Savingとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 国民経済計算用語 > Savingの意味・解説 

貯蓄(Saving)

 貯蓄は各部門の要素所得雇用者報酬営業余剰混合所得)の受取各種経常移転受取からなる経常的収入から、消費支出各種経常移転支払からなる経常的支出差し引いた残差として定義され、固定資本減耗を含む「総」ベース、これを含まない「純」ベース両方で表わされる。従って貯蓄は所得支出勘定所得使用勘定)のバランス項目であり、資本蓄積のための原資として資本調達勘定に受け継がれる。

貯蓄

人口理論105-1)の一部は、人口動向社会経済的要因帰結とに関わっている。過去において人口理論的取り扱いは、おおむね総人口資源 1、すなわち人口扶養するために利用できる資力、あるいは財やサービス創出を意味する生産 2との関係に集中していた。最近は、人口成長(701-1)およびその要因経済成長(903-1)の相互関係重点が移っており、とりわけ消費 3、貯蓄 4および投資 5に関係づけられている。


貯蓄

(Saving から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/24 18:09 UTC 版)

貯蓄(ちょちく、: savings)とは、蓄えることであるが、経済学においては色々な定義があり、主なものとして以下のものがある。不動産を含めるか、金融資産を含めるかどうかで金額は大きく変わることに注意。






「貯蓄」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Saving」の関連用語

Savingのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Savingのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
内閣府内閣府
Copyright©2020 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貯蓄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS