爆撃とは? わかりやすく解説

ばく‐げき【爆撃】

読み方:ばくげき

[名](スル)飛行機から爆弾などを投下して攻撃すること。「軍事施設を―する」

「爆撃」に似た言葉

【爆撃】(ばくげき)

地上設備陸上兵器に対する航空機からの爆弾などによる攻撃
爆撃機攻撃機などがこの任務受け持つ。


爆撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 22:21 UTC 版)

トーチカ」の記事における「爆撃」の解説

第二次世界大戦では急降下爆撃現代では誘導爆弾などによるピンポイント爆撃により破壊する特火点ではない頑強な掩体壕施設ドイツのUボート・ブンカーイラク地下軍事施設に対する貫通力優れた地中貫通爆弾による攻撃行われた

※この「爆撃」の解説は、「トーチカ」の解説の一部です。
「爆撃」を含む「トーチカ」の記事については、「トーチカ」の概要を参照ください。


爆撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 09:41 UTC 版)

ノーバカホフカへのミサイル攻撃」の記事における「爆撃」の解説

市内攻撃受けた場所は、大爆発発生し弾薬庫破壊された映像には現場から立ち上が巨大な火球記録されている。 ウクライナロシア兵52人と第22軍団英語版)のArtem Nasbulin少将を含む士官12人が死亡した発表したウクライナ軍南部作戦管区は「我々の攻撃により、敵軍ノーバカホフカ弾薬庫兵士52人、2A65 152mm榴弾砲迫撃砲戦車8両とその他の車両失った」と発言している。 ロシア当局国営通信社は、市民を含む7人死亡60人が負傷したとし、店、薬局教会倉庫住宅など、広範囲にわたり市民物件被害受けたとした。governing Kakhovka District military-civilian administration親ロシア派当局は、複数人瓦礫の下に閉じ込められていると発言したが、独立して検証されてはいない。ウクライナ報道官Serhiy Khlanは、攻撃病院住宅がある地域被害与えたという報道ロシアプロパガンダであり、多くの市民ウクライナ軍都市の近くにいるということ幸運だ思っている発言した

※この「爆撃」の解説は、「ノーバカホフカへのミサイル攻撃」の解説の一部です。
「爆撃」を含む「ノーバカホフカへのミサイル攻撃」の記事については、「ノーバカホフカへのミサイル攻撃」の概要を参照ください。


爆撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 06:58 UTC 版)

B-2 (航空機)」の記事における「爆撃」の解説

B-2では、搭載する航法コンピュータ備わる敵の軍事地理情報利用し、最も安全な飛行ルート設定可能である。また、標的から半径8マイル(約13km)以内にまで到達できれば、250-5,000lbsのJDAMJoint Direct Attack Munition装着誘導爆弾によりピンポイントでの目標破壊可能であるJDAM高空からの滑空距離は27km程度である。この爆弾は、B-2上に搭載されたSBRA(Smart Bomb Rack Assembly上でプログラム可能であり、天候ターゲット変更などに応じて臨機応変に対応できるB-2には通常16発の2,000lbs爆弾搭載される。他にもAGM-158巡航ミサイル(JASSM)や5,000lbs(約2.8t)のEGBU-28バンカーバスターペイブウェイ)を最大8発、B61 Mod 11貫通型核爆弾なら最大16搭載することができる。今後SDB直径誘導爆弾運用能力付加予定されている。

※この「爆撃」の解説は、「B-2 (航空機)」の解説の一部です。
「爆撃」を含む「B-2 (航空機)」の記事については、「B-2 (航空機)」の概要を参照ください。


爆撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 07:01 UTC 版)

航空戦」の記事における「爆撃」の解説

詳細は「爆撃」を参照 空襲主な方法に爆撃がある。爆撃は目的によって「戦術爆撃」と「戦略爆撃」に区別される戦術爆撃は、戦場で敵の戦闘部隊叩いて直接戦局有利にすることを目的とする爆撃である。戦略爆撃とは、戦場から離れた敵国領土占領地攻撃する場合多く工場や港、油田などの施設破壊する精密爆撃」と、住宅地商業地破壊して敵国民の士気喪失させる「都市爆撃無差別爆撃)」とに分けられる爆撃のことである。絨毯爆撃は、地域一帯に対して無差別に行う爆撃。

※この「爆撃」の解説は、「航空戦」の解説の一部です。
「爆撃」を含む「航空戦」の記事については、「航空戦」の概要を参照ください。


爆撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 10:26 UTC 版)

チャーリー・ブラウンとフランツ・スティグラー事件」の記事における「爆撃」の解説

ブラウン爆撃機は高度8320メートル(27300フィート)において10分間爆撃を行ったこの時外気温摂氏マイナス60度(華氏マイナス76度)であった爆撃機爆弾投下する前、高射砲アクリル樹脂製の機首2番エンジン破壊、さらに4番エンジン損傷させた。4番エンジン動作は既に不安定であり速度超過を防ぐためにスロットル調整してエンジン出力落とさねばならなかった。この損傷により爆撃機減速しブラウン編隊復帰することが出来ず絶え敵の攻撃さらされる位置に取残されることになった

※この「爆撃」の解説は、「チャーリー・ブラウンとフランツ・スティグラー事件」の解説の一部です。
「爆撃」を含む「チャーリー・ブラウンとフランツ・スティグラー事件」の記事については、「チャーリー・ブラウンとフランツ・スティグラー事件」の概要を参照ください。


爆撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 00:56 UTC 版)

マリウポリの劇場への爆撃」の記事における「爆撃」の解説

3月16日ウクライナロシア軍マリウポリ民間人地域爆撃した非難したスイミングプール施設車列などとともに劇場爆撃され建物瓦礫化した当時劇場には500から1200人の市民避難していたとされるが、3月16日時点では爆撃による死傷者数はっきりとしていない劇場地下シェルター爆撃後無事だった多くの市民が爆撃で崩壊して炎上する瓦礫の中閉じ込められ、爆撃が継続することで復旧作業困難になった。 マリウポリ出身ウクライナ議会のDmytro Gurin議員は、ロシア軍による攻撃続いて救出作業妨げられていると述べた3月25日、爆撃直後の様子を撮影したとされる映像ソーシャルメディア投稿された。 映像一つには、ほこりをかぶった市民部分的に破壊された上階から降りてくる様子映っていた。2番目の映像には、爆撃を受けた所が映っていた。

※この「爆撃」の解説は、「マリウポリの劇場への爆撃」の解説の一部です。
「爆撃」を含む「マリウポリの劇場への爆撃」の記事については、「マリウポリの劇場への爆撃」の概要を参照ください。


爆撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 05:12 UTC 版)

マリウポリの病院への爆撃」の記事における「爆撃」の解説

マリウポリ小児科産科病院英語版)(の第3マタニティ病院)はロシア軍によって停戦中にも関わらず数回爆撃を受けたウクライナ報道局では、病院被害について「甚大だ」と報道した爆撃後映像では「建物外装部が...破壊され」と「屋外で延焼する自動車」が放映された。病棟は「壁面崩壊し瓦礫医療器具を多い、窓が吹き飛ばされ散らばり残骸化したウクライナ大統領ゼレンスキー病院にいた人々は爆撃から避難したので、最小限犠牲抑えることができたと述べた

※この「爆撃」の解説は、「マリウポリの病院への爆撃」の解説の一部です。
「爆撃」を含む「マリウポリの病院への爆撃」の記事については、「マリウポリの病院への爆撃」の概要を参照ください。


爆撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/09 04:18 UTC 版)

ケルン爆撃」の記事における「爆撃」の解説

日付参加部隊備考1940-05-181940年5月17/18イギリス空軍 ウェリントン中爆撃機6機で鉄道ヤード空襲。 1942-02-141942年2月13/14イギリス空軍 39機で空襲行ったが、雲海の中で氷粒に襲われ戦果わずかであった。 1942-03-131942年3月13/14イギリス空軍 135機で空襲行いドイツ側62死亡少なくとも84名が負傷した火災237発生しイギリス空軍それまで空襲の5倍は効果があったと判断したGEEによる誘導利用した初の空襲とされるイギリス空軍アブロ マンチェスター爆撃機1機を喪失した。 1942-04-051942年4月5/6イギリス空軍 263機が参加。 1942-04-221942年4月22/23日 イギリス空軍 69機が参加。 1942-04-271942年4月27/28日 イギリス空軍 97機が参加。 1942-05-301942年5月30/31日 イギリス空軍 初の1,000規模での爆撃。1,047機が参加し868機が爆弾投下した搭載兵器総量は3,000トン以上に及んだ。 1942-05-31-011942年5月31日 イギリス空軍 イギリス空軍第105飛行隊デ・ハビランド モスキート5機が写真偵察実施。 1942-05-31-021942年5月31日/6月1日 イギリス空軍 2機が参加した曇天のため爆撃は実施せず全機帰還。 1942-06-011942年6月1日 イギリス空軍 モスキート2機が参加擾乱攻撃および陽動奇襲実施。 1942-07-261942年7月26日 イギリス空軍 モスキート3機が参加擾乱攻撃実施。 1942-08-101942年8月10日 イギリス空軍 モスキート1機が参加擾乱攻撃および爆撃を実施して帰還。 1942-08-251942年8月25日 イギリス空軍 モスキート4機がドイツ上空擾乱攻撃実施。うち1機がケルンを爆撃。他3機もそれぞれ目標に爆撃を行った。1機喪失。 1942-09-021942年9月2日 イギリス空軍 モスキート1機が擾乱攻撃および爆撃を実施して帰還。 1942-09-021942年9月2日 イギリス空軍 モスキート2機が曇天衝いて擾乱攻撃および爆撃を実施全機帰還1942年9月7日 イギリス空軍 モスキート1機が曇天衝いて擾乱攻撃および爆撃を実施して帰還地上被害報告されていない。 1942-11-151942年10月15/16イギリス空軍 289機が参加。 1943-01-221943年1月22/23日 イギリス空軍 爆撃用電波航法システムオーボエ」を使用した初のケルン空襲モスキート2機が参加し民家55棟を破壊死者5名、負傷者22名。電波航法により、悪天候であっても少数爆撃機100編隊よりも大きな戦果挙げられることを実証した。 1943-02-021943年2月2/3イギリス空軍 161機が参加。 1943-02-141943年2月14/15イギリス空軍 243機が参加。 1943-02-251943年2月25/26日 イギリス空軍 モスキート6機がルール地方陽動奇襲実施主目標ニュルンベルク)。ケルンでは死者13名。 1943-02-261943年2月26/27イギリス空軍 427機が参加。 1943-05-001943年5月 イギリス空軍 1943-06-111943年6月11/12イギリス空軍 モスキート1機が陽動奇襲実施主目標デュッセルドルフ)。 1943-06-131943年6月13/14イギリス空軍 モスキート2機が参加擾乱攻撃の一環ケルンを爆撃。 1943-06-161943年6月16/17イギリス空軍 212機が参加。 1943-06-171943年6月17/18イギリス空軍 モスキート2機が参加擾乱攻撃の一環ケルンを爆撃。 1943-06-191943年6月19/20イギリス空軍 モスキート6機がケルンデュイスブルクおよびデュッセルドルフ陽動奇襲実施主目標ル・クルーゾ)。 1943-06-221943年6月22/23日 イギリス空軍 モスキート4機が参加陽動奇襲実施主目標ミュールハイム)。 1943-06-231943年6月23/24日 イギリス空軍 モスキート3機が参加擾乱攻撃実施。 1943-06-281943年6月28/29日 イギリス空軍 608機が参加。 1943-07-021943年7月2/3イギリス空軍 モスキート3機が参加擾乱攻撃実施。 1943-07-031943年7月3/4イギリス空軍 653機が参加ライン川東岸工業地帯空襲ドイツ側ヴィルデ・ザウ戦法初適用し、新設された第300戦闘航空団単発戦闘機をもって迎撃した。サーチライトおよび爆撃火災照らされ爆撃機上空から攻撃して12機を撃墜したが、高射砲部隊の手争い起きた高射砲による同士討ち避けるため、戦闘機隊は事前に取り決めた高度以上に留まらなければならず、劇的な戦果とはならなかった。 1943-07-051943年7月5/6イギリス空軍 モスキート4機が参加擾乱攻撃実施。 1943-07-061943年7月1943年7月1943年7月1943年7月194319431943年7月6/7日 イギリス空軍 モスキート4機が参加擾乱攻撃実施。 1943-07-071943年7月1943年7月7/8イギリス空軍 モスキート4機が参加擾乱攻撃実施。 1943-07-081943年7月8/9日 イギリス空軍 288機が参加。 1943-07-131943年7月13/14イギリス空軍 モスキート2機が参加陽動奇襲実施し目標指示弾を投下した主目標アーヘン)。 1943-07-251943年7月25/26日 イギリス空軍 モスキート3機が参加陽動奇襲実施主目標エッセン)。 1943-08-041943年8月4/5イギリス空軍 モスキート5機が参加曇天衝いてケルンおよびデュイスブルク空襲。 1943-08-041943年8月4/5イギリス空軍 モスキート5機が参加曇天衝いてケルンおよびデュイスブルク夜間単回爆撃を実施全機帰還。 1943-08-061943年8月6/7日 イギリス空軍 モスキート8機が参加ケルンおよびデュイスブルク夜間単回爆撃を実施全機帰還。 1943-08-071943年8月7/8イギリス空軍 モスキート4機が参加擾乱攻撃実施。 1943-08-111943年8月11/12イギリス空軍 モスキート8機が参加擾乱攻撃実施。 1943-08-291943年8月29/30日 イギリス空軍 オーボエ装備モスキート4機がケルン別の4機がデュイスブルク擾乱攻撃実施。1機喪失。 1943-09-011943年9月1日 イギリス空軍 モスキート8機が参加目標ケルンおよびデュイスブルク全機帰還。 1943-09-041943年9月4/5イギリス空軍 モスキート8機が参加目標ケルンおよびデュイスブルク全機帰還。 1943-09-131943年9月1043年9月13/14イギリス空軍 オーボエ装備モスキート5機がケルン別の5機がデュイスブルク擾乱攻撃実施。1機喪失。 1943-09-191943年9月18/19イギリス空軍 モスキート5機が参加擾乱攻撃実施し全機帰還。 1943-09-241943年9月24/25日 イギリス空軍 モスキート8機が参加ケルンおよびデュッセルドルフ擾乱攻撃実施し全機帰還。 1943-09-261943年9月26/27イギリス空軍 モスキート4機が参加擾乱攻撃実施し全機帰還。 1943-09-261943年9月26/27イギリス空軍 モスキート8機が参加ケルンおよびゲルゼンキルヒェン擾乱攻撃実施夜間戦闘機護衛なしで爆撃機のみでの作戦であったが、全機帰還。 1943-10-021943年10月2/3イギリス空軍 モスキート8機が参加ケルンおよびゲルゼンキルヒェン陽動奇襲実施主目標ミュンヘンであり、ケルンおよびゲルゼンキルヒェン向かった機に損害なし。 1943-10-031943年10月3/4イギリス空軍 オーボエ装備モスキート12機がケルン近郊クナザックの発電所を爆撃。全機帰還。 1943-10-131943年10月13/14イギリス空軍 モスキート4機が参加擾乱攻撃実施し全機帰還。 1943-10-201943年10月20/21イギリス空軍 モスキート28機が参加ベルリンケルン、ブラウヴァイラーおよびエムデン空襲。2機喪失夜間爆撃の主目標ライプツィヒであった。 1943-12-221943年10月22日 アメリカ陸軍航空隊 第8爆撃軍団ミッション163B-17 1機が2000ポンド爆弾2発と閃光弾投下死傷者なし。 1944-01-011944年1月1/2日 イギリス空軍 モスキート1機が参加主目標ベルリンに対する陽動奇襲およびケルンへの擾乱攻撃実施し帰還主目標ベルリン。 1944-01-041944年1月4/5イギリス空軍 モスキート2機が参加擾乱攻撃実施し全機帰還。 1944-02-021944年2月2/3イギリス空軍 モスキート3機が参加擾乱攻撃実施し全機帰還。 1944-03-161944年3月16/17イギリス空軍 モスキート8機が参加主目標アミアンに対する陽動奇襲およびケルンへの擾乱攻撃実施し全機帰還。 1944-03-171944年3月17/18イギリス空軍 モスキート28機が参加しケルンを爆撃。全機帰還。 1944-03-211944年3月21/22イギリス空軍 モスキート27機が参加しケルンを爆撃。全機帰還。 1944-03-291944年3月29/30日 イギリス空軍 モスキート4機が参加し主目標ベールパリ近郊リヨンに対する陽動奇襲およびケルンへの擾乱攻撃実施全機帰還。 1944-03-291944年3月29/30日 イギリス空軍 モスキート34機が参加しアーヘンケルンケッセルへの陽動行い全機帰還一方同日実施ニュルンベルク空襲では爆撃機隊が大戦を通じて最大の損耗受けた。 1945-03-021944年4月 アメリカ陸軍航空隊303爆撃群が参加GB-1滑空爆弾投下しようとした失敗した 1944-07-181944年7月18/19イギリス空軍 モスキート6機が参加ヴェッセリンクおよびゲルゼンキルヒェンブーア合成石油工場、 ウルノワおよびルヴィニーの鉄道施設、アクエのV1発射場爆撃した。 1944-10-141944年10月14日 アメリカ陸軍航空隊 第8爆撃軍団ミッション677ハリケーン作戦の一環で、嚮導機隊がゲレオン、グレンベルクおよびアイフェルトーの操車場の他ケルンから35km離れたオイスキルヒェンを攻撃した1944年10月15日486爆撃群が参加1944年10月17日 アメリカ陸軍航空隊 第8空軍ミッション681爆撃機1,338機および戦闘機811機の大編隊による空襲B-17 465機がアイフェルトーおよびグレンベルクの操車場を、別のB-17 453機がゲレオンおよびカルク操車場爆撃した。 1945-02-121945年2月12/13イギリス空軍 モスキート3機が参加H2Sレーダー試験行い全機帰還。 1945-03-021945年3月2日 イギリス空軍 イギリス空軍による最後のケルン空襲。2波858機が参加第2波では参加155機中15機のみ爆弾投下した好天中 日中爆撃を行い、「戦果大」であった 1945-03-021945年3月2日 アメリカ陸軍航空隊 B-17 1機が参加。 1945-03-021945年3月5日 アメリカ陸軍航空隊第9戦航空団戦闘機ケルンおよびボン一帯チラシ撒布した。 1945年3月6日 アメリカ軍地上部隊ケルン占領

※この「爆撃」の解説は、「ケルン爆撃」の解説の一部です。
「爆撃」を含む「ケルン爆撃」の記事については、「ケルン爆撃」の概要を参照ください。


爆撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/30 23:32 UTC 版)

ナムソスの戦い」の記事における「爆撃」の解説

4月20日ドイツ空軍爆撃機ナムソス木造家屋多く破壊した攻撃一日中続き、ほとんどの木造家屋鉄道駅教会フランス軍本部木造波止場2箇所破壊、石で構築されていた波止場被害受けた。こうしてノルウェー人々連合軍支援のために、多大な犠牲を払うこととなったドイツ軍爆撃機14機はフィヨルド内を航行していた対潜トロール船ラットランドシャー(Rutlandshire)を攻撃し撃沈した生存者水中機関銃銃撃受けた。しかし、戦死者がなく、わずか2名が負傷するとどまったナムソスでの空爆戦いの間、続けられた。 イギリス軍ナムソス出入りする艦艇のために潜水艦攻撃から保護する必要性感じていた。空軍支援存在しなかったため、作戦参加していた小型艦艇、対潜スループ対潜トロール船らは空爆晒されており、4月30日イギリス海軍スループ、ビターン(en)はユンカースJu87の爆撃で大損害を受け処分された。また、イギリス対潜トロール船セント・ゴラン(St. Goran)も損傷し乗員によって翌日沈められた。5月1日今度対潜トロール船ゴールGaul)、アストン・ヴィラAston Villa)が航空攻撃により失われた別のトロール船アラブen)はセント・ゴランから乗組員受け入れ4月28日から5月2日までアラブ31回の空爆耐えたその後、この5日間の功績たたえられ艦長のリチャード・ビーン・スタナード(en)(イギリス海軍予備員)はヴィクトリア十字勲章与えられたノルウェー空軍周辺展開した部隊存在せずドイツ軍対応する唯一の空軍部隊イギリス軍上陸している間、存在しただけであった短期間パトロール航空母艦グローリアスからいくつかの旧式複葉戦闘機グロスター グラディエーター沖合いで行うのみであったが、彼らはドイツ軍機3機を撃墜したグローリアスから飛び立ったグラディエーター8機はレスヤスクーグ(en)の凍ったLesjaskogsvatnet(湖)のから短距離のみ活動したが、南のナムソス支援するにはあまりにも遠かった

※この「爆撃」の解説は、「ナムソスの戦い」の解説の一部です。
「爆撃」を含む「ナムソスの戦い」の記事については、「ナムソスの戦い」の概要を参照ください。


爆撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 15:20 UTC 版)

マリウポリの芸術学校への爆撃」の記事における「爆撃」の解説

3月20日ウクライナは、400人が避難していた芸術学校ロシア軍爆撃した報じたマリウポリ市議会Telegramを通して声明発表し避難民多く女性、子ども、老人であった強調したその一方で、マリウポリ市長顧問Petro Andryushchenkoは、学校避難していた市民正確な人数不明であるとして、懸念を表明した。

※この「爆撃」の解説は、「マリウポリの芸術学校への爆撃」の解説の一部です。
「爆撃」を含む「マリウポリの芸術学校への爆撃」の記事については、「マリウポリの芸術学校への爆撃」の概要を参照ください。


爆撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 01:56 UTC 版)

ハルキウ州庁舎への爆撃」の記事における「爆撃」の解説

ハルキウ州庁舎への爆撃は、北東から進軍するロシア軍とのハルキウの戦いにおいて発生したロシア軍は、ロケット弾2発で州庁舎を攻撃し29人が死亡し州庁舎が破壊されFreedom Square他の建物深刻な被害受けた2022年6月には、州庁舎は修復対象ではないと認識されていた。

※この「爆撃」の解説は、「ハルキウ州庁舎への爆撃」の解説の一部です。
「爆撃」を含む「ハルキウ州庁舎への爆撃」の記事については、「ハルキウ州庁舎への爆撃」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「爆撃」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

爆撃

出典:『Wiktionary』 (2021/07/24 08:32 UTC 版)

名詞・サ変動詞

ばくげき

  1. 航空機から爆弾などを投下して標的攻撃すること。

活用

サ行変格活用
爆撃-する

発音(?)

ば↗くげき

関連語

翻訳


「爆撃」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「爆撃」の関連用語

爆撃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



爆撃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトーチカ (改訂履歴)、ノーバカホフカへのミサイル攻撃 (改訂履歴)、B-2 (航空機) (改訂履歴)、航空戦 (改訂履歴)、チャーリー・ブラウンとフランツ・スティグラー事件 (改訂履歴)、マリウポリの劇場への爆撃 (改訂履歴)、マリウポリの病院への爆撃 (改訂履歴)、ケルン爆撃 (改訂履歴)、ナムソスの戦い (改訂履歴)、マリウポリの芸術学校への爆撃 (改訂履歴)、ハルキウ州庁舎への爆撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの爆撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS