CB125Tとは?

CB125T

CB125T
通称名 CB125T
車名・型式 ホンダ・BC-JC06
全長×全幅×全高(m) 2.060×0.730×1.070
軸距(m) 1.350
最低地上高(m) 0.155
シート高(m) 0.770
車両重量(kg) 139
乾燥重量(kg) 127
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.0
エンジン型式 JC06E(空冷4ストロークOHC2気筒
総排気量(cm3) 124
内径×行程(mm) 44.0×41.0
圧縮比 9.4
最高出力(kW[PS]/rpm) 11[15]/11,000
最大トルク(N・mrpm) 10/8,500
燃料消費率(km/L) 48.2(60km/h定地走行テスト値)
キャブレター型式 VE26
始動方式 セルフ式
点火装置形式 CDIマグネット点火
潤滑方式 圧送飛沫併用
燃料タンク容量(L) 14
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1 速 2.769
2 速 1.882
3 速 1.450
4 速 1.217
5 速 1.083
減速比(1次/2次) 3.833/2.800
キャスター(度)/トレール(mm) 25°45´/87
タイヤサイズ 3.00-18 47P
3.25-18 52P
ブレーキ形式 油圧ディスク
機械式リーディングトレーリング
懸架方式 テレスコピック
スイングアーム
フレーム形式 ダイヤモンド

ホンダ・CB125T

(CB125T から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 14:47 UTC 版)

CB125T(シービーひゃくにじゅうごティー)は、かつて本田技研工業が製造販売したオートバイである。




注釈

  1. ^ これは1971年に単気筒エンジンを搭載するCB125Sを製造販売するまで2気筒エンジン=Twinを示すTの必要性がなかったためである。 また機械式ディスクブレーキ搭載車が製造販売開始された際には採用車は全てJXのペットネームを与えられたため本モデルではCB125JXが販売されたが、本モデルにおけるJXのペットネームは1974年モデルからディスクブレーキ標準装備化により廃止された。これ以外のCB125JXは単気筒エンジン搭載車のため注意が必要である。
  2. ^ 1963年のモーターショー発表時の名称ならびに社内呼称もCB93であったため一般的にCB93と呼ばれるのが通常である。
  3. ^ ゴジラタンクの別称がある。

出典



「ホンダ・CB125T」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「CB125T」の関連用語

CB125Tのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CB125Tのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
HONDAHONDA
COPYRIGHT (C) 2021 Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホンダ・CB125T (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS