伏流水とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > > 伏流水の意味・解説 

伏流水

地下水一つで、河川湖沼の底または測部の砂れき層中を流れ

伏流水・表流水

河川底部または側部などの砂礫層を潜伏して流れている水のことをいいます。つまり、河のように表面流れているのが表流水で、河床河川敷の下を流れているのが伏流水です。伏流水は地中で自然のろ過が行われるため、表流水比べ水質良好です。

伏流水 (ふくりゅうすい)

地上流水地下一時もぐって流れるものをいいます。扇状地砂漠といった、粒の粗い砂や土の場所でよく見られます。

関連項目

伏流水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/08 21:09 UTC 版)

伏流水(ふくりゅうすい)とは、河川敷や旧河道の下層にある砂礫層、あるいは化石谷内の砂礫層中を流れている地下水(土壌水)で、地表の河川との水理的な関係が強いものをいう[1][2][3]






「伏流水」の続きの解説一覧



伏流水と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伏流水」の関連用語

伏流水のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



伏流水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サムシングサムシング
Copyright (c) 2021 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2021 京浜河川事務所 All rights reserved.
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2021,Hofu Virtual Site Museum,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伏流水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS