ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクターとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクターの意味・解説 

ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/04 16:35 UTC 版)

ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター(ゲゲゲのきたろうのとうじょうキャラクター)とは、水木しげる漫画作品およびそれを原作とするアニメ、映画『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する架空のキャラクター(その大半は伝承上の妖怪で占められている)の一覧。貸本劇画版である『墓場鬼太郎』に登場した人間・妖怪などについては墓場鬼太郎の登場人物を参照。アニメや映画といった映像化作品それぞれで設定が微妙に異なり、原作に於いても別の話と矛盾する設定が出てくる場合もある。




  1. ^ 第5作も最初期は若干デザインが安定しておらず、初代オープニングは髪型も顔も本編と全く異なる別個体が登場していた。
  2. ^ 描かれたのは『がしゃどくろ』が先だが、鬼太郎との出会いは『大百足』で描かれた。
  3. ^ 武良布枝『ゲゲゲの女房』によると、沖縄へ旅行した水木の母がシーサーを気に入り、「鬼太郎に登場させろ」と強く要望したため、新レギュラーとして登場することになったという。
  4. ^ 声は第3作でレギュラー担当した山本圭子が、再び砂かけ婆と兼務で演じるが、5作では砂かけのようにレギュラー扱いにはなっていない。
  5. ^ 原作では後述のように「妖怪大戦争」以降、老婆に近い容姿の魔女が頻繁に登場。対してアニエスはアニメ第6作で鬼太郎の仲間として大幅にアレンジされ、キャラクターとしてはほとんどオリジナルの存在である。
  6. ^ ねずみ男に関してはアニエスに対する嫉妬や去年のことで今年の慰安旅行に行けなかった八つ当たりも含んでいた。
  7. ^ たくろう火、雨降小僧、ろくろ首、唐傘、あかなめも本心ではアニエスに悪いと思いつつも仕方なくねずみ男に賛同せざるを得なくなった。
  8. ^ 事件を起こしている吸血妖怪として、目玉おやじはおどろおどろの名を挙げるが、もう現れる事は無い為日本妖怪では無いとし、アニエスはペナンガランやアササボンサンの可能性を考慮するも、牙の跡を残さないため事件の犯人ではないと判断した。
  9. ^ 原作の「妖怪大戦争」以降頻繁に登場する老婆に近い容姿の魔女の設定をベースに、アニメ第6作で妹のアニエスと同様の大幅なアレンジをされたアニメのオリジナルキャラクターに近い存在である。
  10. ^ 原作『妖怪反物』をベースにした第3作劇場作品『最強妖怪軍団!日本上陸!!』予告では、体が赤く見た目も若干異なっていた。
  11. ^ ネコ娘には「失礼ね。レディのお尻を何だと思ってるの?」とどやされる。
  12. ^ この際、ねずみ男に「今度泥棒やるときは、一緒に組もうぜ」と持ち掛けられずっこけた。
  13. ^ 声は浅野真澄がミウと二役している。
  14. ^ 酒呑童子の幼名も伊吹童子とされている
  15. ^ もう一方の半身(肉体)は地獄に置いた状態。
  16. ^ 伊吹丸以外の3体はいずれも鬼太郎や零に肉体を撃破され魂のみの状態にされて地獄へ再度連行されているが、伊吹丸のみ唯一「肉体と魂」の2つを地獄へ連行されているため、片側(肉体)を地獄へ留める形で、もう片側(魂)を現世へ行くことが許可された。
  17. ^ ゲゲゲの鬼太郎90’BOX付属ブックレットの宇田鋼之介インタビューによれば、シナリオ段階では台詞があったが、コンテで喋れない演出に変更された。
  18. ^ 同時期に発売された玩具の仕掛けだが、直前ねずみ男と彼の人形が猫娘とすねこすりに引っ掻かれたり鬼太郎が呆れ顔で開けたりしたことから、ねずみ男が何らかの悪戯をしたとも取れる。この模型は第1エンディングのラストにも登場。
  19. ^ 他にも真紀(まき、声 - 神田朱未)という女子塾生も消されていた。
  20. ^ 最終回のエピローグである10年後ではロングヘアで左肩の前に髪を垂らしているが、前髪はそのまま。
  21. ^ まなの正義感の強さを疎ましく思う山根 香凛(やまね かりん、声 - 山根綺)のような陰険な同級生もいる。
  22. ^ 母方の曾祖母が拝み屋という職業を通じて見えない世界と縁を持っていたことも知らず、48話でその事実を父から教えられる。
  23. ^ 「これってアルカナの指輪? …まさかね」と拾って、周囲に人がいなかったので装飾の美しさから「(警察へ届ける前に)ちょっとだけ良いよね」と珍しくイタズラ的な笑みを浮かべて軽い気持ちで指に嵌めたところが、抜けなくなってしまった。
  24. ^ ねこ娘は普段の状態で近づいたが、名無しがテレパシーでまなに「妖怪と人間は友達になれない」と洗脳を掛け、日頃頼もしく思っている猫化した時の表情がまなの脳裏に瞬間的にイメージされ、まなはこの時だけは恐怖を感じてしまった。
  25. ^ 鬼太郎たちが閻魔大王に頼んで地獄から呼び戻した都合もあって、ひとまず幼女の時の姿にまで戻って復活したため、まなは驚いていた。また、この時は「まなねーたん」と呼ばれて抱きつかれるなど、普段と立場が逆転していた。
  26. ^ この一件に鬼太郎たちが関わることになったのは名無し騒動もきっかけの一つになったことから、二度とねこ娘とまなを悲しませて笑顔を無くさせたくないという鬼太郎の考えで、密約の件はしばらく秘密にされていた。
  27. ^ ただし、小学館の「鬼太郎大百科」では鬼太郎の誕生の記述で原作者キャラとの関連が示唆されてもいた。もっとも原作者・水木しげるの本名は武良茂で「水木」はペンネームなので、原作者キャラも設定的に鬼太郎を育てた水木と関連があっても本名としては同姓でない事となる。
  28. ^ 書斎の掛け軸には安倍晴明らしき陰陽師が描かれている。
  29. ^ 第101話の脚本を書いた京極夏彦のDVD-BOX『ゲゲゲBOX 90's』ブックレット3頁に記載されたインタビューによると、当初は妖怪王編のラスト(第99話)でぬらりひょんは死ぬ予定だったのだが、それを知らされていなかった京極が書いた脚本にぬらりひょんが登場していたため、急遽生き残ることになったとの事。
  30. ^ 京極もこの脚本依頼をイベントとして捉え、『マジンガーZ対デビルマン』などのVSものを意識して執筆したと特集ムックなどで述べている。
  31. ^ ねこ娘と同じ半妖怪なので「ねずみ男」の名前に因んだうえで、ねこ娘と類似系の変わり方をする可能性は示唆される。
  32. ^ ただし、ネコ娘も体型面では年齢相応に幼いユメコより成人女性に近いスタイルの良さから、ユメコと異なりセクハラ被害を被ることが多い。
  33. ^ 「一つ目坊」「ムジナ」「ラ・セーヌ」等他の妖怪の魂がどうなったかは不詳。「化け火」は第78話で、つるべ火や姥ヶ火と共に魍魎退治に参戦しているが、こちらも零から解放されたのか別個体かは言及されていない。
  34. ^ 名字の「桃山」は担当声優である祖山桃子の名前にちなんで、演出を手掛ける角銅博之が考案した。角銅博之‏@kakudou”. 2018年9月23日閲覧。
  35. ^ 第8話のみ単に「女子生徒」として、声も元吉有希子が担当。
  36. ^ ただし、目玉おやじやねこ娘の事はまなから聞かされていて、ねずみ男の事も出会うまでは知らなかった。
  37. ^ まなは鬼太郎に「妖怪の世界と人間の世界は交わっちゃいけない」と忠告されていたことから話すのは控えようとしていたが、裕太のおねだりに負けて約束を破り話してしまった。
  38. ^ ただし、まなは裕太同様に妖怪を信じるようになって縁も深まっていくが、ゲゲゲの森へ入れるまでには裕太より時間が掛っている。
  39. ^ 妖怪横丁でアマビエたちと遊んでいた際、髪を下ろしていた。なお、この作品のポスターで鬼太郎に守られている姿においても髪を下ろした状態だった。
  40. ^ アニメ第6作では、喫茶店「ザ・パリティ」として何回か登場している(支配人の姿などは本編で直接描かれておらず、過去に吸血木で植木が作られるような事などがあったかも不詳)。
  41. ^ 決裂以前にも、キュウリ搬入に来てオフィス内を目撃した青果店の人間2名、郷原の指示で用済みとなったねずみ男の尻子玉を抜いた。
  42. ^ 直接抜く描写は無いが、尻子玉を抜かれて腑抜けになった人間の女性もいる。
  43. ^ 腑抜けの鬼太郎の代わりに戦おうとするが、「女だからって容赦はしねえぞ」と戦闘ではなく尻子玉を抜こうと集団で向かってきたので、恥ずかしがって尻を抑えながら「変態、来るな」と逃亡した。
  44. ^ 太郎丸だけは砂かけ婆に世話になった恩義から「あなたからは尻子玉を抜きたくない」と躊躇し抜きたがらなかったが、他の河童は躊躇なく抜こうと追いかけ回した。
  45. ^ 第77話で判明。初登場時は単に「雪女」と呼称されていた。
  46. ^ 鬼太郎は自力で脱出して自分の複製と戦う、砂かけ婆と子泣き爺は同時に呑み込んだ為「子泣き婆」「砂かけ爺」が誕生。
  47. ^ 鬼太郎のコマは目玉おやじ。
  48. ^ 鬼太郎はとっさにねずみ男をコマにするがあっけなく敗れる。
  49. ^ 鬼太郎の青年期を描いた『続ゲゲゲの鬼太郎』の「猫娘の巻」で、怪奇女子大の不思議学科に在籍する女子大生の猫娘が登場。両頬にねずみ男のような髭を生やし、豪華なコートを着込み、かなり高慢な性格となり、鬼太郎親子と一緒にいたねずみ男を追い払うが、逆にねずみ男の罠にもはまり、古書の中に吸い込まれて姿を消した。さらにその後の『新ゲゲゲの鬼太郎』で、鬼太郎と同じ墓の下高校の生徒として別の猫娘が登場。こちらは『続』とは外見が大きく異なり、マガジン版と同じワンピース姿で前髪を左右に分けて後ろ髪をおさげにしていて、『ゲゲゲの鬼太郎挑戦シリーズ』の「地上絵の秘密」にも登場し、1980年に劇場で上映されたアニメ第2作第37話の再編集版『ゲゲゲの鬼太郎 地相眼』(第2作DVD-BOXに収録)用に描き下ろされたカットや、同年に小学館より刊行の『鬼太郎大百科』でも一部おさげ髪のねこ娘のイラストがあることから、マガジン版とアニメで現在まで定着して認知されているおなじみの「ねこ娘」と同一人物らしきことも示唆されている。そのため逆算的に消息不明となった女子大生猫娘の方が、(ねずみ男に襲い掛かる際の仕草も似た描写が成されているなど)サンデー版以降登場しなくなった猫子の可能性も暗示されているが、女子大生の方もあくまで「猫娘」としか名乗っていなかったため、こちらが猫子の成長した姿(同一人物)だったかは不詳なままである。
  50. ^ なお、この話で猫ショウに若さを奪われた少女・ヒトミ(声 - 冨永み~な)は、第4作の人間で唯一ゲゲゲの森への立ち入りが描かれた。
  51. ^ エンディングでは、田中雪弥と誤表記されている。
  52. ^ 黒須は30年前の騒動で当時の社長だった父親を亡くし、自身も右目を失う怪我を負っており、鬼太郎とも面識があった。
  53. ^ 黒須は30年前の事件で妖怪を憎んでいたが、子を持つ父親となったことで、子供たちの未来を作るために何としても工事を成功させたいという強い信念を持っていた(死亡した父親も同様の思いを持っていた)。
  54. ^ 発端の工事もぬらりひょんが進めていたもので、全てはぬらりひょんのマッチポンプだったことに最後まで気づかなかった。その後は登場せず、妖怪大同盟に加わった描写もない。
  55. ^ ねずみ男が「キャラが作れていない」「ちょっとした手品」などと誤魔化して止めに入ったため、かみなりに攻撃されていた。
  56. ^ 鬼太郎親子なじみの高木洋菓子屋の息子のシンジ(声 - 岸尾だいすけ)、居酒屋の息子(声 - 小西克幸)、野球選手の打田(うちだ、声 - 田中一成)、サッカー選手の蹴原(けりはら、声 - 増谷康紀)。
  57. ^ 第2作とは異なり、外気に触れても死ぬことは無い。
  58. ^ ただし、雪姫にライターの説明をするときは訛っていなかった。
  59. ^ ハーフの読者モデルと言われるが、「クリスティーン」はペンネームで本名は「久美子(くみこ)」。ハーフでもない純日本人。
  60. ^ 作中では皿に乗ったシーサーを眠らせた。
  61. ^ 作中では互いを「お内裏」「お雛」と呼称していたが、本来の「内裏雛」は男雛と女雛の一組を指す。目玉おやじや猫娘、音声解説は男雛・女雛で呼んでいた。
  62. ^ ノンクレジット。公式Twitterでは「名無し(虚無)の声は身近に赤ちゃんがいる声優に兼ね役した」とツイートしている。「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)”. 2019年3月30日閲覧。
  63. ^ この呪いは、五芒星を象って刻まれているまなの感情が昂った際に強力な光と力を発し、まなの意志とは関係無く光を身に受けた麻桶毛やねこ娘を魂ごと消滅させてしまった
  64. ^ いわゆる水子。間引きされた赤ん坊の霊はノツゴという妖怪と化すとも伝えられており、正体が明かされた49話アイキャッチのノツゴはこれを暗示している。
  65. ^ 第1話で目玉おやじがまなに「見えてるものだけが全てじゃない。『見えないモノ』もおるんじゃ。その中には人の心の闇に惹かれる存在もおる。」と説明する際に、人間社会で人間たちには見えない複数の妖怪たちの姿がイメージとして描かれ、その中にスマホのネット情報から悪意のオーラを発してる人間たちに紫色の人魂に手がついた形態の後に判明する名無しの後ろ姿も既に描写されていた。
  66. ^ ふくの子孫で拝み屋だったまなの曾祖母は、その能力的に名無しの存在の認識と後の事態を予感していた事も示唆され、亡くなる間際の寝たきり状態だった時に生まれた曾孫に、事態を解決に導くためか「真の名」の意味を込めて命名したのが犬山まなであり、まなは自分の名前の由来を知ることで名無しに何をするべきか悟った。
  67. ^ ただし、46話でまなの学校にて雛人形に化けた麻桶毛の騒動が起きた際には全員姿を見せておらず、その後もまなの学校だけにずっと住んでいるのか別の学校へも転々としているのかは不詳。ぬりかべも10話以降はゲゲゲの森にいる描写がほとんどである。
  68. ^ ノンクレジット。庄司宇芽香‏@UMEMOMOKA”. 2018年6月3日閲覧。
  69. ^ a b c d ただし、第31話の最後に一瞬だけ登場している。
  70. ^ 第30話での初戦時で、ねこ娘に対して主であるバックベアードへ歯向かう「雑魚」呼ばわりをしていた事に対する、ねこ娘からの仕返し的な示唆もなされている。
  71. ^ 埋められた結界はまなによって掘り返され、遠隔魔法でアニエスが解き復活した。そのため、ちゃんちゃんこが動いていることに疑問を持ったラ・セーヌが砕いた結界はアニエスが作った偽物だった。
  72. ^ 一反木綿の隙を突いて彼に毒針を刺した。
  73. ^ 第3作では響ワタル(声 - 古川登志夫)、第5作では月野小夜子(声 - 折笠富美子)。
  74. ^ 例えば、「チ」「ン」…と本名を言いかけると、偶然スーパーの宣伝カーが「ポ」イント3倍セールを謳いながら通過したこともあった。なお、その歌声は第5作ネコ娘役の今野宏美が担当しており、この南方妖怪の5作目での名前は「ポ」だったため、それにちなんだ演出と配役の示唆が徳間書店『アニメージュ』2020年2月号、92頁の「ねこメージュ ニャニャニャ12号」などで指摘されてもいる。
  75. ^ アニメ版でのエンディングクレジットは社長。
  76. ^ ノンクレジット。「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)公式‏@kitaroanime50th”. 2019年1月13日閲覧。
  1. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎』講談社〈テレビマガジンデラックス〉、1986年。
  2. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎アニメ大百科』講談社〈ポケット百科〉、1986年。
  3. ^ 『おい!鬼太郎 甦るゲゲゲの鬼太郎80's アニメ完全設定資料集』メディアボーイ〈メディアボーイMOOK〉、2007年。他、公式監修関連書籍より。
  4. ^ 「『僕らの鬼太郎』を目指した1年間」『アニメージュ』2019年5月号、徳間書店、90頁。シリーズディレクターの小川孝治とプロデューサーの永富大地の対談で語られている。
  5. ^ 字幕やEDテロップのみ表記で、読みは不明。
  6. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎公式ガイドブック』講談社〈コミックボンボンスペシャル〉、1996年。
  7. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎大百科』勁文社〈ケイブンシャの大百科〉、1996年。他。
  8. ^ 『Oh(大)水木しげる展 図録』「水木しげるが生みだした奇想天外キャラクター集」。朝日新聞社刊。2004年
  9. ^ ノンクレジット。庄司宇芽香‏@UMEMOMOKA”. 2018年6月9日閲覧。
  10. ^ 目玉おやじ曰く「しぶといのぅ」と言っている。
  11. ^ a b 総合仏教大辞典 1988, p. 948-949.
  12. ^ 大日如来(だいにちにょらい)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2019年1月11日閲覧。
  13. ^ 佐々木卓『ゲゲゲの鬼太郎 謎全史』水木しげる監修、JTBパブリッシング、2002年、74-75頁。ISBN 978-4-533-04246-1
  14. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大事典』講談社〈ポケット百科〉、1985年。
  15. ^ フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 2』講談社、2003年。
  16. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎 TVアニメ DVDマガジン』第24巻(講談社・2014年)DVDパッケージのゲスト欄より(ただし、ノンクレジット)。
  17. ^ 「『地獄の四将編』が目指す鬼太郎自身のドラマ」『アニメージュ』2019年9月号、徳間書店、78頁。脚本担当の吉野弘幸がインタビューで語っている。
  18. ^ 角川書店『水木しげる80の秘密』「鬼太郎サーガの巧緻な秘密」68頁、他参照。
  19. ^ 水木しげる 『電子書籍版 鬼太郎大全集 14』 水木プロダクション、94頁。
  20. ^ 『電子書籍版 鬼太郎大全集 14』 247頁。
  21. ^ DVD-BOX『ゲゲゲBOX 80's』ブックレット88頁参照。


「ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター」の関連用語

ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS