一つ目小僧とは?

ひと つめ こぞう [6] 【一つ目小僧】

目が一つしかないという小僧姿の妖怪一本足としたり、事八日ことようか)に現れるとする地方が多い。目一つの神の信仰変化したものといわれる

一つ目小僧

読み方:ヒトツメコゾウ(hitotsumekozou)

目が一つしかない小僧姿の妖怪


ひとつめこぞう 【一つ目小僧】

日本の妖怪伝承一つ一つ目一本脚で、山野通りすがりの人を脅かすと恐れられるが、柳田国男は、祭祀一般人区別するため片目をつぶして神の一族とした時代名残とする。山の神鎮守神片目のことがあり、やがて神から妖怪に変わっていったともする。→ 片目

一つ目小僧

作者舟崎克彦

収載図書舟崎家の怪
出版社パロル舎
刊行年月1996.7


一つ目小僧

作者岡本綺堂

収載図書半七捕物帳 巻の4 〔詳註愛蔵版
出版社筑摩書房
刊行年月1998.9

収載図書半七捕物帳 2 半鐘の怪
出版社春陽堂書店
刊行年月1999.11
シリーズ名春陽文庫

収載図書半七捕物帳 3 新装
出版社光文社
刊行年月2001.11
シリーズ名光文社時代小説文庫


一つ目小僧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/30 14:07 UTC 版)

一つ目小僧(ひとつめこぞう)は日本妖怪で、額の真ん中にが一つだけある坊主頭の子供の姿をしている。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 多田 1998, p. 49
  2. ^ アダム・カバット校注・編 『江戸化物草紙』 小学館1999年、43頁。ISBN 978-4-0936-2111-3
  3. ^ 多田克己 『妖怪図巻』 京極夏彦・多田克己編、国書刊行会2000年、164-165頁。ISBN 978-4-336-04187-6
  4. ^ 平秼東作 「怪談老の杖」『奇談異聞辞典』 柴田宵曲編、筑摩書房ちくま学芸文庫〉、2008年(原著宝暦年間)、551-552頁。ISBN 978-4-480-09162-8
  5. ^ 川口芳昭編 『会津ふるさと夜話』2、歴史春秋社、1978年、28頁。
  6. ^ 佐藤米司 『岡山の怪談』 日本文教出版〈岡山文庫〉、1979年、42頁。NCID BA7625303X
  7. ^ 村上 2005, p. 5.
  8. ^ 柳田國男 『日本の伝説』 角川文庫1977年(原著1953年)、15版、65頁。NCID BN11519610
  9. ^ 村上 2005, pp. 274-276.
  10. ^ 村上 2005, p. 310.
  11. ^ a b c 柳田 1933, p. 86
  12. ^ a b 多田 1990, p. 281
  13. ^ 瀬谷区の民話と昔話 第十五話:一つ目小僧”. 横浜市瀬谷区 区政推進課. 2008年12月25日閲覧。
  14. ^ 山田敏之 (2007年6月29日). “第2回 『一眼国』と複眼思考 解説編”. 落語に学ぶ. ソニー教育財団. 2009年12月5日閲覧。
  15. ^ a b まめこぞうの旅 座間の歴史探検 第34話 一つ目小僧地蔵”. あなたの知らない座間がある 0462.net. 座間市商店会連合会 (2007年1月8日). 2009年12月5日閲覧。
  16. ^ 座間市文化財調査委員会執筆編集 『座間市文化財調査報告書』第9集、座間市教育委員会、1984年、96-97頁。NCID BN03631400


「一つ目小僧」の続きの解説一覧



一つ目小僧と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一つ目小僧」の関連用語

一つ目小僧のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



一つ目小僧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一つ目小僧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS