多孔質とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 多孔質の意味・解説 

多孔質

読み方:たこうしつ

細かい穴(孔)の空いた構造になっている性質多孔性物質の持つ性質

多孔質材料

(多孔質 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/26 08:28 UTC 版)

多孔質材料(たこうしつざいりょう、porous medium)とは、細孔が非常に多く空いている材料のこと。細孔の大きさによって、ミクロポーラス材料、メソポーラス材料、マクロポーラス材料に分けられる。例えば、活性炭ゼオライトなどはミクロポーラス材料、MCMやFSMなどはメソポーラス材料、軽石などはマクロポーラス材料である。主として、吸着剤や触媒担体に用いられる。




「多孔質材料」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「多孔質」の関連用語

多孔質のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



多孔質のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの多孔質材料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS