frameとは?

フレーム [0][2]frame

物の周囲を囲むもの。。縁。額縁眼鏡の-
建造物機械などの、骨組み枠組み
映画テレビ写真で、撮影される範囲枠取りまた、フィルムの一こま、映画テレビ画面など。
温床[季] 冬。 -の遠かがやき安房の海 /富安風生
自転車自動車などの車体
テニス・バドミントンなどのラケット

フレーム

【英】Frame

ブラウザ・ウインドウをセクション区切り複数HTMLページ同時に表示する機能

フレーム

読み方:フレーム
【英】:Frame

関連するカテゴリ
電子温度調節器

メッセージタイムシェアリング多重化伝送する際の、伝送路情報を表すパルス列の1グループ

関連するカテゴリ
プログラマブルターミナル

画面内で部分的ページ切り換えを行うことができる領域をいう。フレームはユーザ設定により複数ページ(フレームページ)で構成することができる。各ページ作画された機能部品は、NS本体PLCの状態に応じて表示内容切り換えられる。フレームには図形機能部品および表を配置することができる。作成したフレームをライブラリに登録することにより、複数箇所、または複数画面流用できるようになる。


frame 表全体のどの枠を表示するかを指定する

HTML仕様 : HTML4.01Strict

 
機能と値 HTML * Windows Macintosh
void: 表示をしない(デフォルト値 IE3,4,5,5.5,6 NS6 IE3,4,4.5 NS6
・above: 上の線のみ表示 IE3,4,5,5.5,6 NS6 IE3,4,4.5 NS6
below: 下の線のみ表示 IE3,4,5,5.5,6 NS6 IE3,4,4.5 NS6
・hside: 上下線のみ表示 IE3,4,5,5.5,6 NS6 IE3,4,4.5 NS6
・lhs: 左の線のみ表示 IE3,4,5,5.5,6 NS6 IE3,4,4.5 NS6
rhs: 右の線のみ表示 IE3,4,5,5.5,6 NS6 IE3,4,4.5 NS6
・vside: 左右線のみ表示 IE3,4,5,5.5,6 NS6 IE3,4,4.5 NS6
box: 上下左右線のみ表示 IE3,4,5,5.5,6 NS6 IE3,4,4.5 NS6
border: 上下左右線のみ表示 IE3,4,5,5.5,6 NS6 IE3,4,4.5 NS6

適応要素table

table要素 における線の表示方法指定する属性です。

※ HTML表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

<frame> フレームタグ

HTML仕様: HTML4.01Frameset 非推奨

属性機能と値   DTD ※
name URIフレームの名前を指定する
longdesc URIフレーム説明文示し外部文書URI指定する
src URIフレーム内に表示する文書URI指定する
noresize = フレームサイズ変更禁止する (属性値はない)
scrolling 表示/非表示フレーム内のスクロールバー表示/非表示設定する
  yes (常に表示)
  no (非表示)
  auto (必要に応じて表示:デフォルト値)
frameborder = 表示/非表示フレーム間の境界線表示/非表示設定する
  1 (表示)
  0 (非表示)
marginwidth ピクセルフレーム内の余白左右)を指定する
marginheight ピクセルフレーム内の余白上下)を指定する

表示領域任意の数のフレーム)に分割します。frame要素は、HTML要素内に body要素代わりに指定します。また、フレーム未対応ブラウザでは表示不可能になるため、noframes要素 を必ず並記する必要があります

なお、フレーム入れ子にすることも可能です。

<サンプルコード>
<frameset cols=30%,*>
  <frame src="left.html" name="right">
  <frame src="right.html" name="left">
   <noframes>
   ここにはフレーム未対応ブラウザ用に書きます。
   </noframes>
</frameset>

HTML4.01では、この要素を使ってフレームを定義する場合には、文書型定義 (DTD)は、Frameset を選ばなければなりません。非推奨扱いとされています。

※ DTD表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

フレーム

英語 frame

エンジン動力伝達系、走行装置懸架装置操縦装置燃料タンク冷却そのほか補機類を取り付けて、自走可能な状態にできるクルマ基本骨格である。この上各種車体架装する。トラック用に広く用いられるはしご型フレームは、前後方向に2本のチャンネル断面または箱断面サイドメンバー配置し、要所横方向にクロスメンバーを組み付ける。サイドメンバーは、スペースを有効にするために上下左右変形させるタイプと、各種車体架装が容易なストレートタイプがある。モノコックボディ場合には、エンジンまたは動力伝達系の支持サブフレーム(サスペンションメンバー)を使用し、マウントラバーを介して車体取り付けるものが多い。

参照 サブフレームシャシー

車台

英語 frame

鋼板プレス製のシャシー骨格部品で、これにエンジン駆動系足まわりほか走行要部品が組み付けられ、最後にキャブあるいは車体架装される。荷重応力大きトラックオフロード車では強度剛性上、必須の骨格である。車体仕様多様化したバスでは、フレーム当部分はあるものの車体構造組み込まれ、一体化されるものが多くなった。乗用車は、歴史的にはフレーム使用したが、今では特別の例を除き、鋼板プレス製の車体要所補強し、エンジンシャシーそのほか装置直接組み付ける。古い言葉ではフレームレスと呼んだ。乗用車では、フレームに代わってアンダーボディフレームに近い役割を受け持っており、ホイールベースなど、同系列のシャシー構造を示す場合に、プラットホームが共通という。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

フレーム frame

骨組み台枠機械運動部適当な関係に保つ静止部分。 ②車車体枠組み。③

Frame


枠 (多面体)

(frame から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/01 08:56 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

初等幾何学において[要出典] (Vertices[要出典]) とは、非凸多胞体星型多角形星型多面体など)の頂点をつないだときにできる図形であり、その多胞体が入る最小の体積の凸多胞体のことをいう。

正複合多面体の枠は、正多面体準正多面体になる。星型正多面体の場合も同様である。ダ・ヴィンチの星の枠は、もとの正多面体と双対の関係にある多面体になる。また、星型の枠は元の立体の双対の関係にあるどちらかになることが多い。

関連項目


フレーム

(frame から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/10 02:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

フレームフレイム

frame

音楽

flame

音楽

関連項目




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「frame」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「frame」の関連用語

frameのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



frameのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2020. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2020 Japan Video Software Association
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2020 banban@scollabo.com
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2020 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2020 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの枠 (多面体) (改訂履歴)、フレーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS