトリックベースを開発、アースウッドブランドとして1972年発表。これは失敗終わったが、現存する物は希少価値が高い。1985年会社新たなサンルイスオビスポ設備移し、ここは2003年に弦製造南カリフォルニアのリバーサイド・カウンティに移すまで稼働した彼のリーダーシップの元、会社年商4,000万米ドル成長したまた、毎年バトル・オブ・ザ・バンド (en:Battle of the Bands) コンテスト開催他の商業イベントにも全国的に参加している。

※この「革新」の解説は、「アーニー・ボール」の解説の一部です。
「革新」を含む「アーニー・ボール」の記事については、「アーニー・ボール」の概要を参照ください。


革新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 02:26 UTC 版)

シェフィールド・ルール」の記事における「革新」の解説

シェフィールドチーム頑丈なクロスバーを持つゴールを初め作ったヘディングスローインコーナーキックファールに対してフリーキック与えられるルールもシェフィールドゲームにおいて考え出された。シェフィールドゲームのルールで最も長続きしているものの1つは、フリーキックあるいはスローイン/キックインから直接得点されるゴール認めない点である。これはシェフィールドルール全ての版に存在し後にFAルール採用された。これは、後にIFABによって現在の間接フリーキックへと整備された。 空中戦もまたシェフィールドゲーム内で発展したシェフィールドチーム1866年ロンドン訪れた際に非常に盛り上がったため、ヘディングフットボール重要な特徴となった。これは同年のフェアキャッチ廃止ともつながっており、これによってフィールド内で手が使用できなくなった1862年ルールでは、チームサイド換えるハーフタイム導入された。当時はゴール決まるとサイド換えていたためハーフタイム換えるのはスコアレスの場合のみであった1876年に、サイド交換はハーフタムのみに変更された。 初期のゲームではフィールド上にオフィシャルがいなかったが、選手間の論争について委員会メンバー問い合わされていた。アンパイア1862年末に導入された。対戦するそれぞれのクラブから1人ずつ、計2人アンパイア務めたフィールド外のレフェリー1867年のYoudan杯で導入され1871年ルールブック記載された。アンパイアらは自らのチーム代理としてレフェリーに訴える役割を持っていた。この概念後にFAゲーム導入されレフェリーピッチ内へと移動しアンパイアラインズマンとなった1891年まで存続した。アンパイアの旗は、1874年シェフィールドFA会合においてCharles Cleggによって初め提案された。 シェフィールド内部で革新的な性格独自ルール消滅した後も続いた1878年10月15日、2万人観衆がブラモール・レーンで開催され初の照明照らされ試合見た。この公開試合照明使用テストするために企画されウィリアムチャールズClegg兄弟キャプテン務め特別選抜チームの間でプレーされた試合ウィリアムチームが2対0で勝利した。この実験1ヶ月後にジ・オーバルでも行われたゴールの2ヤード (1.8 m)以内での反則に対するペナルティーゴール概念は、1879年シェフィールドFA会合提案された。ペナルティー1892年までに最終的にルール組み込まれたシェフィールド選手1870年代末に「スクリューショット」(曲がボール)を開発したこれによって選手今日試合一般的に見られる技術であるシュート曲げてゴール入れ能力手に入れたシェフィールド・ルールボールタッチ出したのと逆のチームが直角にボールスローインするルール推進した

※この「革新」の解説は、「シェフィールド・ルール」の解説の一部です。
「革新」を含む「シェフィールド・ルール」の記事については、「シェフィールド・ルール」の概要を参照ください。


革新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 21:28 UTC 版)

アンペグ」の記事における「革新」の解説

アンペグ革新的な製品生産しており、そのブランド名の元に6つ米国特許取得した1960年にジェス・オリヴァー(本名:オリヴァー・ジェスパーソン)は、真空管保護のため倒置可能なシャシー持ちスピーカーキャビネット中にすべてを押し込んだコンボアンプを作成した。このコンボアンプは「ポータフレックス」として知られ1960年代を通じて人気を得た。またアンペグ1960年代世界初リヴァーブ内蔵アンプ、「リヴァーブロケット」を製造した会社である。これはフェンダーの「ヴァイブロヴァーブ」より2年早い

※この「革新」の解説は、「アンペグ」の解説の一部です。
「革新」を含む「アンペグ」の記事については、「アンペグ」の概要を参照ください。


革新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 20:31 UTC 版)

SUSE Linux Enterprise Desktop」の記事における「革新」の解説

SUSE Linux Enterprise Desktopにおけるノベル作業は、Linuxデスクトップいくつかの新しオープンソース機能もたらした

※この「革新」の解説は、「SUSE Linux Enterprise Desktop」の解説の一部です。
「革新」を含む「SUSE Linux Enterprise Desktop」の記事については、「SUSE Linux Enterprise Desktop」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「革新」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

革新

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:17 UTC 版)

名詞

かくしん

  1. 旧来の習慣制度状態などを変え新しいものにすること。

対義語

発音(?)

か↗くしん

動詞

活用

サ行変格活用
革新-する

「革新」の例文・使い方・用例・文例




革新と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「革新」の関連用語

革新のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



革新のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリイノベーションの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの革新 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴィルヘルム・ヘッケル (改訂履歴)、アーニー・ボール (改訂履歴)、シェフィールド・ルール (改訂履歴)、アンペグ (改訂履歴)、SUSE Linux Enterprise Desktop (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの革新 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS