フレームとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > > フレームの意味・解説 

フレーム【flame】


フレーム【frame】

読み方:ふれーむ

縁(ふち)。。「眼鏡の―」「ラケットの―」「デジタルフォト―」

テレビ・映画など画面。「全景を―に収める」→フレームインフレームアウト

動画構成する個々の静止画。1秒間当た30静止画連続して表示する場合、「毎秒30フレームの動画」といい、動画のなめらかさを表す指標となる。単位fps

機械自動車建造物など骨組みとなる状の構造物。「オートバイの―」

物事枠組み計画アウトライン大枠。「中期財政―に基づいた議論

苗床用の温床。《 冬》「―や遠かがやきに安房の海/風生

ボウリングの1ゲーム構成する1回ごとの区分。1ゲーム10フレームからなる

ブラウザー機能の一。ウインドーいくつかの領域分割しそれぞれに別の内容表示すること。各フレーム内のページ独立してスクロールできる。


フレーム

【英】Frame

ブラウザ・ウインドウをセクション区切り複数HTMLページ同時に表示する機能

フレーム


フレーム

読み方:フレーム
【英】:Frame

関連するカテゴリ
電子温度調節器

メッセージタイムシェアリング多重化伝送する際の、伝送路情報を表すパルス列の1グループ

関連するカテゴリ
プログラマブルターミナル

画面内で部分的にページ切り換えを行うことができる領域をいう。フレームはユーザ設定により複数ページ(フレームページ)で構成することができる。各ページ作画された機能部品は、NS本体PLCの状態に応じて表示内容切り換えられる。フレームには図形機能部品および表を配置することができる。作成したフレームをライブラリ登録することにより、複数箇所、または複数画面流用できるようになる


フレーム [flame]


フレーム

バイク車体構成する骨格材質スチールアルミ一般的で、ダブルクレードル・ツインスパー・バックボーンなどさまざまな形状がある。 50ccバイクMotoGPマシンエンジン載せてまともに走れないように、エンジンとフレームはバランスが重要。また「強度があればいい」というわけでもなく、スムーズなコーナリング衝撃吸収のためには、ある程度の“しなり”の要素残さなければならないのだ。剛性感と軽量化バランスなど、常に最良のものを求めて進化続け重要なパーツでもある
フレーム


関連用語フレーム剛性

フレーム flame

火炎のこと。フレーム焼き入れ(火炎焼き入れ),フレームカッティング(ガス切断)。 フレームチューブ(煙管)などの使い方をする。

フレーム frame

骨組み台枠機械の運動部適当な関係に保つ静止部分。 ②車車体枠組み。③

フレーム


フレーム

【英】:flame

板やワラなどで周囲囲み,上をビニール覆いその中で育苗したり冬の寒さから保護するのに用い容器をいう。太陽熱入れやすくする。

フレーム

名前 Frame

フレーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 06:49 UTC 版)

フレームフレイム




「フレーム」の続きの解説一覧

フレーム(胴体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 03:27 UTC 版)

人力飛行機」の記事における「フレーム(胴体)」の解説

フレームは、機体形作る上でもっとも重要な要素のひとつである。長大な主翼操舵力生む尾翼プロペラ動力伝達する駆動系などを接続し一つ機体として運動させるため、剛性確保軽量両立求められる。フレームも主翼同様に保管運搬のために分割できる構造であることが多い。 初期の人力飛行機では胴体構造的にコクピットのフレームと、表面コクピットを覆うフェアリング連結されており、木材による骨格にフィルムスチレンペーパー、紙などの外皮張った構造多く用いられた。ゴッサマー・アルバトロス以降はCFRPなどのパイプそのまま胴体として利用される場合多くなった。また、剛性強度不足する場合主翼同様に張線が用いられる場合もある。

※この「フレーム(胴体)」の解説は、「人力飛行機」の解説の一部です。
「フレーム(胴体)」を含む「人力飛行機」の記事については、「人力飛行機」の概要を参照ください。


フレーム(縁、枠)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 21:48 UTC 版)

眼鏡」の記事における「フレーム(縁、)」の解説

レンズ眼前固定するための構造全体称してフレームという。英語でまたは縁という意味である。フチなし眼鏡レンズ以外の部分指してフレームというのはのないものを呼んでいるわけで矛盾した語法である。一部文献日本の商標法では、フチなし眼鏡いわゆるフレームをマウントまたはマウンティングと呼ぶ。フレームは、さらに下記のような部品分けられる

※この「フレーム(縁、枠)」の解説は、「眼鏡」の解説の一部です。
「フレーム(縁、枠)」を含む「眼鏡」の記事については、「眼鏡」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フレーム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

フレーム

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 06:59 UTC 版)

語源

英語 frame

名詞

フレーム

  1. 温床苗床用の木の
  2. 額縁
  3. ラケット
  4. 骨組台枠
  5. 自動車等の車
  6. 映画カメラテレビ画面
  7. (ボウリング)
  8. 肋骨肋材
  9. メガネ

関連語


「フレーム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



フレームと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「フレーム」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フレーム」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フレームのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2022 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフレーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの人力飛行機 (改訂履歴)、眼鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフレーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS