イラガとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > > イラガの意味・解説 

いら‐が【×蛾】

イラガ科のガ。体はふっくらし、黄色で、翅(はね)の開張33ミリくらい。前翅の先半分褐色付け根のほうは白褐色幼虫は「いらむし」とよばれ、毒針をもち、人が触れると痛い。カキ・カエデ・ヤナギなどのを食べる。繭は「すずめのしょうべんたご」とよばれる


イラガ

発生植物時期カキサクラウメツバキツツジなど。6~10月。<症状の裏にくっついてを食べる。知らずに触わって刺されると痛い。<防除方法>見つけ次第捕殺する。スミチオンマラソンなどを散布する。

イラガ

この群に属す害虫
特徴
 イラガ類(イラガ科)の幼虫はガの幼虫らしくない形で、毒棘をもっており、触れると激し痛み覚えます。
 通常年1回、時には年2回発生し、幼虫は夏から秋にかけて現れ、特に9月多く見られます。越冬樹上白く固い卵状の繭を作って行います。 縞模様を持つこの繭は、よく釣り餌として使われることがあります
 カキウメナシなどの樹木付き、これら樹木加害する農業害虫としても知られています。したがって、このような木が庭にあれば、イラガも生息している可能性あります
防除
 に入るときには長袖シャツ軍手着用して、肌を出さないようにします。イラガ類のような形の幼虫見たらに触れないよう注意します。冬に庭木で繭を見つけたごと取って焼き捨てると、翌年発生ある程度抑えることができます
 このついている樹木には、市販園芸殺虫剤散布します。


刺蛾

読み方:イラガ(iraga)

イラガ科昆虫

学名 Cnidocampa flavescens


刺蛾

読み方:イラガ(iraga)

種類一つ

季節

分類 動物


イラガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 21:30 UTC 版)

イラガ(刺蛾、Monema flavescens)は、チョウ目イラガ科に属する昆虫およびその総称である。「蜂熊」「オキクサン」「シバムシ」「キントキ」「デンキムシ」「ヤツガシラ」「オコゼ」「イタイイタイムシ」とも称され、そのほかに数十の地方名がある[1]。イラガの天敵はカマキリやヤドリバエ、アシナガバチなどである。他の天敵にイラガの繭に寄生する外来種のハチ・イラガイツツバセイボウがいる。


  1. ^ アナタの地方では、イラガの幼虫のこと、何と呼んでますか?
  2. ^ 宮田彬、「毒毛虫類」『森林科学』 2008年 53巻 p.44-47, doi:10.11519/jjsk.53.0_44, 日本森林学会。
  3. ^ 石井象二郎, 井口民夫, 金沢純, 富沢長次郎、「イラガの繭 III. 繭の組成と硬さ」『日本応用動物昆虫学会誌』 1984年 28巻 4号 p.269-273, doi:10.1303/jjaez.28.269, 日本応用動物昆虫学会。


「イラガ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イラガ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

イラガのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イラガのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2021 engei.net all rights reserved.
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2021 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイラガ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS