CBとは? わかりやすく解説

シー‐ビー【CB】

読み方:しーびー

centerbackサッカーなどで、センターバック


シー‐ビー【CB】


シー‐ビー【CB】

読み方:しーびー

chemical and biological生化学の。生物化学の。


シー‐ビー【CB】


シー‐ビー【CB】

読み方:しーびー

circuit breaker》⇒遮断器


シー‐ビー【CB】

読み方:しーびー

community business》⇒コミュニティービジネス


チャーター・ベース


CB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/08/25 06:35 UTC 版)

CBCbシービー




「CB」の続きの解説一覧

CB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 15:14 UTC 版)

ホンダ・ドリーム」の記事における「CB」の解説

詳細についてホンダ・CBならびに各モデルリンク先参照のこと。 CB72スーパースポーツ CB77スーパースポーツ CB250 CB250T CB350 CB350FOUR CB360T CB400FOUR CB450 CB500FOUR CB500T CB550FOUR CB750FOUR

※この「CB」の解説は、「ホンダ・ドリーム」の解説の一部です。
「CB」を含む「ホンダ・ドリーム」の記事については、「ホンダ・ドリーム」の概要を参照ください。


CB(キャプティブ・ブリード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 21:12 UTC 版)

繁殖」の記事における「CB(キャプティブ・ブリード)」の解説

詳細は「en:Captive breeding」を参照 交配から生まれるまで、人間管理下で作られ子供のことである。これに対して野生個体は「WC(ワイルドコート)」と呼ばれる。何世代飼われている動物の子ではない野生動物飼育し、飼育下で交配して繁殖させた子供当てはまる。野生動物飼育され動物交配出来た子も、飼育下で繁殖させた場合当てはまる。

※この「CB(キャプティブ・ブリード)」の解説は、「繁殖」の解説の一部です。
「CB(キャプティブ・ブリード)」を含む「繁殖」の記事については、「繁殖」の概要を参照ください。


CB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 14:38 UTC 版)

ホンダ・ベンリィ」の記事における「CB」の解説

CBは同社4ストローク機関搭載のロードスポーツ車に付与されるシリーズ車名でもあるが、排気量150cc以下のモデルにはベンリイも付与された。 CB92 ベンリイCB92スーパースポーツ輸出仕様搭載エンジン CBシリーズ125ccクラスならびに祖ともいえるモデルである。1959年2月から当初受注生産車として発売された。正式車名はベンリイCB92スーパースポーツC92ベーススーパースポーツ仕様特化させたモデルで、エンジン最高出力15ps/10,500rpm・最大トルク1.06kg-m/9,000rpmとより高回転高出力型へチューニングされ、フロントサスペンションはボトムリンク式を採用するほか、メータースピードメーターのみでタコメーター搭載しない。 また排気量154ccのC95ベースにし最高出力16.5ps/10,000rpm・最大トルク1.24kg-m/9,000rpmまでアップさせたベンリイCB95スーパースポーツ併売された 年度ごとマイナーチェンジ実施しながら、1964年10月フレームパイプ構成としたベンリィCB125(CB93)・ベンリィCB160へフルモデルチェンジされた。 CB125T 1966年発売されベンリィCB125(CB93)からのモデルチェンジ車。1977年モデルまでがベンリイを付与。また高速道路走行可能にするため排気量を135ccにアップさせ軽二輪普通自動二輪車)としたCB135が1970年9月発売された。 詳細は「ホンダ・CB125T」を参照 CB125S・CB125JX 125ccクラス当初2気筒エンジン車が製造されたが以下2種類単気筒エンジンモデル製造された。 CB125S:1970年9月発売内径x行程=56.0x49.5(mm)・排気量122ccのエンジン後述のSL125S・CD125SならびにTL125の1974年までのモデル共用する。 CB125JX:1975年5月発売型式名CB125J。内径x行程=56.5x49.5(mm)・排気量124ccのエンジンをXL125と共用するモデル最高出力14ps/10,000rpm・最大トルク1.0kg-m/9.000rpm。1980年4月14日発表同月15日発売モデルチェンジでベンリイのペットネーム消滅1982年12月16日発表同月17日発売モデルチェンジ型式名JC07への変更のほか、最高出力15ps/10,000rpm・最大トルク1.1kg-m/9.000rpmならびに燃費の向上、電装の12v化、前輪ディスクブレーキ油圧化などを実施1987年まで製造・販売された。 CB50・CB90 単気筒エンジン搭載する50cc・90ccクラスモデル詳細は「ホンダ・CB50」を参照

※この「CB」の解説は、「ホンダ・ベンリィ」の解説の一部です。
「CB」を含む「ホンダ・ベンリィ」の記事については、「ホンダ・ベンリィ」の概要を参照ください。


CB(カスタムボーイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 10:07 UTC 版)

神さまの言うとおり」の記事における「CB(カスタムボーイ)」の解説

三国ドロケイ」から登場する外国人少年で「太陽の国」に所属する役職不明。「六糞野郎」のメンバー左手両足装備した義手で敵を貫く。頭を丸め数珠持ち歩くなど、僧侶のような風貌をしている。後述オスメス合体しロボットのような姿になる。丑三の戯により倒される

※この「CB(カスタムボーイ)」の解説は、「神さまの言うとおり」の解説の一部です。
「CB(カスタムボーイ)」を含む「神さまの言うとおり」の記事については、「神さまの言うとおり」の概要を参照ください。


CB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/01/28 14:16 UTC 版)

マツダ・Cプラットフォーム」の記事における「CB」の解説

CBは、マツダ・ランティス専用プラットフォームである。 1993-1997 マツダ・ランティスセダン) 1993-1997 マツダ・ランティスクーペ(ハッチバック1993-1998 Mazda 323 F (en)(ハッチバック1993-1998 Mazda 323 Astina (en)(ハッチバック

※この「CB」の解説は、「マツダ・Cプラットフォーム」の解説の一部です。
「CB」を含む「マツダ・Cプラットフォーム」の記事については、「マツダ・Cプラットフォーム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「CB」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「CB」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「CB」に関係したコラム

  • FXのローソク足のパターンの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のローソク足にはさまざまなパターンがあります。ローソク足の長さや上ヒゲ、下ヒゲ、陰線、陽線などはその時の相場の動きを暗示したもので、そのパターンから今後の相場を読み取ることも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「CB」の関連用語

CBのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CBのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2024MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2024 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2024 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCB (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのホンダ・ドリーム (改訂履歴)、繁殖 (改訂履歴)、ホンダ・ベンリィ (改訂履歴)、神さまの言うとおり (改訂履歴)、マツダ・Cプラットフォーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS