有権者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 有権者の意味・解説 

ゆうけん‐しゃ〔イウケン‐〕【有権者】

読み方:ゆうけんしゃ

権利をもっている人。特に、選挙権をもっている人。

権力をもっている人。

「有権者」に似た言葉

有権者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 01:47 UTC 版)

有権者(ゆうけんしゃ、英語: Voter/Elector)とは、ある物事において権利を所有している者の総称である。特に選挙権を有する者を指すことが多い。




「有権者」の続きの解説一覧

有権者(エレクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 00:10 UTC 版)

アッチェレランド (小説)」の記事における「有権者(エレクター)」の解説

移民により木星上のハビタット徐々に人口増加させていた。そんな中アンバーアネットジャンニマンフレッド達は選挙運動開始していた。その目的は、不埒な子孫(ヴァイル・オフスプリング)の蹂躙から逃げるために、ルーター・ネットワークへの再度旅に出るという計画を掲げ加速党を勝利させるためである選挙では保守派勝利しアンバー負けるが、ルーター・ネットワークの探索マッピングを行うことを条件に、ロブスター巨大船に乗り込み太陽系脱出する

※この「有権者(エレクター)」の解説は、「アッチェレランド (小説)」の解説の一部です。
「有権者(エレクター)」を含む「アッチェレランド (小説)」の記事については、「アッチェレランド (小説)」の概要を参照ください。


有権者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 20:23 UTC 版)

1832年改革法」の記事における「有権者」の解説

ヘンリー6世の治世にあたる1430年1432年法律制定されカウンティ選挙区投票権資格規定統一されたこれらの法律により、特定のカウンティにおいて40シリング以上の価値のある所有不動産英語版)(freehold property)または土地を所有する人物はそのカウンティ選挙区投票権有したいわゆる40シリング自由保有権英語版))。しかし、40シリングという規定はインフレーションによる調整なされず時代が下るごとに投票権必要な土地面積小さくなっていった。また、有権者は男性制限されたが、これは制定法による規定ではなく慣習法に基づいており、女性不動産所有者として総選挙投票した例も稀ながら存在したいずれにしてもイギリス国民大半投票権がなく、イングランドのカウンティ選挙区の有権者数は1831年時点ではわずか20万人だった。さらに、カウンティごとの有権者数も大きく異なっており、ラトランド選挙区英語版)とアングルシー選挙区英語版)では1千人未満だったがヨークシャー選挙区英語版)では2万人以上だった。選挙区居住しているという要件存在しなかったため、複数選挙区不動産所有する人物複数回投票する英語版)ことができた。 一方バラ選挙区ではカウンティ選挙区のように投票権資格規定統一されることはなく、大まかに下記の6種類にわかれる。 自由市民freeman)に投票権与え選挙区町税英語版)(scot and lot)を支払っている人物限定している選挙区市民借地権英語版)(burgage)に基づき資産所有している人物限定する選挙区都市団体corporation)の成員限定する選挙区都市団体成員選出パトロン1人の「懐中」にある場合がほとんどだったため、このような選挙区はほとんどが懐中選挙区である。 男性世帯主限定する選挙区。「世帯主」の定義を炊事のできるかまどまたはストーブ有する一室占有する者」としている選挙区がほとんどだったため、このような選挙区は鍋持(英語版バラ(potwalloper borough)と呼ばれた土地を所有する人物限定している選挙区バラ選挙区一部ではこれらの規定複数採用しており、また特定の選挙区でのみ適用され規定例外多かったため、実際にはバラ選挙区投票権資格規定は全くのバラバラである。 最も大きなバラ選挙区であるウェストミンスター選挙区英語版)の有権者数は約1万3千人であり、一方で小規模なバラ、特に腐敗選挙区では100人未満だった。最も有名な腐敗選挙区はオールド・サラム選挙区英語版)であり、この選挙区では13の市民借地権があったため必要な場合に有権者を「作る」こともできたが、一般的には6人ほどで十分とされた。それ以外腐敗選挙区にはダニッチ選挙区英語版)(有権者数32)、キャメルフォード選挙区英語版)(有権者数25)、ガットン選挙区英語版)(有権者数7)が挙げられる隣国フランス比較すると、1831年時点フランス人口が3,200で、イングランドウェールズスコットランド合計である1,650の約2倍だった(アイルランドでは約780)。しかし、有権者数ではフランス165千イギリス439千だった。フランス1848年男子普通選挙導入した

※この「有権者」の解説は、「1832年改革法」の解説の一部です。
「有権者」を含む「1832年改革法」の記事については、「1832年改革法」の概要を参照ください。


有権者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 03:44 UTC 版)

民主党代表選挙」の記事における「有権者」の解説

任期満了に伴う代表選挙は、党所属国会議員国政選挙公認候補予定者党籍有する地方自治体議員党員およびサポーター日本国民である者が有権者となって行う(党規約11条4項、党代表選挙規則4条1項)。

※この「有権者」の解説は、「民主党代表選挙」の解説の一部です。
「有権者」を含む「民主党代表選挙」の記事については、「民主党代表選挙」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「有権者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「有権者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



有権者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

有権者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



有権者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有権者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアッチェレランド (小説) (改訂履歴)、1832年改革法 (改訂履歴)、民主党代表選挙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS