野衾とは?

の ぶすま [2] 【野臥間・野衾

料理の一。たたいてざっとゆでた小鳥たい)の肉を、薄くむいて袋のようにしたあわび)に包み込むようにして煮たもの。 《野衾》
ムササビ異名。 「青鷺の-となりて人を惑はす/浮世草子三代男

ももんが [2] 【〈 鼯鼠〉・〈野衾〉】

齧歯(げつし)目リス科哺乳類ムササビに似て、体側四肢の間に飛膜があるが、小形で目が大きい。頭胴長18センチメートル 内外背面褐色あるいは青灰白色腹面白色飛膜を使って木から木へ滑空する。夜行性で、森林樹上にすみ、果実木の芽などを食べる。ユーラシアから日本分布日本には北海道エゾモモンガ本州九州ホンシュウモモンガがいる。バンドリももんがあ

野衾

読み方:モモンガア(momongaa)

リス科哺乳類夜行性滑空する


野衾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 04:04 UTC 版)

野衾(のぶすま)または飛倉(とびくら)は、江戸(現 東京都)に伝わる妖怪の一種[1]ムササビのような姿をしていると言われ、実在のムササビやモモンガの異称として野衾の名が用いられることもある[2]


[ヘルプ]
  1. ^ 千葉幹夫編 『全国妖怪事典』 小学館〈小学館ライブラリー〉、1995年、72頁。ISBN 978-4-09-460074-2
  2. ^ a b 多田 1990, p. 105
  3. ^ a b 悳他 1999, p. 93
  4. ^ 岩井宏實監修 『日本の妖怪百科』3、河出書房新社2000年、47頁。ISBN 978-4-309-61383-3
  5. ^ a b c d 多田 2008, p. 286
  6. ^ a b 多田 1997, p. 90
  7. ^ 村上 2000, p. 266
  8. ^ 多田 1997, p. 39.
  9. ^ 多田 1997, p. 156.
  10. ^ 千葉幹夫 『妖怪お化け雑学事典』 講談社1991年、110頁。ISBN 978-4-06-205172-9


「野衾」の続きの解説一覧



野衾と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野衾」の関連用語

野衾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



野衾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野衾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS