ホンダ・NRとは?

ホンダNR(RC40E)

楕円ピストンには正規楕円包絡線呼ばれる形状をなし、ピストンヘッドからトップリング溝に無電ニッケルメッキ施し爆発圧力によるピストンリングへの負荷に対応。ピストンスカートにはフッ素樹脂コーティング施しフリクションロス低減を果たした。
シリンダーアルミ製スリーブレスライナータイプ。ライナーにはNS(ニッケル・シリコン・カーバイト)メッキ施している。
コンロッドは1気筒あたり2本。チタン合金を用いたコンロッド軽量・高剛性達成
・1気筒あたり吸気4本、排気4本のバルブはさみ角29度。吸気側に高クローム耐熱鋼排気側にインコネル材を使用。DOHC32バルブという機構ありながらシリンダヘッド軽量コンパクト化実現
・1気筒あたり2本のプラグ使用することにより、火炎伝播距離も短くなり高燃焼効率実現

保管場所:ホンダコレクションホール (〒321-3597 栃木県芳賀郡茂木町大字桧山120-1 ツインリンクもてぎ内)

製作(製造)年:1992

製作者(社):本田技研工業株式会社

資料種類:量産品

現状:公開展示( 動態 )

型式 / 製作
型式:RC40E

種類:ガソリン

会社名:本田技研工業株式会社

実物所在:ホンダコレクションホール

搭載車種:NR

製作年:1992

諸元
シリンダ配列・数:V型4気筒

サイクル冷却方式:4サイクル/水冷

型式/数:DOHC/8×4

燃焼室:ペントルーフ型

総排気量:747.4cc

内径×行程:B(L×W)×S (101.2×50.6)×42

圧縮比:11.7:1

寸法:なし

点火システム:電子制御フルトランジスタ式バッテリ点火

性能
最大出力:77PS/11500rpm

最大トルク:5.4kgm/9000rpm

燃料消費率:20.8km/L(60km/h定地)

装置
可変装置:なし

吸気系:可変吸気システム

排気:なし

エピソード話題性:常識破りの楕円ピストン
32バルブ、8プラグ

特徴:回転高出力、ワイドパワーバンド

その他事:始動方式:セルフ式;燃料供給方式:電子式(PGM-FI);噴射ノズル:なし;整備重量:なし; :潤滑方式圧送飛沫併用式;潤滑油量:4.7L;比出力:103PS/L;排気浄化装置:なし;過給機装置:なし;


ホンダ・NR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/10 03:44 UTC 版)

ホンダ・NR(エヌアール)とは、本田技研工業が開発したオートバイであり、当初は競技専用車両として開発されていたが、後に一般市販車として製造販売された。




  1. ^ 当時のレースは押しがけスタートであった。
  2. ^ グリッド上でもスタート間際までドライアイスの入った袋でガソリンタンクを冷やし続け、僅かなガソリンの気化をも防ぐ周到さであった。
  3. ^ 世界耐久選手権賞典外のオープン参加であった。
  4. ^ ジャーナリストではあるが、根本は1973年の全日本ロードレース選手権フォーミュラ750クラスチャンピオンであり、またジルベール・ロイも数多くのレース参戦経験がある。
  5. ^ 一部に「300台限定での販売」などという説もあるがホンダがそう発表した事実はない。
  1. ^ HONDA 50Years ホンダ50年史146頁『ホンダ2ストローク技術への執念』より
  2. ^ a b c 『HONDA MOTORCYCLE RACING LEGEND 世界制覇の軌跡 1976 - 1990』(P.28)
  3. ^ 『HONDA MOTORCYCLE RACING LEGEND 世界制覇の軌跡 1976 - 1990』(p.27)
  4. ^ 『HONDA MOTORCYCLE RACING LEGEND 世界制覇の軌跡 1976 - 1990』(p.37)
  5. ^ 『HONDA MOTORCYCLE RACING LEGEND 世界制覇の軌跡 1976 - 1990』(p.45)
  6. ^ 『HONDA MOTORCYCLE RACING LEGEND 世界制覇の軌跡 1976 - 1990』(p.47)
  7. ^ a b 『HONDA MOTORCYCLE RACING LEGEND 世界制覇の軌跡 1976 - 1990』(p.57)
  8. ^ a b 『HONDA MOTORCYCLE RACING LEGEND 世界制覇の軌跡 1976 - 1990』(p.50)
  9. ^ 『HONDA MOTORCYCLE RACING LEGEND 世界制覇の軌跡 1976 - 1990』(p.55)
  10. ^ a b 『HONDA MOTORCYCLE RACING LEGEND 世界制覇の軌跡 1976 - 1990』(p.61)
  11. ^ 『HONDA MOTORCYCLE RACING LEGEND 世界制覇の軌跡 1976 - 1990』(p.79)
  12. ^ 『HONDA MOTORCYCLE RACING LEGEND 世界制覇の軌跡 1976 - 1990』(p.62)
  13. ^ 『HONDA MOTORCYCLE RACING LEGEND 世界制覇の軌跡 1976 - 1990』(p.64)
  14. ^ 『RACERS Volme01』(2010年、三栄書房)ISBN 978-4-7796-0717-2(p.72)
  15. ^ 『RACERS Volme02』(2010年、三栄書房)ISBN 978-4-7796-0821-6(p.52)


「ホンダ・NR」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホンダ・NR」の関連用語

ホンダ・NRのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ホンダ・NRのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人自動車技術会社団法人自動車技術会
COPYRIGHT(C)SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホンダ・NR (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS