ゴマフボクトウとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 森林生物図鑑 > ゴマフボクトウの意味・解説 

ゴマフボクトウ

和名:ゴマフボクトウ
学名Zeuzera multistrigata leuconota Butler
    チョウ目ボクトウガ
分布北海道本州対馬屋久島シベリア中国朝鮮半島
 
写真(上):ツツジ内の幼虫
写真(下):幼虫排出した糞(ツバキ
説明
成虫の開翅長は40−70mm,翅にはたくさんの褐色斑がある老熟幼虫35-50mm。胴部は淡赤色頭部黒褐色カシナラヤナギツツジ多数地際近く木部穿孔する。樹木では普通2年1化らしい,成虫6-8月に出現樹皮産卵幼虫や幹に寄生穿入孔からは淡赤色円形糞が排出されて地上に積もる。糞が糸でつづられないことでコウモリガ被害区別できる。
ツツジ内の幼虫

幼虫が排出した糞(ツバキ)


胡麻斑木蠹蛾

読み方:ゴマフボクトウ(gomafubokutou)

ボクトウガ科のガ

学名 Zeuzera multistrigata



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゴマフボクトウ」の関連用語

ゴマフボクトウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ゴマフボクトウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS