黄表紙とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > 表紙 > 黄表紙の意味・解説 

き びょうし -べうし [2] 【黄表紙】

草双紙くさぞうし)の一。江戸後期黒本青本次いで安永1772~1781)頃から文化年間1804~1818)の初期まで江戸流行した黄色表紙絵本の称。1775年刊の恋川春町作「金々先生栄花夢以降ものをいう。一冊五丁、普通、三冊からなる。書型は半紙半截はんせつ)。絵題簽えだいせん)に出版工夫がみられ、内容従来草双紙の幼稚なものから脱し、成人向け読み物となった。文化初年頃より敵討ち物が全盛となり文化年間合巻移行した。代表作は、恋川春町の「鸚鵡返文武二道」、朋誠堂喜三二の「文武二道万石通」、山東京伝の「江戸生艶気樺焼うわきのかばやき)」など。

黄表紙

読み方:キビョウシ(kibyoushi)

近世後記草双紙の一。


黄表紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/03 00:24 UTC 版)

黄表紙(きびょうし)は、江戸時代中期の1775年(安永4年)以降に流行した草双紙(一種の絵本)のジャンルの一つ。




「黄表紙」の続きの解説一覧



黄表紙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黄表紙」の関連用語

黄表紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黄表紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄表紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS