爆撃とは?

ばく げき [0] 【爆撃】

( 名 ) スル
航空機から爆弾などを落とし攻撃すること。 「基地を-する」


【爆撃】(ばくげき)

地上設備陸上兵器対する、航空機からの爆弾などによる攻撃
爆撃機攻撃機などがこの任務を受け持つ。


空襲

(爆撃 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/23 16:43 UTC 版)

空襲(くうしゅう、: Airstrike/Air-raid)は、空中から目標に対して爆弾の投下や機銃掃射などを行うことである。


  1. ^ Jeschonnek, 1993. p.26
  2. ^ 三浦俊彦『戦争論理学 あの原爆投下を考える62問』二見書房21頁
  3. ^ “Tape Shows Apache Pilots Firing on Iraqis”. ABC. http://abcnews.com/WNT/story?id=131481&page=1 2013年10月24日閲覧。 
  4. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで57頁
  5. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書2頁
  6. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書3頁
  7. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで59-60頁
  8. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで58頁
  9. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書5頁
  10. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書6頁
  11. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで57-59頁
  12. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書12頁
  13. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書3頁
  14. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書13頁
  15. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書13-14頁
  16. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書14頁
  17. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで233頁
  18. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで373頁
  19. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書88-89頁
  20. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書89頁
  21. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書108頁
  22. ^ 荒井信一『空爆の歴史』岩波新書129頁
  23. ^ NHKスペシャル取材班『ドキュメント 東京大空襲: 発掘された583枚の未公開写真を追う』新潮社140-142頁
  24. ^ ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ298頁
  25. ^ ただし、三菱F-2戦闘機が500ポンド爆弾を12個、もしくはクラスター爆弾4個を装備可能であるなど、自衛隊が爆撃能力をまったく有していないわけではない。この場合の爆撃能力とは、先制攻撃目的でなく、あくまでも侵略を受けた際に敵上陸部隊を撃破することが目的である。


「空襲」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「爆撃」の関連用語

爆撃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



爆撃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの空襲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS