革新とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 革新 > 革新の意味・解説 

かく‐しん【革新】

[名](スル)旧来の制度組織方法習慣などを改め新しくすること。特に、政治では、現状改革ようとする立場。「技術革新」⇔保守


イノベーション

別名:革新
【英】innovation

イノベーションとは、それまでになかった技術仕組み打ち出すことで既存仕組み在り方一変させること、といった意味で使われる語である。

イノベーションの語は技術開発商品開発新たな販路ビジネスモデルあらゆる分野文脈において用いられる。ビジネス分野においては経済学者シュンベーターが提唱した定義に基づきイノベーション類型が挙げられることが多い。


革新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/28 01:40 UTC 版)

革新(かくしん)とは、字句通りの意味では新たに革(あらた)めることを意味し、既存のものをより適切と思われるものに変更することを意味する。




  1. ^ progressive とは 意味・読み方・表現 | Weblio英和辞書”. ejje.weblio.jp. 2021年1月9日閲覧。
  2. ^ 西田毅、「右翼」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)、小学館。
  3. ^ a b 「私の『戦争論』」(吉本隆明ぶんか社1999年
  4. ^ “【主張】枝野氏ら新党 左派分離はわかりやすい”. 産経新聞. (2017年10月3日). http://www.sankei.com/column/news/171003/clm1710030001-n1.html 2017年10月29日閲覧。 
  5. ^ “えらぼーと解析:自民は支持者との一致度68%に 初公開”. 毎日新聞. (2017年10月18日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171019/k00/00m/010/052000c 2017年10月30日閲覧。 
  6. ^ “海外メディア「安倍首相の与党大勝へ」相次ぎ速報”. 朝日新聞. (2017年10月22日). http://www.asahi.com/articles/ASKBQ4TYVKBQUHBI00H.html 2017年10月30日閲覧。 
  7. ^ “枝野氏が「立憲民主党」 民進分裂 リベラル系結集”. 東京新聞. (2017年10月3日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201710/CK2017100302000120.html 2017年10月30日閲覧。 
  8. ^ “「永田町の政治変える」躍進の立憲民主党”. 産経新聞. (2017年10月23日). http://www.sankei.com/politics/news/171023/plt1710230155-n1.html 2017年10月30日閲覧。 
  9. ^ “立憲・枝野代表「私は保守」「30年前なら自民党宏池会ですよ」”. スポーツ報知. (2017年10月24日). http://www.hochi.co.jp/topics/20171024-OHT1T50058.html 2017年10月29日閲覧。 


「革新」の続きの解説一覧

革新

出典:『Wiktionary』 (2017/04/18 13:25 UTC 版)

名詞

かくしん

  1. 旧来の習慣制度状態などを変え新しいものにすること。

対義語

発音

か↗くしん

動詞

活用

サ行変格活用
革新-する



革新と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「革新」の関連用語

革新のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



革新のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリイノベーションの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの革新 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの革新 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS