SOHCとは?

Weblio 辞書 > 工学 > バイク用語 > SOHCの意味・解説 

SOHC(エスオーエイチシー)


SOHC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/23 09:39 UTC 版)

SOHC(エスオーエイチシー、Single OverHead Camshaft)とは、レシプロエンジンのうち給排気弁を持つようなタイプにおける弁駆動メカニズムの配置形態の一種で、1本のカムシャフトがピストンの頭上にあるような形態(シリンダーヘッドを通っている形態)のことである。DOHCが増える以前には単にOHCとも呼ばれることもあったが、DOHCと明確に区別するために使われるレトロニム的な由来もある[注釈 1]


注釈

  1. ^ ガソリン機関ないしディーゼル機関の発達の過程において、サイドバルブ→OHV→(S)OHC→DOHC といったように、弁およびその駆動メカニズムが主に性能向上を目的としてピストンの頭上に移動していった、という経緯が背景にある。
  2. ^ 楔形燃焼室やバスタブ型燃焼室を持ったターンフローのエンジンでロッカーアームが用いられたものとしては日産L型エンジントヨタ1G-EA型エンジン(DOHCを除く)E型エンジン(DOHCを除く)などがある。
  3. ^ 後継車のスバル・ヴィヴィオではホットモデルの「RX」シリーズに限り、トヨタハイメカツインカムエンジンに類似した機構を用いたDOHCを採用しているが、これは主にマーケット面での要求によるものである。
  4. ^ 同社の9代目キャリイ専用
  5. ^ 日産・Z型(Z18、Z20など)およびCA型ホンダi-DSIL型およびP型など)。

出典



「SOHC」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SOHC」の関連用語

SOHCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



SOHCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2020 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSOHC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS