コツブタケとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > キノコ > コツブタケの意味・解説 

コツブタケ

和名:コツブタケ
学名Pisolithus tinctorius
    
分布国内では,これまでのところ,コツブタケ,タマコツブタケ,ナガエノコツブタケの3変種分けている.沖縄から青森まで,また広く世界的分布
 
写真(上):コツブタケ菌根断面
写真(下):コツブタケ菌糸
説明
きのこは梅雨開け秋季発生するが,変種によって季節の片寄り発生ズレがある。アカマツクロマツコナラハンノキ類,カンバ類,ヤナギ類ユーカリモクマオウなど多く樹種菌根形成植物の成長促進する.荒れ地好み腐植発達した林地ではほとんどみられない.その過酷土壌太く黄色菌糸束を走らせ生き抜き球形地中からこぶしが突きたようなきのこをつくる.胞子多産型の腹菌類仲間世界的に知られたで,緑化への貢献No.1.森林形成初期利用できる考えられる粉状胞子集めて,接種感染できるので施設がなくとも気軽に使えるが,この方法による感染率それほど高くない.確実に感染させるには,分離培養栄養菌糸得てバーミキュライトピートモス混合基材を使うのがいい.
コツブタケ菌根断面

コツブタケ菌糸





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コツブタケ」の関連用語

コツブタケのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コツブタケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2021 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved

©2021 GRAS Group, Inc.RSS