鱗翅目とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 鱗翅目の意味・解説 

チョウ目

(鱗翅目 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/25 15:22 UTC 版)

チョウ目(チョウもく、学名:Lepidoptera)は、昆虫類分類群の一つ。鱗翅目(りんしもく)、またはガ目ともいう。いわゆるチョウがここに分類されるが、「ガ」の種類数は「チョウ」の20-30倍で、ガの方が圧倒的に種類数が多い。また鱗粉を持つ翅のある目なため、チョウとガはここでは区別されてはいない。トビケラ目と近い仲間でもある。


注釈

  1. ^ シャクガモドキ上科に分ける体系も知られる[5]
  2. ^ セセリチョウ上科に分ける体系も存在する[5]
  3. ^ ヤガ上科の下位分類は流動的で、日本でよく用いられる分類体系との差異が大きい場合がある。
  4. ^ ドクガ科に相当。
  5. ^ ヒトリガ科に相当。
  6. ^ ヤガ科フサヤガ亜科に相当。

出典

  1. ^ Celebrating Wildflowers - Pollinators - Butterfly Archived 2011年7月23日, at the Wayback Machine.
  2. ^ 田中肇(1993年)『花に秘められたなぞを解くために』農村文化社, ISBN 4931205151
  3. ^ van Nieukerken, Erik J.; Lauri Kaila; Ian J. Kitching; Niels P. Kristensen; David C. Lees; Joël Minet; Charles Mitter; Marko Mutanen et al. (23 December 2011). Zhang, Zhi-Qiang. ed. “Order Lepidoptera Linnaeus, 1758”. Zootaxa. Animal biodiversity: An outline of higher-level classification and survey of taxonomic richness 3148: 212–221. http://www.mapress.com/zootaxa/2011/f/zt03148p221.pdf. 
  4. ^ a b 神保宇嗣 (2020年). “List-MJ 日本産蛾類総目録 version 3β”. 2021年1月25日閲覧。
  5. ^ a b c d e 駒井古実 ; 吉安裕; 那須義次; 斉藤寿久 『日本の鱗翅類 : 系統と多様性』 東海大学出版会、2011年。ISBN 978-4-486-01856-8https://rnavi.ndl.go.jp/mokuji_html/000011131937.html 
  6. ^ a b c Niels P. Kristensen; Malcolm J. Scoble; Ole Karsholt (2007). “Lepidoptera phylogeny and systematics: the state of inventorying moth and butterfly diversity”. Zootaxa 1668 (1): 699–747. doi:10.11646/zootaxa.1668.1.30. https://www.biotaxa.org/Zootaxa/article/view/zootaxa.1668.1.30 2020年12月23日閲覧。. 
  7. ^ Jerome C. Regier; Charles Mitter; Andreas Zwick; Adam L. Bazinet; Michael P. Cummings; Akito Y. Kawahara; Jae-Cheon Sohn; Derrick J. Zwickl et al. (2013). “A Large-Scale, Higher-Level, Molecular Phylogenetic Study of the Insect Order Lepidoptera (Moths and Butterflies)”. PLoS ONE 8 (3): e58568. doi:10.1371/journal.pone.0058568. https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0058568. 
  8. ^ Akito Y. Kawahara; Jesse W. Breinholt (2014). “Phylogenomics provides strong evidence for relationships of butterflies and moths”. Proceedings of the Royal Society B 281 (1788). doi:10.1098/rspb.2014.0970. ISSN 1471-2954. https://royalsocietypublishing.org/doi/full/10.1098/rspb.2014.0970 2021年1月2日閲覧。. 
  9. ^ Jerome C. Regier; Charles Mitter; Niels P. Kristensen; Donald R. Davis; Erik J. van Nieukerken; Jadranka Rota; Thomas J. Simonsen; Kim T. Mitter et al. (2015). “A molecular phylogeny for the oldest (nonditrysian) lineages of extant Lepidoptera, with implications for classification, comparative morphology and life‐history evolution”. Systematic entomology 40 (4): 671-704. doi:10.1111/syen.12129. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/syen.12129 2021年1月2日閲覧。. 
  10. ^ Akito Y. Kawahara; David Plotkin; Marianne Espeland; Karen Meusemann; Emmanuel F. A. Toussaint; Alexander Donath; France Gimnich; Paul B. Frandsen et al. (2019). “Phylogenomics reveals the evolutionary timing and pattern of butterflies and moths”. PNAS 116 (45): 22657-22663. doi:10.1073/pnas.1907847116. https://www.pnas.org/content/116/45/22657 2021年1月2日閲覧。. 
  11. ^ a b 日本産蛾類標準図鑑』岸田泰則、学研教育出版、2011年。ISBN 978-4054038455



鱗翅目

出典:『Wiktionary』 (2021/08/03 13:32 UTC 版)

名詞

  + りんしもく)

  1. 分類学》 チョウ目ガ目の、かつて標準和名(wp)現在異称学名ラテン語)"ordo (la) Lepidoptera (la)" の漢訳(wp)

類義語

翻訳


「鱗翅目」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鱗翅目」の関連用語

鱗翅目のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鱗翅目のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチョウ目 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鱗翅目 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS