護衛艦とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 船舶 > > 護衛艦の意味・解説 

【護衛艦】(ごえいかん)

  1. 船舶護衛する任務帯びた艦艇を指す一般語
    英訳では「Escort (vessel)」と呼ばれる
    かつて、輸送船団潜水艦航空機による通商破壊から守る目的で駆逐艦護衛駆逐艦護衛空母などがその任についていた。
    また、機動部隊空母等を護衛する戦闘艦も、このように呼ばれることが多い。

  2. 海上自衛隊においては事実上水上戦闘艦を指す言葉
    諸外国海軍で駆逐艦もしくはフリゲート相当する艦船充てられており、英訳そのためDestroyerとなっている。
    近年では諸外国であれば巡洋艦ヘリコプター空母匹敵する艦も登場しているが、海上自衛隊水上戦闘艦であれば全て護衛艦と称される

    艦の名称は、基準排水量5000トン未満のものでは天候波浪や「月」などといった自然現象それ以上のものでは日本の山岳や地名由来したものが、ひらがな付けられる
    地方隊用護衛艦は、日本の河川由来する
    基準違えど、旧海軍存在した艦艇の名も上記のような由来のものであり、そのため引き継ぐ形になることも多い。



護衛艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/15 20:03 UTC 版)

護衛艦(ごえいかん、英語: Destroyer[1])は、海上自衛隊が保有する艦船の種別の一つ。敵の潜水艦・水上艦艇・航空機による脅威に対処する能力を備え、周辺海域の防衛や海上交通の安全確保に重要な役割を担う[2]


注釈

  1. ^ KはHunter-Killer(HUK)に由来する。なお当初は、アメリカ海軍のカーペンター級駆逐艦に倣った「DDE」という記号が用いられていた[11]
  2. ^ 民間の文献では「大型汎用護衛艦」とも称された[15]
  3. ^ 艦内の防水扉等の閉鎖は、一部閉鎖の警戒閉鎖と、完全閉鎖の非常閉鎖がある
  4. ^ 写真は幹部居室。曹士の居室には固有の机などはなく、3段ベッドの艦も多い。
  5. ^ 自衛隊公式SNS等で「ロービジュアル」との記載があるが、これを訳せば「低い視覚」「低画質」などとなり文法的におかしく、正しい軍事用語としては「ロービジビリティ」(訳:低視認性)が存在し、各種文献にも「ロービジュアル」の記載がないことから、誤植と判断する。

出典

  1. ^ 海上幕僚長 (2020-03-30). 海上自衛隊の部隊、機関等における英語の呼称について (Report). http://www.clearing.mod.go.jp/kunrei_data/e_fd/1975/ez19750813_03614_000.pdf. 
  2. ^ 護衛艦』 - コトバンク
  3. ^ Wertheim 2013, pp. 360–369.
  4. ^ Saunders 2009, pp. 417–427.
  5. ^ 防衛庁長官 江崎真澄 (1960-09-24). 海上自衛隊の使用する船舶の区分等及び名称等を付与する標準を定める訓令 (Report). http://www.clearing.mod.go.jp/kunrei_data/a_fd/1960/ax19600924_00030_000.pdf. 
  6. ^ 海上幕僚監部 1980, ch.2 §1 概説.
  7. ^ a b c d e f 高須 1984.
  8. ^ 香田 2015, p. 36.
  9. ^ a b c 海上幕僚監部 1980, ch.4 §8 ミサイル装備艦の建造に着手/1次防艦の建造.
  10. ^ a b 海上幕僚監部 1980, ch.2 §9 艦艇建造のれい明期/国産艦の建造.
  11. ^ a b c d 牧野 1987, pp. 299–328.
  12. ^ a b c 海上幕僚監部 1980, ch.3 §10 長船首楼(ろう)艦の誕生/30年代初期国産艦の建造.
  13. ^ a b 海上幕僚監部 1980, ch.5 §10 多用途護衛艦の登場/2次防艦の建造.
  14. ^ a b c d e 海上幕僚監部 1980, ch.6 §13 翼を備える護衛艦/3次防艦の建造.
  15. ^ 丸スペシャル 海上自衛隊艦艇シリーズ 護衛艦たかつき型★No.57/1981.11
  16. ^ a b 海上幕僚監部 1980, ch.7 §12 国産艦の世代交代始まる/4次防艦の建造.
  17. ^ a b 長田 1995.
  18. ^ a b c d e f 海上幕僚監部 2003, ch.2 §7 システム化進む国産艦/ポスト4次防艦の建造.
  19. ^ 香田 2015, pp. 188–207.
  20. ^ 香田 2015, pp. 224–231.
  21. ^ 海上幕僚監部 2003, ch.2 §12 新たな体制への移行/08中防計画艦.
  22. ^ 香田 2018.
  23. ^ 香田 2015, pp. 67–68.
  24. ^ 香田 2015, pp. 118–123.
  25. ^ 香田 2015, pp. 167–169.
  26. ^ 山崎 2017.
  27. ^ 防衛庁技術研究本部 1962, p. 102.
  28. ^ 香田 2015, pp. 210–213.
  29. ^ a b c 海上幕僚監部 2003, ch.5 §10 待望の艦隊防空能力の向上なる/61中防計画艦の建造.
  30. ^ a b 山崎 2014.
  31. ^ a b c d 池田 2019.
  32. ^ 防衛装備庁取得プログラムの分析及び評価の概要(新艦艇) (PDF)
  33. ^ “艦種記号「FFM」新設 多機能化の30護衛艦に適用”. 海上自衛新聞 (第2610号): p. 1. (2018年4月6日) 
  34. ^ 海上幕僚監部 1980, ch.6 §6 態勢を整える地方隊/地方隊の改編.
  35. ^ a b c d e f g h i 渡邉 2005.
  36. ^ a b c d e f g h i j k l 海上自衛隊 1972, 別表(第2条関係).
  37. ^ 海上幕僚長 2013, p. 68.
  38. ^ 稲葉 2014.
  39. ^ a b 海上幕僚長 2013, p. 47.
  40. ^ a b 海上幕僚長 2013, p. 70.
  41. ^ 海上幕僚長 2013, p. 71.
  42. ^ 海上幕僚長 2013, p. 48.
  43. ^ a b c 海上幕僚長 2013, pp. 71–72.
  44. ^ 海上幕僚長『海上自衛隊物品管理補給基準について(通達)』(レポート)、、1998年。
  45. ^ a b c d e f g 渡邉 2009.
  46. ^ 海上幕僚長 2013, p. 51.
  47. ^ 佐藤常寛 (2010年6月5日). “佐藤常寛氏(海上自衛隊元海将補)インタビュー”. 2020年12月29日閲覧。
  48. ^ a b c d e f g 森 1989, pp. 118–125.
  49. ^ a b c d 岡田 1997, pp. 240–252.
  50. ^ イカロス出版 2021.



護衛艦 (DD)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 13:55 UTC 版)

海上自衛隊艦艇一覧」の記事における「護衛艦 (DD)」の解説

艦名(型)画像同型艦就役排水量同型艦注釈あさぎり型 8 1988年 基準:3,500tDD-155以降+50t満載:4,900tDD-155以降+50t あさぎり (DD-151)やまぎり (DD-152)ゆうぎり (DD-153)あまぎり (DD-154)はまぎり (DD-155)せとぎり (DD-156)さわぎり (DD-157)うみぎり (DD-158) はつゆき型拡大改良型兵装はつゆき型同じだが、要すればヘリ2機を運用可能。あさぎりやまぎりは一旦練習艦艦種変更されたが、再び護衛艦に復帰むらさめ型 9 1996年 基準:4,550t満載:6,200t むらさめ (DD-101)はるさめ (DD-102)ゆうだち (DD-103)きりさめ (DD-104)いなづま (DD-105)さみだれ (DD-106)いかづち (DD-107)あけぼの (DD-108)ありあけ (DD-109) あさぎり型から約1,000トン大型化した。アスロック及び対空ミサイルVLS使用対空ミサイル発展シースパローに、対艦ミサイル90式強化たかなみ型 5 2003年 基準:4,650t満載:6,300t たかなみ (DD-110)おおなみ (DD-111)まきなみ (DD-112)さざなみ (DD-113)すずなみ (DD-114) むらさめ型発展型。主砲54口径127ミリ単装速射砲大型化あきづき型 4 2012年 基準:5,050t(2番以降:5,100t)満載:6,800t あきづき (DD-115)てるづき (DD-116)すずつき (DD-117)ふゆづき (DD-118) 汎用護衛艦ではあるが、FCS-3システム導入により僚艦防空LAD)が可能な対空戦闘システム構築イージス艦弾道ミサイル迎撃を行う場合その補完のために対空戦闘能力強化したとも言われているあさひ型 2 2018年 基準:5,100t満載:6,800t あさひ (DD-119)しらぬい (DD-120) あきづき型を基に対潜能力重視した汎用艦。護衛艦初のCOGLAG機関方式採用した退役 護衛艦 (DD) 艦名(型)画像同型艦就役排水量同型艦注釈あさかぜ型 2 1954年 - 1969年 ※1,630t あさかぜ (DD-181)はたかぜ (DD-182) グリーブス後期型(ブリストル級)をアメリカ海軍より供与DD-181は旧エリソン、DD-182は旧マコーム(メイコム)アメリカ返還後中華民国売却 はるかぜ型 2 1956年 - 1985年 2,430t はるかぜ (DD-101)ゆきかぜ (DD-102) 戦後初の国産護衛艦であり、戦闘指揮所CIC)を装備運用した初の国産あやなみ型 7 1958年 - 1990年 ※1,700t あやなみ (DD-103)いそなみ (DD-104→TV-3502)うらなみ (DD-105)しきなみ (DD-106→TV-3503)たかなみ (DD-110)おおなみ (DD-111)まきなみ (DD-112) 砲熕兵器減じて対潜戦能力重点置いた対潜護衛艦(DDK/DDE) むらさめ型 3 1959年 - 1989年 ※2,420t むらさめ (DD-107)ゆうだち (DD-108)はるさめ (DD-109) 対潜兵器若干減じて艦砲強化した対空護衛艦(DDAありあけ型 2 1959年 - 1974年 ※2,050t ありあけ (DD-183)ゆうぐれ (DD-184) フレッチャー級アメリカ海軍より供与DD-183は旧ヘイウッド・L・エドワーズ、DD-184は旧リチャード・P・リアリー あきづき型 2 1960年 - 1993年 ※2,350t あきづき (DD-161→ASU-7010) ※旧・『DD-960』てるづき (DD-162→ASU-7012→TV-3504→ASU-7012) ※旧・『DD-961』 護衛艦として初め排水量2,000トン越えた充実した対潜兵器砲熕兵器とともに旗艦機能備え指揮護衛艦とも通称された やまぐも型 6 1966年 - 2005年 ※2,050tDD-119以降※2,150t やまぐも (DD-113→TV-3506)まきぐも (DD-114)→TV-3507)あさぐも (DD-115)あおくも (DD-119→TV-3512)あきぐも (DD-120→TV-3514)ゆうぐも (DD-121) アスロック搭載対潜護衛艦DDKたかつき型 4 1967年 - 2003年 ※3,050tFRAM改修後3,520t たかつき (DD-164)きくづき (DD-165)もちづき (DD-166→ASU-7019)ながつき (DD-167) 多目的護衛艦(DDA)として建造みねぐも型 3 1968年 - 2000年 ※2,100tDD-118は※2,150t みねぐも (DD-116)→TV-3509)なつぐも (DD-117→TV-3510)むらくも (DD-118→TV-3511) やまぐもをもとに主兵装QH-50 DASH無人対潜ヘリコプター)に改めた対潜護衛艦DDK)。DASH成績不良に伴い運用設備アスロック換装 はつゆき型 12 1982年 - 2021年 基準:2,950tDD-129以降+100t満載:4,000tDD-129以降+200t はつゆき (DD-122)しらゆき (DD-123→TV-3517)みねゆき (DD-124)さわゆき (DD-125)はまゆき (DD-126)いそゆき (DD-127)はるゆき (DD-128)やまゆき (DD-129→TV-3519)まつゆき (DD-130)せとゆき (DD-131→TV-3518)あさゆき (DD-132)しまゆき (DD-133→TV-3513) 8艦8機体時代第1世代汎用護衛艦汎用護衛艦としては初めて個艦防衛用の対空ミサイルシースパローを装備した他、62口径76ミリ単装速射砲高性能20mm機関砲と3重の対空火網備える。対艦ミサイルハープーンも搭載した対潜兵器アスロック及び短魚雷で、対潜哨戒ヘリコプター1機を搭載した

※この「護衛艦 (DD)」の解説は、「海上自衛隊艦艇一覧」の解説の一部です。
「護衛艦 (DD)」を含む「海上自衛隊艦艇一覧」の記事については、「海上自衛隊艦艇一覧」の概要を参照ください。


護衛艦 (FFM)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 13:55 UTC 版)

海上自衛隊艦艇一覧」の記事における「護衛艦 (FFM)」の解説

艦名(型)画像同型艦就役排水量同型艦注釈もがみ型 22計画2022年 基準:3,900t(計画) もがみ (FFM-1)くまの (FFM-2)のしろ (FFM-3)(艤装中)みくま (FFM-4)(艤装中)02FFM (FFM-XX)(建造中)02FFM (FFM-XX)(建造中)03FFM (FFM-XX)(計画)03FFM (FFM-XX)(計画)04FFM (FFM-XX)(計画)04FFM (FFM-XX)(計画26中期防導入決定された「コンパクト護衛艦」。機雷戦小規模揚陸作戦を含む多様な任務への対応能力向上と船体コンパクト化両立させた新たな護衛艦多機能護衛艦)。1番艦および2番艦は護衛艦隊ではなく掃海隊群所属

※この「護衛艦 (FFM)」の解説は、「海上自衛隊艦艇一覧」の解説の一部です。
「護衛艦 (FFM)」を含む「海上自衛隊艦艇一覧」の記事については、「海上自衛隊艦艇一覧」の概要を参照ください。


護衛艦(リメイクアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 17:08 UTC 版)

宇宙戦艦ヤマトシリーズの地球の戦闘艦」の記事における「護衛艦(リメイクアニメ)」の解説

護衛艦のリメイク艦。『2202』『ヤマトという時代』に登場するデザイン担当玉盛順一朗。 「波動砲艦隊構想の一環として建造されフリゲート。本構想は元々ドレッドノート級主体としていたが、計画拡充に伴い量産性に優れた小型波動砲艦として本艦級が開発された。 武装として小型の波動砲のほか、陽電子砲や魚雷発射管などを備える。また、艦底部には格納庫有している。 劇中では第17話初登場エンケラドゥス守備隊20配備されているほか、アンドロメダ率い主力艦隊にも多数配備されている。

※この「護衛艦(リメイクアニメ)」の解説は、「宇宙戦艦ヤマトシリーズの地球の戦闘艦」の解説の一部です。
「護衛艦(リメイクアニメ)」を含む「宇宙戦艦ヤマトシリーズの地球の戦闘艦」の記事については、「宇宙戦艦ヤマトシリーズの地球の戦闘艦」の概要を参照ください。


護衛艦(レート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 05:38 UTC 版)

星界の紋章」の記事における「護衛艦(レート)」の解説

機雷迎撃秀でた小型艦。ヘージュ級等が運用されている。

※この「護衛艦(レート)」の解説は、「星界の紋章」の解説の一部です。
「護衛艦(レート)」を含む「星界の紋章」の記事については、「星界の紋章」の概要を参照ください。


護衛艦(DD)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 05:03 UTC 版)

「護衛艦」の記事における「護衛艦(DD)」の解説

上記の通り1956年には、まず甲型警備艦はるかぜ型)とアメリカ海軍から貸与され艦隊駆逐艦あさかぜ型・ありあけ型)に対してDD記号付された。このうち甲型警備艦(1,600トン型; はるかぜ型)は、外洋における船団護衛及び対潜哨戒主務として、昭和28年計画で2隻のみ建造されたが、艦型に対して性能総花的だったことが反省事項とされ、後に昭和30年度より量産型国産艦の建造着手する際には、特徴づけた艦型考えて数種類の型に分けることが構想されるようになった。 また昭和32年度には、日米相互防衛援助計画MDAP)に基づ域外調達OSP)として、アメリカ海軍の1957会計年度予算により同海軍軍艦として建造され駆逐艦2隻が、完成と同時に日本供与されることになった。これらはアメリカ軍艦として、貸与駆逐艦と同様DD船体記号付されており、海上自衛隊でDD記号用いられた。 艦級一覧 あさかぜ型(米海軍リヴァモア級/グリーブス級駆逐艦貸与ありあけ型(米海軍フレッチャー級駆逐艦貸与はるかぜ型(28DD) 初代あきづき型OSPあさかぜ型「はたかぜ」。アメリカ海軍マコーム」の後身である。 はるかぜ型「はるかぜ」。戦後初の国産DDである。

※この「護衛艦(DD)」の解説は、「護衛艦」の解説の一部です。
「護衛艦(DD)」を含む「護衛艦」の記事については、「護衛艦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「護衛艦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

護衛艦

出典:『Wiktionary』 (2021/09/25 02:32 UTC 版)

名詞

ごえいかん

  1. 海上自衛隊保有する自衛艦一つ警備艦機動艦艇下位分類され戦闘使用される

「護衛艦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



護衛艦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「護衛艦」の関連用語

護衛艦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



護衛艦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの護衛艦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの海上自衛隊艦艇一覧 (改訂履歴)、宇宙戦艦ヤマトシリーズの地球の戦闘艦 (改訂履歴)、星界の紋章 (改訂履歴)、護衛艦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの護衛艦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS