クスノキとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 国産材一覧 > クスノキの意味・解説 

くすのき【楠木/楠】


くす‐の‐き【×樟/×楠】

クスノキ科常緑高木暖地自生し、高さ約20メートルにもなり、長命卵形表面つやがある5月ごろ、黄白色の小花密生し、実は熟す黒色全体香りがあり、樟脳(しょうのう)をとる。クスノキ科双子葉植物は約1400種が熱帯から暖帯分布し、は主に常緑で、香りのあるものが多く、タブノキ・ニッケイ・クロモジなどが含まれる。くす。

樟/楠の画像

クスノキ

別名:
【英】:Cinnamomum camphora
(クスノキ科)


本州中、南部四国九州、さらに台湾中国分布します。木材およびから樟脳油採取するために造林されています。木材利用はむしろ主目的ではないでしょう。かって樟脳衣服防虫剤として広く用いられ、箪笥の臭いの主でした。近年防虫剤合成化学製品です。縁日小さなセルロイド製の舟を売っていたことがありますが、その後部に小さな樟脳のかけらをつけて浮かす生き物のように小さな舟が動いたのを記憶している人がいるのではないでしょうか

木材
この木材のもっとも特徴的性質は、強い樟脳香りがあることです。この香り防虫効果があるため、箪笥などの家具類に利用されて来ています。心材の色はどちらかといえば、不安定で、黄褐色、紅褐色部分的緑色を帯びた褐色などです。辺材淡色ですが、心材との境ははっきりしません。年輪はかなりわかります。肌目は粗く木理交錯していることが多いです。また、幹の形が悪かったり、凸凹があるため、板にすると種々の美しい“もく”が出て来ます。気乾比重は0.41~0.52(平均値)~0.69で、やや軽軟ないし中庸で、仕上がり中庸です。

用途
器具家具建築社寺など)、楽器、箱、彫刻ひきもの木魚などがあります美術展覧会などへ行かれたとき、木材彫刻作品のおいてある部屋で、強い芳香に気が付かれることがあるでしょう。これはクスノキで作った作品中にあるからです。最近でもときどき洋服箪笥などで、その扉を開けると樟脳芳香のするもので出会うことがあります。これは内貼りにクスノキの板あるいは合板を貼っているものです。これによって、防虫効果期待しているのでしょう


クスノキ

クスノキ
科名 クスノキ科
別名: ショウノキ
生薬名: ショウボク樟木
漢字表記 楠木
原産 日本中国台湾インドシナ半島
用途 防虫剤強心剤として利用される樟脳が含まれています。また、セルロイド原料としても利用されていました。
学名: Cinnamomum camphora Presl
   

久寿軒

読み方:クスノキ(kusunoki

所在 高知県長岡郡大豊町


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 兵庫県赤穂郡上郡町


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 愛媛県西条市


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 熊本県熊本市


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 北海道中川郡美深町


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 静岡県静岡市清水区


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 愛知県名古屋市北区


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 愛知県弥富市


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 愛知県知多郡武豊町


楠木

読み方:クスノキ(kusunoki

所在 富山県富山市


楠木

読み方:クスノキ(kusunoki

所在 山口県周南市


楠木

読み方:クスノキ(kusunoki

所在 福岡県北九州市八幡西区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

クスノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/18 21:15 UTC 版)

クスノキ(樟、楠、Cinnamomum camphora)とは、クスノキ科ニッケイ属常緑高木である。一般的にクスノキに使われる「楠」という字は本来は中国タブノキを指す字である。別名クスナンジャモンジャ[1][注釈 1]。暖地に生えて、巨木になる個体が多い。樟脳になる香木として知られ、飛鳥時代には仏像の材に使われた。




注釈

  1. ^ ただし、「ナンジャモンジャ」はヒトツバタゴなど他の植物を指して用いられている場合もある。

出典

  1. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Cinnamomum camphora (L.) J.Presl”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年5月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 田中孝治 1995, p. 137.
  3. ^ a b c d e f 辻井達一 1995, p. 162.
  4. ^ a b c d e f 貝津好孝 1995, p. 157.
  5. ^ a b c 田中潔 2011, p. 67.
  6. ^ a b c d 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 65.
  7. ^ a b c d e f g 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 234.
  8. ^ a b 林将之 2008, p. 77.
  9. ^ a b c d e f g 西田尚道監修 学習研究社編 2000, p. 44.
  10. ^ 辻井達一 1995, pp. 163–164.
  11. ^ 執筆委員会・監修 金沢治『三加茂町史 復刻版』三加茂町、1973年、1277頁
  12. ^ a b 林将之 2008, p. 76.
  13. ^ a b c d e f g 田中潔 2011, p. 66.
  14. ^ a b 林将之 2011, p. 30.
  15. ^ a b 辻井達一 1995, p. 164.
  16. ^ 林将之 2011, p. 31.
  17. ^ 森脇竜雄、今泉英一「がいろじゅ」『新版 林業百科事典』第2版第5刷 p76 日本林業技術協会 1984年(昭和59年)発行
  18. ^ 「針葉樹 都会では枯死 明治神宮、クスの森に」『朝日新聞』昭和48年(1973年)1月4日朝刊
  19. ^ 香田徹也「昭和15年(1940年)林政・民有林」『日本近代林政年表 1867-2009』p420 日本林業調査会 2011年 全国書誌番号:22018608
  20. ^ 笠井 (2006) なお、この時点ではフシダニの種名は確定していないらしく、ダニ室内外の種をそれぞれフシダニsp.1、フシダニsp.2と記するのみである。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クスノキ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

クスノキのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クスノキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2021 All Rights Reserved, Copyright
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2021, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクスノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS