空中戦とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 戦闘 > 空中戦の意味・解説 

空中戦


くうちゅう‐せん【空中戦】

読み方:くうちゅうせん

航空機どうしによる空中での戦闘空戦

選挙戦術の一。知名度生かし街頭で名前を連呼して浮動層の支持獲得すること。→地上戦2

文書資料の提供がなく、発言のみで議論なされること。また、発言やりとりが続くばかりで、結論出ない会議のこと。

サッカーで、ヘディングによるボール奪い合いまた、野球で、本塁打による得点取り合い


航空戦

(空中戦 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 07:01 UTC 版)

航空戦(こうくうせん、: Aerial warfare)は、航空機による作戦戦闘である。空戦、空中戦とも呼ぶ。


  1. ^ 防衛学会『国防用語辞典』朝雲新聞社305頁
  2. ^ 眞邉正行『防衛用語辞典』(国書刊行会 平成12年)
  3. ^ a b c 『現代の航空戦』 原書房 2005年5月15日第一刷発行 ISBN 4562038691
  4. ^ ビル・ガンストン,マイク・スピッツ著 江畑謙介訳『図解 現代の航空戦』(原書房 1995年)
  5. ^ 零戦搭乗員の会『零戦、かく戦えり!』文春ネスコ173頁
  6. ^ 零戦搭乗員の会『零戦、かく戦えり!』文春ネスコ174頁
  7. ^ 三浦俊彦『戦争論理学 あの原爆投下を考える62問』二見書房21頁
  8. ^ ビル・ガンストン,マイク・スピッツ著 江畑謙介訳『図解 現代の航空戦』(原書房 1995年)176 - 177頁
  9. ^ 菊池征男『航空自衛隊の戦力』学研M文庫265-268頁
  10. ^ 碇義朗『戦闘機入門』光人社NF文庫243-244頁
  11. ^ ビル・ガンストン,マイク・スピッツ著 江畑謙介訳『図解 現代の航空戦』(原書房 1995年)177 - 182頁
  12. ^ ビル・ガンストン,マイク・スピッツ著 江畑謙介訳『図解 現代の航空戦』(原書房 1995年)186 - 188頁
  13. ^ 零戦搭乗員の会『零戦、かく戦えり!』文春ネスコ176頁
  14. ^ ビル・ガンストン,マイク・スピッツ著 江畑謙介訳『図解 現代の航空戦』(原書房 1995年)189 - 190頁
  15. ^ a b 『徹底図解 戦闘機のしくみ』 新星出版社 2008年10月5日 p.42
  16. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで57頁
  17. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで59-60頁
  18. ^ 河野嘉之『図解戦闘機』新紀元社46頁
  19. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで57、60頁
  20. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書5頁
  21. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで51-52頁
  22. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで57-59頁
  23. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで55頁
  24. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで233頁
  25. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで373頁
  26. ^ 戦史叢書72中国方面海軍作戦(1)昭和十三年四月まで 405-407頁、源田実『海軍航空隊始末記 発進篇』文藝春秋新社206-215頁
  27. ^ 戦史叢書95海軍航空概史125頁、戦史叢書72中国方面海軍作戦(1)昭和十三年四月まで 405-407頁
  28. ^ 眞邉正行『防衛用語辞典』(国書刊行会 平成12年)
  29. ^ 碇義朗『戦闘機入門』光人社NF文庫252頁
  30. ^ 1000機の「群れ」が一斉突撃? 米のマイクロドローン群実験成功で空戦は一変するか


「航空戦」の続きの解説一覧

空中戦(飛翔の奇跡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:36 UTC 版)

新・光神話 パルテナの鏡」の記事における「空中戦(飛翔の奇跡)」の解説

ステージ開始から地上戦地点まで「飛翔の奇跡」で飛び立つパートである。目的地へと移動しながらのシューティングとなり、一定の地点まで到着する地上戦パートへと移行し終了となる。

※この「空中戦(飛翔の奇跡)」の解説は、「新・光神話 パルテナの鏡」の解説の一部です。
「空中戦(飛翔の奇跡)」を含む「新・光神話 パルテナの鏡」の記事については、「新・光神話 パルテナの鏡」の概要を参照ください。


空中戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 23:03 UTC 版)

ニーア オートマタ」の記事における「空中戦」の解説

飛行ユニット搭乗中行われる戦闘。R1ボタンでの射撃基本に、□ボタンでの近接攻撃回避ミサイルの全弾発射などを組み合わせて行う。射撃種類ポッド依存し地上戦闘時と同様にガトリング弾、レーザーミサイル弾の3種類を使い分けることができる。

※この「空中戦」の解説は、「ニーア オートマタ」の解説の一部です。
「空中戦」を含む「ニーア オートマタ」の記事については、「ニーア オートマタ」の概要を参照ください。


空中戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 15:46 UTC 版)

Battlestations: Midway」の記事における「空中戦」の解説

すべてが日本海軍の視点。 増援部隊の不足("Shortage of Reinforcements" - December 9, 1941一式戦闘機"隼"の飛行隊率いアメリカ軍輸送船団攻撃するツラギ島防衛("Saving Tulagi" - May 4, 1942零戦飛行隊指揮しツラギ島にある飛行場造船所防衛し味方駆逐艦を救う。 Force Z への攻撃("Attack on Force Z" - December 10, 1941日本軍航空隊指揮しマレー半島にいるイギリス艦隊戦艦プリンス・オブ・ウェールズ巡洋戦艦レパルス攻撃するいわゆるマレー沖海戦だが、敵側空母がいるなど史実とは若干異なる(なお敵空母ハーミズセイロン沖海戦沈んだ空母)。

※この「空中戦」の解説は、「Battlestations: Midway」の解説の一部です。
「空中戦」を含む「Battlestations: Midway」の記事については、「Battlestations: Midway」の概要を参照ください。


空中戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 14:59 UTC 版)

ドラッグオンドラグーン」の記事における「空中戦」の解説

帝国開発した空中兵器や、帝国の手先であるモンスターとの戦い使用できるのはレッドドラゴンのみ。攻撃方法前方直進するファイアーボール加えロックオンした敵を追尾するファイアーブレス魔力ゲージ1本を消費して前方に無数の追尾レーザー放つ大魔法攻撃があり、これらを使い分けて戦うこととなる。上空戦ではロックオンサイトが表示され上下方向移動加わった三次元戦闘となる。

※この「空中戦」の解説は、「ドラッグオンドラグーン」の解説の一部です。
「空中戦」を含む「ドラッグオンドラグーン」の記事については、「ドラッグオンドラグーン」の概要を参照ください。


空中戦(自軍ボール時)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 09:37 UTC 版)

キャプテン翼II スーパーストライカー」の記事における「空中戦(自軍ボール時)」の解説

地上同様のコマンドは、浮き球対応したパラメータ影響するパス シュート 敵陣でのみ選択可能。高いボールであればヘディングで、低いボールであればボレーシュートする基本的に地上からシュートするよりも威力が高い。 トラップ ボールを受け、ドリブルでの移動開始するクリアー 自陣でのみ選択可能。ボール大きく蹴りだし、こぼれ球にする。 スルー 敵陣でのみ選択可能。GKバランス崩しシュート決めやすくする。コマンド選択するスルー後のコース表示されボール近くにいる選手(敵含む)が取りに来る。

※この「空中戦(自軍ボール時)」の解説は、「キャプテン翼II スーパーストライカー」の解説の一部です。
「空中戦(自軍ボール時)」を含む「キャプテン翼II スーパーストライカー」の記事については、「キャプテン翼II スーパーストライカー」の概要を参照ください。


空中戦(敵軍ボール時)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 09:37 UTC 版)

キャプテン翼II スーパーストライカー」の記事における「空中戦(敵軍ボール時)」の解説

パスカット 地上時とは違い相手パスする前を狙ってカットしにいく。 クリアー 自陣でのみ選択可能。 フォロー 相手スルーをした場合は、スルー後のボール狙って取りに行く相手トラップをした場合は、即座に地上接触した状態へと移る。こぼれ球を拾う確率上昇するせりあう 敵陣でのみ選択可能。相手パスクリアー妨害し成功するこぼれ球になる。 とびだす GKのみ選択可能。飛び出してボールキャッチする失敗した場合ゴールがら空きになる。 みがまえる GKのみ選択可能。シュート備える。シュート撃たれる下記セービング時移行する

※この「空中戦(敵軍ボール時)」の解説は、「キャプテン翼II スーパーストライカー」の解説の一部です。
「空中戦(敵軍ボール時)」を含む「キャプテン翼II スーパーストライカー」の記事については、「キャプテン翼II スーパーストライカー」の概要を参照ください。


空中戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 05:24 UTC 版)

ゴーマンUFO空中戦」の記事における「空中戦」の解説

ゴーマンは塔に、自分物体実体確認するために追跡する告げた。彼は、ムスタング全力時速350ないし400マイル)まで動かしたが、しかしまもなく、物体あまりに速く進んでいるので彼は直線走行追いつけないことを悟ったそのかわり、彼は交代物体直前を横切ることを試みた。彼は、右に曲がり5000フィート物体正面から接近した物体は、約500フィートの距離で彼の飛行機の上空を飛行したゴーマンは、物体直径6ないし8インチの「光の球」 ("ball of light") にすぎないと言った。彼はまた、物体加速したとき、点滅をやめ、さらに明るくなったことに注意したゴーマンは、異常接近ののち、物体見失った。彼がそれをふたたび見たとき、それは180度の方向転換をしていて、彼をめがけて来つつあった。物体はそれから突然垂直上昇した。ゴーマン急上昇物体のあとに続いた1万4000フィート彼のP-51は失速した。物体彼のさらに2000フィート上空にあったゴーマンはさらに2回、物体接近しよう試みたが、失敗した。それはもう一回正面から通過するようにおもわれたが、やめ、それから戦闘機に近づいた。この点までに物体ファーゴ空港上空飛行していて、管制塔では航空管制官L.D.ジェンセン (L.D. Jensen) が双眼鏡物体見たが、しかし光の周囲に形は見えなかった。彼にドクター カノン (Dr. Cannon) とパイパー カブからの乗客加わった。彼らは着陸していて、物体をもっとよく見ようと塔に歩いてきた。 ゴーマン物体追跡しつづけ、ファーゴ南西25マイル居た1万4000フィートで彼は1万1000フィートに光が見えた。彼はそれから全力物体急降下したしかしながら物体垂直上昇した。ゴーマン追跡しようとしたが、物体視界から消えるのを見守った。この時点で彼は追尾をやめた。9時27であった。彼はファーゴヘクター空港戻った

※この「空中戦」の解説は、「ゴーマンUFO空中戦」の解説の一部です。
「空中戦」を含む「ゴーマンUFO空中戦」の記事については、「ゴーマンUFO空中戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「空中戦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

空中戦

出典:『Wiktionary』 (2021/12/12 02:29 UTC 版)

名詞

   (くうちゅうせん)

  1. 航空機同士における空中での戦闘
  2. 俗語選挙において知名度生かし街頭名前連呼して浮動票獲得する戦術一つ
  3. サッカーで、ヘディングなどによって空中ボール取り合うこと。
  4. 比喩論点定まらず噛み合わない議論

関連語

類義語


「空中戦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



空中戦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「空中戦」の関連用語

空中戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



空中戦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの航空戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの新・光神話 パルテナの鏡 (改訂履歴)、ニーア オートマタ (改訂履歴)、Battlestations: Midway (改訂履歴)、ドラッグオンドラグーン (改訂履歴)、キャプテン翼II スーパーストライカー (改訂履歴)、ゴーマンUFO空中戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの空中戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS