モデルチェンジとは? わかりやすく解説

モデル‐チェンジ

[名](スル)《(和)modelchange製品デザイン性能設備変えること。自動車など型式(かたしき)または様式変更。「制服を―する」


モデル・チェンジ


モデルチェンジ

【英】model change, model changes, major change, change lineup

モデルチェンジとは、製品設計機能・性能改良し新型製品として刷新することである。「新モデルにした」といった程度の意味用いられることが多い。

モデルチェンジという表現自動車業界において多く用いられる。ITの分野では、たとえばAppleの不マートフォン「iPhone」や同社タブレット型端末iPad」といった、モバイル端末シリーズについて用いられることが多い。


モデルチェンジ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

モデルチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/09 00:39 UTC 版)

モデルチェンジは、工業製品全般に用いられる用語で、製品の設計をある程度大きく変更・改良し、外部に向けて以前の製品とは異なる製品として販売される場合を指す。ただし、製品カテゴリによって意味が多少異なる。また、大規模な設計変更をフルモデルチェンジ(FMC、全面改良)、小規模な設計変更や改良をマイナーモデルチェンジ(MMC、マイナーチェンジ、一部改良)と呼称することもある。




「モデルチェンジ」の続きの解説一覧

モデルチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/18 03:44 UTC 版)

ベレッタA300」の記事における「モデルチェンジ」の解説

A3001971年ベレッタA3011980年ベレッタA3021985年ベレッタA303マイナーチェンジ重ねられていったが、1992年フルモデルチェンジが行われ、ベレッタAL390(英語版シリーズへと移行した。 AL390シリーズ当初は2 3/4インチ薬室モデルのみがベレッタA304としてラインナップされ、1994年に3インチ薬室モデルベレッタA390、1996年にはA390の部品一部軽量化したベレッタAL390が追加された。AL390シリーズはA300-303との銃身互換性無く相互流用不可となった。 そのAL390シリーズも、1999年にはベレッタAL391(英語版)へと移行した

※この「モデルチェンジ」の解説は、「ベレッタA300」の解説の一部です。
「モデルチェンジ」を含む「ベレッタA300」の記事については、「ベレッタA300」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「モデルチェンジ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「モデルチェンジ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モデルチェンジ」の関連用語

モデルチェンジのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モデルチェンジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリモデルチェンジの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモデルチェンジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのベレッタA300 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS