制空とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 制空の意味・解説 

制空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/28 16:50 UTC 版)

制空』(原題『Il dominio dell'aria』) とは、ジュリオ・ドゥーエイタリア)の著書。1921年発刊。航空戦力の本質を攻勢として空中からの決定的破壊攻撃を説いたドゥーエの『制空』は1927年ごろには世界的反響を生んだ[1]。ドゥーエやウィリアム・ミッチェルに代表される制空獲得、政戦略的要地攻撃を重視する戦略には戦略爆撃部隊の保持が好ましく、1930年代には技術的にも可能となり、列強は分科比率で爆撃機を重視するようになった[2]


  1. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで233頁
  2. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで373頁
  3. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで 553頁
  4. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで59、233頁
  5. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書9-10頁


「制空」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「制空」の関連用語

制空のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



制空のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの制空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS