ボクトウガとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 森林生物図鑑 > ボクトウガの意味・解説 

ボクトウガ

和名:ボクトウガ
学名Cossus jezoensis MATSUMURA
    チョウ目,ボクトウガ科
分布北海道本州四国中国
 
写真(上):ボクトウガ雌成虫
写真(下):ボクトウガ幼虫
説明
幼虫ポプラヤナギ類などの林業上重要な樹種の他,各種広葉樹穿孔し,被害与える。多く幼虫樹幹一部分集中して穿孔すると,大風などで穿孔部位から折損する。成虫開張40〜60mm,老熟幼虫体長40〜55mm。成虫は6〜7月出現し,夜間活動する。雌成虫樹皮隙間や節に数十の卵をかためて産卵する。幼虫は材内に穿孔し,樹幹外部樹液と混ざった木くずと糞を排出する老熟幼虫までの生存率は低いとされているが,多数老熟幼虫集中して穿孔していた例もある。老熟幼虫越冬していた観察例があるが,幼虫期間等に関して不明な点が多い。日本では3種Cossus属が記録されているが,これまでの報告ではこれら3種混同されていると思われるものもあり,今後調査が必要である。
ボクトウガ雌成虫

ボクトウガ幼虫


木蠹蛾

読み方:ボクトウガ(bokutouga)

ボクトウガ科のガ

学名 Cossus jezoensis


木蠹蛾

読み方:ボクトウガ(bokutouga)

種類一つ

季節

分類 動物



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボクトウガ」の関連用語

ボクトウガのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ボクトウガのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS