後撰とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 後撰の意味・解説 

後撰和歌集

(後撰 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 05:59 UTC 版)

後撰和歌集』(ごせんわかしゅう)は、村上天皇の下命によって編纂された二番目の勅撰和歌集。体裁は『古今和歌集』に倣い、春(上・中・下)、夏、秋(上・中・下)、冬、恋(六巻)、雑(四巻)、離別(附 羇旅)、賀歌(附 哀傷)の20巻からなり、総歌数は1425首。離別歌と羇旅歌とを、賀歌と哀傷歌とを併せて収めた所が独特である。


  1. ^ 源順 『本朝文粋 巻十二 奉行文』、pp.342.新日本古典文学大系本。
  2. ^ 「後撰和歌集 藤原定家天福2年書写本書入定家勘物」、p.443.『新日本古典文学大系本』。
  3. ^ 奥村恒哉校注・解説「八代集 1」、平凡社東洋文庫参照。
  4. ^ 山口博 『王朝歌壇の研究』、桜楓社。
  5. ^ 村瀬敏夫 『平安朝歌人の研究』、新典社研究叢書、1994年。
  6. ^ 片桐洋一 (1990)


「後撰和歌集」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「後撰」の関連用語

後撰のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



後撰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後撰和歌集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS