クスノキとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > クスノキの意味・解説 

くすのき【楠木/楠】


くす‐の‐き【×樟/×楠】

読み方:くすのき

クスノキ科常緑高木暖地自生し、高さ約20メートルにもなり、長命卵形表面つやがある5月ごろ、黄白色小花密生し、実は熟す黒色全体に香りがあり、樟脳(しょうのう)をとる。クスノキ科双子葉植物は約1400種が熱帯から暖帯分布しは主に常緑で、香りあるもの多く、タブノキ・ニッケイ・クロモジなどが含まれる。くす。

樟/楠の画像

クスノキ

別名:
【英】:Cinnamomum camphora
(クスノキ科)


本州中、南部四国九州、さらに台湾中国分布します。木材およびから樟脳油採取するために造林されています。木材の利用はむしろ主目的ではないでしょう。かって樟脳衣服防虫剤として広く用いられ箪笥の臭いの主でした。近年防虫剤合成化学製品です。縁日小さなセルロイド製の舟を売っていたことがありますが、その後部に小さな樟脳のかけらをつけて浮かす生き物のように小さな舟動いたのを記憶している人がいるのではないでしょうか

木材
この木材のもっとも特徴的な性質は、強い樟脳香りがあることです。この香り防虫効果があるため、箪笥などの家具類に利用され来てます。心材の色はどちらかといえば不安定で黄褐色、紅褐色部分的に緑色帯びた褐色などです。辺材淡色ですが、心材との境ははっきりしません。年輪はかなりわかります。肌目は粗く木理交錯していることが多いですまた、幹の形が悪かったり、凸凹あるため板にする種々の美しい“もく”が出て来ます。気乾比重は0.41~0.52(平均値)~0.69で、やや軽軟ないし中庸で、仕上がり中庸です。

用途
器具家具建築社寺など)、楽器、箱、彫刻ひきもの木魚などがあります美術展覧会などへ行かれたとき、木材彫刻作品のおいてある部屋で、強い芳香気が付かれることがあるでしょう。これはクスノキで作った作品中にあるからです。最近でもときどき洋服箪笥などで、その扉を開ける樟脳芳香のするもので出会うことがあります。これは内貼りにクスノキの板あるいは合板貼っているものですこれによって防虫効果期待しているのでしょう


久寿軒

読み方:クスノキ(kusunoki

所在 高知県長岡郡大豊町


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 兵庫県赤穂郡上郡町


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 愛媛県西条市


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 熊本県熊本市


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 北海道中川郡美深町


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 静岡県静岡市清水区


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 愛知県名古屋市北区


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 愛知県弥富市


読み方:クスノキ(kusunoki

所在 愛知県知多郡武豊町


楠木

読み方:クスノキ(kusunoki

所在 富山県富山市


楠木

読み方:クスノキ(kusunoki

所在 山口県周南市


楠木

読み方:クスノキ(kusunoki

所在 福岡県北九州市八幡西区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

クスノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 17:28 UTC 版)

クスノキ(樟、楠[2]学名: Cinnamomum camphora)とは、クスノキ科ニッケイ属常緑高木である。別名クス。暖地に生え、古くから各地の神社などにも植えられて巨木になる個体が多い。材から樟脳が採れる香木として知られ、飛鳥時代には仏像の材に使われた。


  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Cinnamomum camphora (L.) J.Presl” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年5月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 田中潔 2011, p. 66.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 田中孝治 1995, p. 137.
  4. ^ a b c d e f 辻井達一 1995, p. 162.
  5. ^ a b c d e f 貝津好孝 1995, p. 157.
  6. ^ a b c 田中潔 2011, p. 67.
  7. ^ a b c d 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 65.
  8. ^ a b c d e f 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 234.
  9. ^ a b 林将之 2008, p. 77.
  10. ^ a b c d e f g 西田尚道監修 学習研究社編 2000, p. 44.
  11. ^ 辻井達一 1995, pp. 163–164.
  12. ^ 執筆委員会・監修 金沢治『三加茂町史 復刻版』三加茂町、1973年、1277頁
  13. ^ a b c d e f 山﨑誠子 2019, p. 44.
  14. ^ a b 林将之 2008, p. 76.
  15. ^ a b 山﨑誠子 2019, p. 45.
  16. ^ a b 林将之 2011, p. 30.
  17. ^ a b c d e 正木覚 2012, p. 53.
  18. ^ 笠井 (2006) なお、この時点ではフシダニの種名は確定していないらしく、ダニ室内外の種をそれぞれフシダニsp.1、フシダニsp.2と記するのみである。
  19. ^ a b 辻井達一 1995, p. 164.
  20. ^ 林将之 2011, p. 31.
  21. ^ 森脇竜雄、今泉英一「がいろじゅ」『新版 林業百科事典』第2版第5刷 p76 日本林業技術協会 1984年(昭和59年)発行
  22. ^ 「針葉樹 都会では枯死 明治神宮、クスの森に」『朝日新聞』昭和48年(1973年)1月4日朝刊
  23. ^ 香田徹也「昭和15年(1940年)林政・民有林」『日本近代林政年表 1867-2009』p420 日本林業調査会 2011年 全国書誌番号:22018608


「クスノキ」の続きの解説一覧

クスノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/17 20:54 UTC 版)

須賀神社 (茨木市)」の記事における「クスノキ」の解説

樹齢900年樹高25m、径2m、幹周り6m。 茨木市指定保存 第15号昭和51年2月13日指定大阪府天然記念物昭和53年8月4日指定

※この「クスノキ」の解説は、「須賀神社 (茨木市)」の解説の一部です。
「クスノキ」を含む「須賀神社 (茨木市)」の記事については、「須賀神社 (茨木市)」の概要を参照ください。


クスノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 23:56 UTC 版)

こもれ陽の下で…」の記事における「クスノキ」の解説

学校近く墓場生えている大木生えて滑り易くなおかつ登りにくい枝ぶりのため、多くの子供が木から落ち枝下にある墓石ぶつかり命を落として来た。この事に心を痛め、強い念波を発し、自らを呪いの木する事子供達遠ざけていた。

※この「クスノキ」の解説は、「こもれ陽の下で…」の解説の一部です。
「クスノキ」を含む「こもれ陽の下で…」の記事については、「こもれ陽の下で…」の概要を参照ください。


クスノキ(楠)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/31 13:47 UTC 版)

生目神社」の記事における「クスノキ()」の解説

本殿北側に立ち、オガタマノキ対をなす巨木で、目通り幹周8.65メートル樹高25メートルに及ぶ。これも地域住民からは神木とされており、県内植生状況における稀少性に加え保存伝承されることによる物心両面教育的価値があるとされる1973年昭和48年3月12日指定天然記念物

※この「クスノキ(楠)」の解説は、「生目神社」の解説の一部です。
「クスノキ(楠)」を含む「生目神社」の記事については、「生目神社」の概要を参照ください。


クスノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 17:22 UTC 版)

佐賀城公園」の記事における「クスノキ」の解説

周辺多くみられるは、平城である佐賀城で、敵から城内見通されることのないよう植えられものである佐賀城有事の際には主要部以外を水没させて敵軍侵攻を防ぐ機構あることで、別名「沈み城」とも言われているが、一説には他のが城下から離れる天守高々とそびえて見えるのに対して佐賀城では逆になどに隠れて見えなくなるためだともいわれている。 終戦直後納税困った旧藩主鍋島家売却しようとしたが、佐賀県早津江(現:佐賀市川副町)の女子教育者で後に佐賀県初の女性県議会議員となる福田ヨシ中心となった保存運動守られた。1980年昭和55年)には公園内ヨシ功績たたえる顕彰碑建立されている。また、1998年平成10年)に北濠を渡る「くすの栄橋」が架橋された際には、建設地にあった推定樹齢350年大楠南東に移植している。

※この「クスノキ」の解説は、「佐賀城公園」の解説の一部です。
「クスノキ」を含む「佐賀城公園」の記事については、「佐賀城公園」の概要を参照ください。


クスノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/22 05:25 UTC 版)

光明寺 (川崎市)」の記事における「クスノキ」の解説

境内には、川崎市のまちの50選に指定されているクスノキがある。

※この「クスノキ」の解説は、「光明寺 (川崎市)」の解説の一部です。
「クスノキ」を含む「光明寺 (川崎市)」の記事については、「光明寺 (川崎市)」の概要を参照ください。


クスノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 17:32 UTC 版)

萱島駅」の記事における「クスノキ」の解説

3・4番線ホームには推定樹齢700年のクスノキが、ホーム屋根突き抜けて生えている。このクスノキは萱島神社御神木で、1972年土居 - 寝屋川信号所間の高架複々線化に伴う駅の高架化工事に際し伐採される予定だったが、寝屋川市民に親しまれていることから保存を望む声が上がり残されることになったものであるホームに緑を添えたことで、1983年には駅は大阪都市景観建築賞奨励賞受賞している。また木自体も「大阪みどりの百選」に選ばれている。樹齢700年と言われる古木で、老化立ち枯れの心配もされている平成入り大阪府の「緑化推進自然保護政策の一環行われた古木樹木診断で『保存治療の必要有り』と判定され1991年に「(財)大阪みどりのトラスト協会」により手入れが行われた。

※この「クスノキ」の解説は、「萱島駅」の解説の一部です。
「クスノキ」を含む「萱島駅」の記事については、「萱島駅」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「クスノキ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

クスノキ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 07:41 UTC 版)

名詞

クスノキ、枏、櫲】

  1. クスノキ科 (wp)ニッケイ属常緑樹学名: Cinnamomum camphora

発音

類義語

派生語

関連語

翻訳

脚注

  1. くすのき】」『大辞林松村明 編、三省堂1988年 ISBN 4-385-14000-6

「クスノキ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

クスノキのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クスノキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2022 All Rights Reserved, Copyright
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2022, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクスノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの須賀神社 (茨木市) (改訂履歴)、こもれ陽の下で… (改訂履歴)、生目神社 (改訂履歴)、佐賀城公園 (改訂履歴)、光明寺 (川崎市) (改訂履歴)、萱島駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのクスノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS