支援戦闘機とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 支援戦闘機の意味・解説 

し えんせんとうき -ゑん- [6] 【支援戦闘機】

航空自衛隊戦闘機一種。対艦・対地攻撃主任務とするもの。

【支援戦闘機】(しえんせんとうき)

Fighter Supporter (FS)
航空自衛隊においてかつて用いられていた攻撃機の名称。
該当機種はF-86F、F-1F-4EJ改F-2

この名称の初出は、1976年の第1次防衛大綱であった。
専守防衛旨とする自衛隊において、「攻撃」という名は相応しく無いという意図から「地上部隊陸上自衛隊)や艦隊海上自衛隊)を空中支援する機体」という名目で名づけられた。
ただし、この区分にされていた機体上述)は、任務空中支援以外にも要撃対領空侵犯措置など)が含まれていたため「純粋な攻撃機は支援戦闘機とはなりえない」と解釈されており、性格的には戦闘攻撃機に近いものであった。

空自モデルとなったアメリカ空軍では、地上固定目標対す攻撃も「空中戦任務」と定義づけているため、実質攻撃機であるF-16F-117F-111F-15Eについても「戦闘機」としてFナンバー与えられている。

その後防衛省は「要撃」と「空中支援」の区別廃止し、全機種をマルチロールファイターにする方針発表し、2004年改定された防衛大綱で正式に「要撃戦闘機」、「支援戦闘機」の区分廃止された。

これにより、「支援戦闘機」として運用されていたF-4EJ改及びF-2は、現在「戦闘機」の区分に入っている。

関連要撃戦闘機 特車 護衛艦


支援戦闘機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/29 07:29 UTC 版)

支援戦闘機(しえんせんとうき)は、航空自衛隊における攻撃機の名称。任務は対艦攻撃、対地攻撃、近接航空支援と幅広く、状況に応じて航空脅威の対処にも使用される[1]。 「攻撃」という言葉を避けるため、地上部隊や艦隊を空から「支援」する、ということにより名づけられた航空自衛隊独自の呼称。


  1. ^ 青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門 (軍用機知識の基礎から応用まで)』イカロス出版13頁
  2. ^ F-2 · Lockheed Martin - ロッキード・マーティン社によるF-2の解説
  3. ^ 2005年版防衛白書 第2章わが国の防衛政策の基本と新防衛大綱、新中期防など


「支援戦闘機」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「支援戦闘機」の関連用語

支援戦闘機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



支援戦闘機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの支援戦闘機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS