あさかぜとは?

Weblio 辞書 > > フェリー(青函フェリー) > あさかぜの意味・解説 

あさ‐かぜ【朝風】

朝吹く風。

日の出後、気圧の関係で陸上から海上へ、また、山頂から谷へ吹く風。⇔夕風


艦艇(護衛艦「たちかぜ」型)

168「たちかぜ」 169「あさかぜ」 170「さわかぜ」
 
基準排水量
  3,850t(さわかぜ3,950t)
主要寸法
  143x14.3x9.0x4.6m
長さ、幅、深さ喫水
船型
  甲板
機械
  タービン2基2軸
馬 力
  60,000PS
速 力
  32kt
主要兵装
  高性能20ミリ機関砲x2
54口径5インチ単装速射砲x2
誘導弾発射装置x1
アスロックx1
連装魚雷発射管x2
定 員
  250名(さわかぜ255名、たちかぜ230名)

あさかぜ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/11 15:24 UTC 版)

あさかぜ朝風ローマ字:Asakaze)




「あさかぜ」の続きの解説一覧

あさかぜ

出典:『Wiktionary』 (2016/11/19 04:42 UTC 版)

名詞

あさかぜ朝風

  1. 朝に吹く風。
  2. 日の出の後に海岸においてはから海に、山地においては山頂から谷に吹く風。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あさかぜ」の関連用語

あさかぜのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あさかぜのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
青函フェリー青函フェリー
Copyright(C)2021 ,SEIKAN-FERRY, All rights reserved.
海上自衛隊海上自衛隊
Copyright (C) JMSDF. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあさかぜ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのあさかぜ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS