カタールとは? わかりやすく解説

カタール【Qatar】


カタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 04:39 UTC 版)

カタール国(カタールこく,アラビア語: دولة قطر‎,[ˈqɑtˤɑr])、通称カタールは、中東西アジアに位置する立憲君主制国家首長サーニー家首都ドーハ[3]アラビア半島東部のカタール半島のほぼ全域を領土とする半島の国で、面積は日本秋田県と同程度の1万1,427km2。周囲をペルシア湾に面する。南はサウジアラビア国境を接し、ペルシャ湾を挟んで北西はバーレーンに、北はイランに、東はアラブ首長国連邦(UAE)に向かい合う。国土の全域が砂漠気候にあり、年間降水量は約100ミリ。


注釈

  1. ^ 後にカタール石油会社 (Qatar Petroleum Company, QPC) に改称。

出典

  1. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e [1] 2021年10月13日閲覧。
  3. ^ カタールの概要”. 在カタール日本国大使館 (2017年8月16日). 2018年1月7日閲覧。
  4. ^ 但しカタール人の英語能力指数は46.79 (2019年)ととても低い評価となっている
  5. ^ “カタール、OPECを来年1月1日付で脱退-エネルギー相”. bloomberg.co.jp. ブルームバーグ. (2018年12月3日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-03/PJ5DSM6JIJUR01 2018年12月3日閲覧。 
  6. ^ Member Countries”. 石油輸出国機構. 2019年10月20日閲覧。
  7. ^ カタール基礎データ | 外務省
  8. ^ カタール、評議会選挙を実施へ”. 日本経済新聞 (2011年3月1日). 2021年10月3日閲覧。
  9. ^ カタール初の国政選挙、女性当選者ゼロ”. AFP通信 (2021年10月3日). 2021年10月3日閲覧。
  10. ^ a b c 前田高行『カタル・サーニー家の構図 』(2002年12月22日)
  11. ^ “Qatari Amir unveils new cabinet set-up”. Kuwait News Agency. (2013年6月26日). http://www.kuna.net.kw/ArticleDetails.aspx?id=2319169&language=en 2013年6月28日閲覧。 
  12. ^ カタール国 要人往来日本国外務省
  13. ^ 輝くアラブ女性のシンボル:モーザ王妃
  14. ^ “タリバンがカタールに事務所設置―米国などと暫定合意”. 『ウォール・ストリート・ジャーナル』. (2012年1月4日). http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-369716.html 
  15. ^ 欧州諸国「カタール詣で」 タリバンとの対話で頼みに”. 産経新聞 (2021年9月3日). 2021年9月9日閲覧。
  16. ^ カブール空港、国内線が再開 カタール支援”. 朝日新聞 (2021年9月6日). 2021年9月9日閲覧。
  17. ^ イラン包囲網にトランプ外遊 突然ではない? サウジのカタール断交 THE PAGE(2017年6月7日)2017年6月7日閲覧
  18. ^ “中東主要国が「テロ支援」でカタールと断交、イラン反発”. ロイター. (2017年6月6日). http://jp.reuters.com/article/quatar-gulf-tie-idJPKBN18W0D7 
  19. ^ サウジとカタール、国境の再開で合意 断交から3年半”. CNN (2021年1月5日). 2021年1月6日閲覧。
  20. ^ カタールと国交回復 サウジなど4カ国、対イラン結束重視”. 時事通信 (2021年1月5日). 2021年3月6日閲覧。
  21. ^ 鈴木一人 (2018年10月28日). “中東におけるユニークな存在としてのカタール:朝日新聞GLOBE+” (日本語). 朝日新聞GLOBE+. 2022年5月25日閲覧。
  22. ^ 中東秩序「米抜き」加速も トルコと湾岸諸国が接近:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム (2021年11月28日). 2022年5月25日閲覧。
  23. ^ 新オスマン主義」『読売新聞』朝刊2017年4月26日
  24. ^ “Qatar, US stage joint military exercise in crisis-hit Doha”. Press TV. (2017年8月22日). https://www.presstv.com/Detail/2017/08/22/532587/Qatar-US-Doha-military-exercise-Friendship-Jump-Colonel-David-Keesy 2018年10月4日閲覧。 
  25. ^ “SCO receives membership requests from Qatar, Bahrain”. インテルファクス通信. (2017年12月5日). https://www.interfax.kz/?lang=eng&int_id=21&news_id=28540 2017年12月23日閲覧。 
  26. ^ “China's Growing Security Relationship With Qatar”. The Diplomat. (2017年11月16日). https://thediplomat.com/2017/11/chinas-growing-security-relationship-with-qatar/ 2017年12月22日閲覧。 
  27. ^ “イラン、中ロ主導組織加盟へ 上海協力機構が合意”. 日本経済新聞. (2021年9月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR14ASP0U1A910C2000000/ 2021年9月18日閲覧。 
  28. ^ “PLA's goose-stepping highlight of Qatari National Day military parade”. 人民網. (2017年12月20日). http://en.people.cn/n3/2017/1220/c90000-9306770.html 2017年12月22日閲覧。 
  29. ^ “Qatar Parades New Chinese Short-Range Ballistic Missile System”. The Diplomat. (2017年12月19日). https://thediplomat.com/2017/12/qatar-parades-new-chinese-short-range-ballistic-missile-system/ 2017年12月22日閲覧。 
  30. ^ a b IMF2016年1月2日閲覧。
  31. ^ 県民経済計算日本国内閣府 2016年1月2日閲覧
  32. ^ 「1人あたりの国民総所得(GNI)の多い国」日本国外務省
  33. ^ “「世界で最も裕福な国」はカタール=日本はSP、香港にも及ばずトップ10外―米誌”. Record China. (2012年2月28日). http://www.recordchina.co.jp/b59110-s0-c30.html 2017年12月22日閲覧。 
  34. ^ 日本国勢図会』2009/2010年版より。
  35. ^ 「カタールQP、ガス田開発加速」『日経産業新聞』2020年1月10日(グローバル面)
  36. ^ 中島翔哉、カタール1部に移籍 移籍金43億は日本選手最高日本経済新聞 2019年2月4日
  37. ^ 小林祐希がカタール挑戦! ベルギー1部ベフェレンがアルホール移籍を発表 ゲキサカ 2020年9月22日付
  38. ^ 「カタール見習騎手招待レース」国分 優作騎手の騎乗結果”. 日本中央競馬会 (2012年3月2日). 2013年2月26日閲覧。
  39. ^ 嶋田 純次騎手がカタール見習騎手招待レースに参加”. 日本中央競馬会 (2013年2月15日). 2013年2月26日閲覧。



カタール(1916 - 1971年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 09:47 UTC 版)

日本が承認していない国一覧」の記事における「カタール(1916 - 1971年)」の解説

1916年からイギリス保護国であった1971年独立宣言とともに国家承認

※この「カタール(1916 - 1971年)」の解説は、「日本が承認していない国一覧」の解説の一部です。
「カタール(1916 - 1971年)」を含む「日本が承認していない国一覧」の記事については、「日本が承認していない国一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カタール」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カタール

出典:『Wiktionary』 (2021/03/02 07:26 UTC 版)

固有名詞

  1. 西アジア位置する立憲君主制国家

「カタール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



カタールと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「カタール」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カタールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カタールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカタール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本が承認していない国一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカタール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS