巡洋艦とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 船舶 > > 巡洋艦の意味・解説 

じゅんよう‐かん〔ジユンヤウ‐〕【巡洋艦】

読み方:じゅんようかん

軍艦の一。戦艦に比べ攻撃力防御力は劣るが速力速い大きさ主砲口径により、重巡洋艦軽巡洋艦とに分ける。

「巡洋艦」に似た言葉

【巡洋艦】(じゅんようかん)

Cruiser(クルーザー).
水上艦一種で、外洋長距離航行することを主眼置いたもの。
一般に戦艦より小さく、駆逐艦より大きい艦を指すが、その定義は時代や国によって異なる
もともとは、欧州海軍で本国から遠く離れた植民地監視するため、航洋性に優れた軍艦を必要としたことが起源である。

定義が明確にされたのは、ワシントン海軍軍縮条約においてのみである。
その定義は「基準排水量10,000トン以下で主砲口径8インチ(20.3cm)以下の艦」となっている。

駆逐艦には速力で劣るが装甲火力勝り戦艦には装甲火力で劣るが速力で勝る中堅的な艦として、敵艦船との砲撃戦から沿岸砲撃、船団護衛まであらゆる局面使用できるので、実質的に海軍作戦行動中核をなしていた。
とくに太平洋戦争初期には、米戦艦真珠湾攻撃壊滅していたこと、大部分日本戦艦の脚が遅く柔軟な使用ができなかったこと、双方とも航空兵力が十分でなかったことなどが影響してスラバヤ沖海戦第一次ソロモン海戦など巡洋艦の活躍する場面多々あった。

米軍での表記


巡洋艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 08:21 UTC 版)

巡洋艦(じゅんようかん、英語: cruiser)は、遠洋航行能力・速度等を生かした攻撃力を持たせた軍艦の艦種。ただし定義は国や年代によって異なる。


注釈

  1. ^ 類別変更後も、1880年代までは、旧来の艦種呼称も公文書で用いられることがあった[6]
  2. ^ ロシア語では誘導ミサイルとロケットの区別がなく、いずれも「ロケット」(Ракета)と称されるため、日本語に訳出される際に便宜的に区別が付されることが多い[25]

出典

  1. ^ 青木 1982, pp. 80–84.
  2. ^ 田中 1996.
  3. ^ 青木 1982, p. 117.
  4. ^ a b 鳥居 1984.
  5. ^ a b c d 青木 1996.
  6. ^ a b Friedman 2012.
  7. ^ Friedman 2012, §0.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m 中川 1996, pp. 167–173.
  9. ^ ポルトフ 2010, pp. 16–23.
  10. ^ a b ポルトフ 2010, pp. 154–159.
  11. ^ a b c d 田村 2007.
  12. ^ Friedman 2012, §4.
  13. ^ Gardiner 1979, p. 228.
  14. ^ a b 青木 1999.
  15. ^ a b 海人社 1990.
  16. ^ 中川 1996, pp. 69–78.
  17. ^ 中川 1996, pp. 79–106.
  18. ^ Gardiner 1984, pp. 159–160.
  19. ^ Gardiner 1984, p. 336.
  20. ^ a b c d 青木 2006.
  21. ^ 岡部 2006.
  22. ^ a b 大塚 2012.
  23. ^ 石橋 1993.
  24. ^ 青木 1993.
  25. ^ ポルトフ 2010, p. 79.
  26. ^ ポルトフ 2010, pp. 72–89.
  27. ^ IISS 2016, p. 498.
  28. ^ IISS 2016, p. 261.
  29. ^ IISS 2016, p. 268.
  30. ^ Type-055: a new chapter in China’s naval modernisation” (英語). IISS. 2020年11月23日閲覧。



巡洋艦


「巡洋艦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



巡洋艦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

巡洋艦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



巡洋艦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの巡洋艦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの巡洋艦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS