水神とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > > 水神の意味・解説 

すい‐じん【水神】

つかさどる神。飲み水や田のなどを支配する神。水伯


み‐な‐かみ【水神】

《「な」は「の」の意の格助詞つかさどる神。すいじん

「—に祈るかひなく涙川うきても人をよそに見るかな」〈後撰・恋一〉


すい‐じん【水神】

〔名〕 つかさどる神。水の神水伯(すいはく)。

菅家文草900頃)五・左金吾相公、於宣風坊臨水亭餞別奥州刺史城門存慰嘱関吏、江渡平安水神

歌謡姫小松(1705‐06)下「川にはすいじん谷には木霊(こだま)」〔史記‐始皇本紀


み‐な‐かみ【水神】

〔名〕 (「な」は「の」の意) つかさどる神。水の神すいじん

後撰(951‐953頃)恋一・五八五「みな神に祈るかひなく涙河うきても人をよそに見る哉〈よみ人しらず〉」


水神


すいじん 【水神】

水の神は火と共に人間生活に欠かせないものであり、農耕とも関係深いので、古くから信仰対象とされたのは東西同じである。トロイア人スカマンドロス川の聖力を信仰して牛馬供犠として深みに投じ、ガンジス川人々沐浴するなど、例は枚挙に遑がない海神に対しても同じである。日本夏祭にも水神にちなむものが多く祇園津島天王祭疫病払い)などその代表といえる植物繁茂させるので、人にも多産もたらすとして、子授け安産守神ともする。

水神

読み方すいじん

つかさどる神のことです。我が国では古くから稲作文化があることから、への関わり深く水神への信仰が厚いのです。蛇行して流れることからや龍を水の化身としているところが多いようです

水神

神社名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。

水神

作者藤木稟

収載図書怪談花月夜綺譚
出版社ホーム社
刊行年月2004.8

収載図書怪談花月夜綺譚
出版社集英社
刊行年月2007.9
シリーズ名集英社文庫


水神

作者森見登美彦

収載図書きつねのはなし
出版社新潮社
刊行年月2006.10


水神


水神

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

水神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/11 14:00 UTC 版)

水神(すいじん、みずがみ)は、(主に淡水)に関するの総称である。




「水神」の続きの解説一覧

水神

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 03:10 UTC 版)

名詞

  (すいじん)

  1. 水の神

関連語




水神と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水神」の関連用語

水神のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



水神のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
住吉大社住吉大社
Copyright (C) 2021 sumiyoshitaisha. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水神 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの水神 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS