さざなみとは?

こ なみ [0] 【小波】

小さいなみ。 「大波-」

さざ なみ [0] 【細波・小波・漣

古くは「ささなみ」〕
水面一面にできるこまかい波。 「 -が立つ」
小さな心のゆれや争いごとのたとえ。
◇ 琵琶湖南西部沿岸地の古地名。 「 -の国つ御神のうらさびて/万葉集 33


表面張力波(ひょうめんちょうりょくは)capillary wave

さざなみ ripple

表面張力復元力とする水面を伝わる短波長の波でさざなみとも呼ぶ。重力表面張力両方考慮したときの位相速度は、T表面張力係数g重力加速度、ρを水の密度、λを波長として、
√(λ/2π+2πT/ρλ)
で表わされ、波長が1.72cmで、最小の波速23.2cm/sをとる。波長がこの値より短くなると第一項が無視できて、表面張力主要な復元力となる。このような波を純粋表面張力波と呼ぶ。

さざなみ

作者宮本輝

収載図書胸の香り
出版社文芸春秋
刊行年月1996.6

収載図書宮本輝短篇
出版社集英社
刊行年月2007.11


さざなみ

作者瀬戸内寂聴

収載図書蘭を焼く
出版社講談社
刊行年月1997.12
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書瀬戸内寂聴全集 第4巻 短篇
出版社新潮社
刊行年月2001.5


さざなみ

作者野中柊

収載図書このベッドのうえ
出版社集英社
刊行年月2007.2


小波

読み方
小波さざなみ

佐々波

読み方
佐々さざなみ

読み方
さざなみ

(さざなみ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/19 14:37 UTC 版)

(さざなみ)




「漣」の続きの解説一覧


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さざなみ」の関連用語

さざなみのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



さざなみのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
海洋情報研究センター海洋情報研究センター
Copyright (C) 1997-2019 Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Right Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの漣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS