バーミキュライトとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > バーミキュライトの意味・解説 

バーミキュライト【vermiculite】

蛭石(ひるいし)のこと。

蛭石高温焼成した雲母状のもの。多孔質保水性がよく、園芸土壌改良材栽培用土とする。


バーミキュライト

【英】:vermiculite

蛭石高温加熱することにより得られる人工用土パーライト比べ保肥力にもすぐれている物理性を調節する用土として,主に用いられる。

バーミキュライト

蛭石高温焼いた人工砂礫金色をしていて非常に軽い。層状の間に蓄え保水性、通気性排水性、保肥性に優れる。無菌の土なので土壌改良剤種子まき、挿し芽用土に使われる。

バーミキュライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/20 04:50 UTC 版)

バーミキュライト(ヴァーミキュライト、expanded vermiculite)は、農業園芸に使われる土壌改良用の。また、建設資材としても使われている。




「バーミキュライト」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バーミキュライト」の関連用語

バーミキュライトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バーミキュライトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2021 All rights reserved
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2021 engei.net all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバーミキュライト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS