戦闘機とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 鉄道 > 飛行機 > 戦闘機の意味・解説 

【戦闘機】(せんとうき)

敵機への攻撃味方機の護衛主任務とし、上昇力加速力秀でた比較小型の軍用航空機
空対空ミサイル機関銃機関砲などで武装するのが普通で航空優勢獲得するために非常に大きな役割をもつ。

対地攻撃主任務とする攻撃機区別されてこう呼ばれるが、近年では両方用途使用可能な多用途戦闘機主流になりつつある。
なお、アメリカ空軍航空自衛隊においては地上固定目標に対す攻撃行動も「空中戦闘任務」と定義しているため、事実上攻撃機であるF-16支援戦闘機日米以外の空軍では攻撃機該当する)であるF-1F-2も「戦闘機」として分類されFナンバー与えられている

大空自由に飛びまわれるその性能美しフォルムは、いつの時代憧れ対象でありつづけている。

  1. 第一次世界大戦の戦闘機
    このころの戦闘機は単葉機から三翼機までさまざまで材質木製フレームに布を張ったものが多かった
    武装機関銃主で同調装置発明されるまでは機銃配置にも色々なものがあった。
    飛行機というものが戦争使用されたはじめての戦いでこの頃には補助戦力という位置づけであったが、リヒト・ホーヘンのように数十撃墜したエース数多く誕生した


  2. 第二次世界大戦の戦闘機
    WW1から数十年経たWW2では、かなり多くの戦闘機が金属製単葉機であった
    このころから戦争遂行する上で航空機果た役割大きくなり、航空優勢重要性認識されはじめた
    欧州戦線ではドイツイギリスの戦闘機が英仏海峡上空激しい戦い繰り広げバトル・オブ・ブリテン)、太平洋戦線では日本アメリカの戦闘機が互い空母基地護るために戦った
    ドイツではジェット戦闘機実用化され、少数ながら圧倒的な力振るった



  3. ジェット黎明期朝鮮戦争の戦闘機
    それまでレシプロエンジン使用していた戦闘機が、ジェットエンジンという新たな力を手に入れた
    当時はまだ推力非常に小さいものであったが、それでも飛躍的に速度伸びた
    機関砲のみであった武装に加えて空対空ミサイル装備した戦闘機が登場しはじめた


  4. 冷戦期の戦闘機
    中東戦争ベトナム戦争米ソの戦闘機が実戦交えた
    この頃からレーダー友軍からの指示を受け目視外射程攻撃する戦い始まった
    それまでミサイル万能時代といわれ、空対空ミサイル以外の武装をしない戦闘機(ミサイリアー)も登場していたが、ミサイル自体故障多かったり、接近しすぎていたりしてミサイル使えない場面生じ、再び機関砲重要性認識された。
    ミサイルに対するレーダー妨害ECM)もこのころら行われ、相手ミサイル無力化することが起きようになった


  5. 冷戦終結期の戦闘機
    空対地ミサイル誘導爆弾発達爆撃管制コンピュータ進化により、攻撃機任務兼任できるマルチロールファイター主流になり、対空戦闘も殆どが目視外射程で中・長距離のミサイル撃ち合う戦いになっていった。
    一部ではステルス戦闘機登場しはじめた


  6. 21世紀の戦闘機
    東西冷戦終結したことにより、多くの国において強大な仮想敵国消失したため、もはや重厚長大高価かつ強力な戦闘機は必要とされなくなった
    主流軽量小型でRCSの低い万能機(マルチロールファイター)に完全に移行したものの、アビオニクス進化は、軽量戦闘機の価格をも押し上げてしまった。
    ゆえに新型機は殆ど開発されなくなり従来機種再設計アビオニクス載せかえにより近代化をはかる事例多くなった。
    この趨勢は後数十年は続くとみられている

関連機体命名法 戦闘攻撃機 戦闘爆撃機 甲戦 乙戦 丙戦 夜間戦闘機


戦闘機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 15:08 UTC 版)

戦闘機(せんとうき、: fighter aircraft, あるいは単にfighter、: Jagtflugzeug,略称としてJäger)は、敵対する航空機との空対空戦闘を主任務とする軍用機。現在では空対空戦闘にとどまらず、場合によっては対地攻撃や対艦攻撃、爆撃などの任務を行う場合もある。なお、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とするのが攻撃機である[1]


  1. ^ 青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門 (軍用機知識の基礎から応用まで)』イカロス出版12頁
  2. ^ a b 河野嘉之『図解戦闘機』新紀元社46頁
  3. ^ 河野嘉之『図解戦闘機』新紀元社38頁
  4. ^ 河野嘉之『図解戦闘機』新紀元社14頁
  5. ^ 青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門 (軍用機知識の基礎から応用まで)』イカロス出版12頁
  6. ^ a b c d e f g 河野嘉之『図解戦闘機』新紀元社10-11頁
  7. ^ a b 青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門 (軍用機知識の基礎から応用まで)』11頁
  8. ^ a b 青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門 (軍用機知識の基礎から応用まで)』12頁
  9. ^ a b 青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門 (軍用機知識の基礎から応用まで)』イカロス出版13頁
  10. ^ 碇義朗『戦闘機入門』光人社NF文庫240-247頁
  11. ^ a b 碇義朗『戦闘機入門』光人社NF文庫240-243頁
  12. ^ a b 戦史叢書95海軍航空概史128頁
  13. ^ a b c d e f g h 河野嘉之『図解戦闘機』新紀元社44頁
  14. ^ 青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門 (軍用機知識の基礎から応用まで)』イカロス出版11-12頁
  15. ^ 堀越二郎『零戦の遺産』光人社NF文庫71頁
  16. ^ 河野嘉之『図解戦闘機』新紀元社18頁
  17. ^ 河野嘉之『図解戦闘機』新紀元社24頁
  18. ^ a b 『徹底図解 戦闘機のしくみ』 新星出版社 2008年10月5日 p.42
  19. ^ 河野嘉之『図解戦闘機』新紀元社52頁
  20. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで51-52頁
  21. ^ 河野嘉之『図解戦闘機』新紀元社46頁、戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで57頁
  22. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで60頁
  23. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで57-59頁
  24. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで372-373頁
  25. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで233頁
  26. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで373頁
  27. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで294-295頁
  28. ^ 碇義朗『海軍空技廠 全』光人社103頁、森史郎『零戦の誕生』光人社55-56頁
  29. ^ 碇義朗『鷹が征く―大空の死闘・源田実VS柴田武雄』光人社 2000年100頁
  30. ^ 森史郎『零戦の誕生』光人社 (2002)99頁、零戦搭乗員会『零戦、かく戦えり!』425頁
  31. ^ 堀越二郎・奥宮正武『零戦』学研M文庫182頁、戦史叢書72中国方面海軍作戦(1)昭和十三年四月まで 405-407頁、森史郎『零戦の誕生』光人社109-114頁
  32. ^ 戦史叢書95海軍航空概史125頁
  33. ^ サミュエル・W・ミッチャム 『ヒットラーと鉄十字の鷲』手島尚訳、学習研究社〈学研M文庫〉、2008年、初版。ISBN 978-4-05-901219-1、pp.110-111.
  34. ^ 碇義朗『戦闘機入門』光人社NF文庫243-244頁
  35. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期322、326-327頁
  36. ^ 碇義朗『戦闘機入門』光人社NF文庫252頁
  37. ^ 碇義朗『戦闘機入門』光人社NF文庫254頁
  38. ^ おちあい熊一、野木恵一『最新&最強 世界の兵器』学研パブリッシング11頁
  39. ^ 他の戦闘機の生産数と比較した場合。
  40. ^ a b c d https://thediplomat.com/2020/04/flankers-vs-gripens-what-happened-at-the-falcon-strike-2015-exercise/
  41. ^ http://en.people.cn/90786/8392418.html
  42. ^ https://nationalinterest.org/blog/buzz/china%E2%80%99s-getting-new-aircraft-carrier-plane-dont-get-too-excited-147651
  43. ^ https://thediplomat.com/2020/01/pakistans-jf-17-block-iii-fighter-jet-makes-maiden-flight/
  44. ^ https://timesofindia.indiatimes.com/videos/news/defence-minister-rajnath-singh-flies-sortie-on-lca-tejas/videoshow/71196055.cms
  45. ^ https://www.lockheedmartin.com/en-us/news/features/2016/meet-the-f-16v--the-most-technologically-advanced-4th-generation.html
  46. ^ https://www.airforcemag.com/article/0908issbf/
  47. ^ https://www.boeing.com/defense/fa-18-super-hornet/index.page
  48. ^ https://thediplomat.com/2018/02/russia-to-upgrade-su-30sm-fighter-jets-in-2018/
  49. ^ https://www.eurofighter.com/the-aircraft
  50. ^ https://motor-fan.jp/article/10015646
  51. ^ https://nationalinterest.org/blog/buzz/not-dead-yet-will-f-16s-new-radars-let-it-take-out-cruise-missiles-134237
  52. ^ https://www.thenews.com.pk/print/767018-paf-launches-serial-production-of-latest-jf-17-thunder-block-iii
  53. ^ https://asiatimes.com/2020/12/russia-nets-a-special-su-57-fighter-jet-for-christmas/
  54. ^ https://www.businessinsider.jp/post-107213
  55. ^ https://nationalinterest.org/blog/buzz/americas-f-35-vs-chinas-j-31-stealth-fighter-video-breaks-it-all-down-63837


「戦闘機」の続きの解説一覧

戦闘機(Fighter)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 14:46 UTC 版)

「エースコンバット アサルト・ホライゾン」記事における「戦闘機(Fighter)」の解説

対空戦闘特化した航空機。高い機動性持ちDFM発動することが可能。ただし、ASM発動できないオンライン対戦では主に制空権確保や、攻撃機爆撃機護衛担当する

※この「戦闘機(Fighter)」の解説は、「エースコンバット アサルト・ホライゾン」の解説の一部です。
「戦闘機(Fighter)」を含む「エースコンバット アサルト・ホライゾン」の記事については、「エースコンバット アサルト・ホライゾン」の概要を参照ください。


戦闘機 (Fighter)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/04 06:53 UTC 版)

World of Warplanes」の記事における「戦闘機 (Fighter)」の解説

機動戦向いた航空機多く多様な戦術取れる。大きく二種類分かれドッグファイト向き航空機一撃離脱向き航空機存在する

※この「戦闘機 (Fighter)」の解説は、「World of Warplanes」の解説の一部です。
「戦闘機 (Fighter)」を含む「World of Warplanes」の記事については、「World of Warplanes」の概要を参照ください。


戦闘機(名称不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 09:25 UTC 版)

スペースパイレーツ」の記事における「戦闘機(名称不明)」の解説

『ゼロミッション』で初登場

※この「戦闘機(名称不明)」の解説は、「スペースパイレーツ」の解説の一部です。
「戦闘機(名称不明)」を含む「スペースパイレーツ」の記事については、「スペースパイレーツ」の概要を参照ください。


戦闘機(名称不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 09:25 UTC 版)

スペースパイレーツ」の記事における「戦闘機(名称不明)」の解説

ノリオン侵攻、フェイザ防衛戦登場したパイレーツの戦闘機。左右非対称形状をしている。こちらもフェイゾン動力源にしているようで、最高速を誇る銀河連邦スティレット級戦闘機と互角に渡り合っていた。

※この「戦闘機(名称不明)」の解説は、「スペースパイレーツ」の解説の一部です。
「戦闘機(名称不明)」を含む「スペースパイレーツ」の記事については、「スペースパイレーツ」の概要を参照ください。


戦闘機(F6F ヘルキャット / ファミコン版ではフライM)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 11:57 UTC 版)

スカイデストロイヤー」の記事における「戦闘機(F6F ヘルキャット / ファミコン版ではフライM)」の解説

ゲームでの雑魚存在最初零戦向かってくるだけだが、時間経過するにつれて弾を発射するうになる近距離で撃墜するほど高得点通常は青い戦闘機だが、各シーン最後では赤い戦闘機が登場し、すべて撃墜できなければ機銃連射性能大きく落ちる。ボーナスステージでも赤い戦闘機が登場する

※この「戦闘機(F6F ヘルキャット / ファミコン版ではフライM)」の解説は、「スカイデストロイヤー」の解説の一部です。
「戦闘機(F6F ヘルキャット / ファミコン版ではフライM)」を含む「スカイデストロイヤー」の記事については、「スカイデストロイヤー」の概要を参照ください。


戦闘機(サンダーウィング)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 13:09 UTC 版)

パワーレンジャー・ジオ」の記事における「戦闘機(サンダーウィング)」の解説

米軍の戦闘機。飛行中にクアドラ・ファイターズ遭遇し戦闘になる。その後うなったかは不明撃ち落とされた可能性がある)。

※この「戦闘機(サンダーウィング)」の解説は、「パワーレンジャー・ジオ」の解説の一部です。
「戦闘機(サンダーウィング)」を含む「パワーレンジャー・ジオ」の記事については、「パワーレンジャー・ジオ」の概要を参照ください。


戦闘機(ウォーホーク/ネメシス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 05:29 UTC 版)

WARHAWK」の記事における「戦闘機(ウォーホーク/ネメシス)」の解説

定員2人1人操縦士1人助手席操作不可))素早移動速度で空を飛び回るこのゲームの主役操作には慣れ必要だが、上達すれば空の王になることも可能。

※この「戦闘機(ウォーホーク/ネメシス)」の解説は、「WARHAWK」の解説の一部です。
「戦闘機(ウォーホーク/ネメシス)」を含む「WARHAWK」の記事については、「WARHAWK」の概要を参照ください。


戦闘機(100点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:50 UTC 版)

スカイキッド」の記事における「戦闘機(100点)」の解説

画面前後から単独編隊組んで現れる雑魚キャラ武器機銃地面と平行にしか撃てない。ミッションが進むと宙返り高速で飛ぶ・高度を上下に変える雲の中隠れているものなどが出てくる。

※この「戦闘機(100点)」の解説は、「スカイキッド」の解説の一部です。
「戦闘機(100点)」を含む「スカイキッド」の記事については、「スカイキッド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「戦闘機」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

戦闘機

出典:『Wiktionary』 (2021/11/06 10:15 UTC 版)

名詞

戦闘 せんとうき

  1. 航空機撃墜主任務とする軍用機

発音(?)

せ↗んと↘ーき

翻訳

関連語


「戦闘機」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



戦闘機と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

戦闘機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



戦闘機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戦闘機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエースコンバット アサルト・ホライゾン (改訂履歴)、World of Warplanes (改訂履歴)、スペースパイレーツ (改訂履歴)、スカイデストロイヤー (改訂履歴)、パワーレンジャー・ジオ (改訂履歴)、WARHAWK (改訂履歴)、スカイキッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの戦闘機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS