続後撰和歌集とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 和歌 > 和歌集 > 続後撰和歌集の意味・解説 

しょくごせんわかしゅう -わかしふ 【続後撰和歌集】

第一〇番目の勅撰和歌集。二〇巻。後嵯峨上皇の命で、藤原為家が撰に当たる。1251年成立。約一三七〇首。平淡歌風。続後撰集。続後撰

続後撰和歌集

読み方:ショクゴセンワカシュウ(shokugosenwakashuu)

鎌倉時代勅撰和歌集


続後撰和歌集〈上下/藤原為家筆〉

主名称: 続後撰和歌集〈上下藤原為家筆〉
指定番号 2406
枝番 00
指定年月日 1984.06.06(昭和59.06.06)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 建長七年五月十六日書写奥書
員数 1帖
時代区分 鎌倉
年代
検索年代
解説文:  『続後撰和歌集』(二十巻)は、後嵯峨院勅命藤原為家一一九七-一二七五)が建長三年一二五一)に撰進した勅撰和歌集で、本帖はその撰者為家が建長七年一二五五)に書写した撰者自筆本である。
 体裁綴葉装表紙藍紙の旧表紙で「續後撰和謌集〈上下/〉」と墨書外題がある。本文は「續後撰和謌集巻第一」と首題を掲げ、半九~十一行、和歌一首一行書き詞書三字下げ書写している。文中にはまま墨書訂正がある。帖末には「建長七年五月十六日中風右筆懇終書写之功/特進亜相戸部尚書藤原花押)」と為家の書写奥書があり、ついで老筆で為家が記した校合奥書、および文永二年(一二六五)四月の子息為相への付属奥書があって、本帖が撰者為家の自筆本であること、その後為家が奏覧本校合し、為相に譲与した証本であることを明らかにしている。『続後撰和歌集』は古写本伝存少なく、本帖は伝存稀な撰者自筆本としてその価値が高い。
重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  足利義満筆額字  続華厳略経疏刊定記  続古今集  続後撰和歌集  続高僧伝  続詞花和歌集  続日本紀

続後撰和歌集

読み方:ショクゴセンワカシュウ(shokugosenwakashuu)

分野 和歌集

年代 鎌倉中期

作者 藤原為家〔撰〕


続後撰和歌集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/18 09:10 UTC 版)

続後撰和歌集』(しょくごせんわかしゅう)は、後嵯峨上皇の命により宝治二年(1248)七月二十五日、奉勅。建長三年(1251)十月二十七日、奏覧された10番目の勅撰和歌集。撰者は藤原為家。20巻。歌人は藤原定家藤原俊成後鳥羽上皇、後嵯峨上皇などでおよそ1400首を納める。






「続後撰和歌集」の続きの解説一覧



続後撰和歌集と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「続後撰和歌集」の関連用語

続後撰和歌集のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



続後撰和歌集のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの続後撰和歌集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS