水域とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 範囲 > 水域の意味・解説 

すい‐いき〔‐ヰキ〕【水域】

水面上の一定の区域。「危険—」


水域

作者椎名誠

収載図書ねじのかいてん
出版社講談社
刊行年月1989.2

収載図書ねじのかいてん
出版社講談社
刊行年月1992.2
シリーズ名講談社文庫

収載図書日本SF大逆襲!
出版社徳間書店
刊行年月1994.11

収載図書の中の渦巻星雲超常小説ベスト・セレクション
出版社新潮社
刊行年月1997.4


水域

作者遠矢徹彦

収載図書短篇小説十二面体アンソロジー
出版社新日本文学会出版部
刊行年月2003.5

収載図書ぺちゃんこにプレスされた男の肖像
出版社審美
刊行年月2004.3


水域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 01:42 UTC 版)

水域(すいいき)とは、に関わる地理的な領域である。


注釈

  1. ^ 攻め方(徳川家康軍)に埋め立てられてしまったことで防衛線が大きく崩れ、落城豊臣氏滅亡に繋がった。
  2. ^ 戸田孝(滋賀県立琵琶湖博物館学芸員) (2000年3月23日). “滋賀県域と琵琶湖集水域の一致”. 戸田孝の私設琵琶湖博物館(個人ウェブサイト). 個人. 2011年9月25日閲覧。
  3. ^ プレジャーボート等(モーターボートヨット水上オートバイなど)と水域利用者との間で発生する水難事故の防止措置として、利用可能とする範囲を定めて遊泳区域等の進入禁止区域と区別する目的で設置される水域。cf. 蘭島海水浴場#遊泳区域外
  4. ^ 河岸(かし)との混同に注意。
  5. ^ 直径2mm未満のが半分以上を占める浜。
  6. ^ 直径2mm以上のが半分以上を占める浜。俗には「石浜」とも呼ばれる。

出典

  1. ^ 亀山哲 (2003年10月). “流域環境の保全とGIS”. (公式ウェブサイト). 国立環境研究所. 2011年9月25日閲覧。:国立環境研究所ニュース22巻4号 平成15年(2003年)10月発行。
  2. ^ 危険水域(キケンスイイキ)とは - コトバンク
  3. ^ 危険水域とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書
  4. ^ 公共用水域と測定地点について - 用語解説”. 水環境総合情報サイト[1]. 環境省. 2011年9月25日閲覧。
  5. ^ 産業港湾部観光振興室: “北海道プレジャーボート等の事故防止等に関する条例施行規則”. (公式ウェブサイト). 北海道 (2011年). 2011年9月25日閲覧。


「水域」の続きの解説一覧

水域

出典:『Wiktionary』 (2020/08/24 10:50 UTC 版)

名詞

 すいいき

  1. 水面一定区域
  2. 比喩領域

関連語


「水域」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



水域と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

水域のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



水域のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの水域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS