対馬とは? わかりやすく解説

たい‐ま【対馬】

読み方:たいま

平手(ひらて)2」に同じ。

将棋技量互角であること。


つしま【対馬】

読み方:つしま

【一】

[一]旧国名の一。現在の長崎県対馬全島にあたる対州(たいしゅう)。

[補説] 古くは「津島」とも書いた

[二]九州朝鮮半島との間にある島。面積698平方キロメートル長崎県属する。古くから朝鮮半島中国との通路にあたる要地漁業を主産業とする。

[三]長崎県の対馬[二]占める市。平成16年2004)に厳原(いづはら)町、美津島(みつしま)町、豊玉町峰町上県(かみあがた)町、上対馬(かみつしま)町が合併して成立漁業主要産業人口3.42010)。

【二】

対馬音」の略。

対馬砥(ど)」の略。

対馬焼」の略。


対馬


対馬

分野
日本および日本の周辺個別的に表す地名 (地図に関する用語
意味:
ツシマ

対馬

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

対馬

読み方:たいま

  1. 将棋技倆同等なること。互角の将棋

分類 将棋

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

對馬

読み方
對馬たいば
對馬ついま
對馬つしま
對馬つま
對馬とうま

対馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 03:50 UTC 版)

対馬(つしま)または対馬島(つしまとう、英語: Tsushima Island)は、日本九州の北方の玄界灘にある、長崎県(ながさきけん)に属するで、島全域が対馬市の1島1市体制である。面積は日本第10位で[5]、島内人口は3万470人[6](2019年9月現在)。


注釈

  1. ^ 平成28年三角点標高成果の改定に伴う標高変更で649mから648mと1m低くなった。[9]尚、山頂にある三等水準点の標高は648.40m[10]
  2. ^ 三等三角点 基準点名:真石、基準点コード: TR35129129001
  3. ^ 二等三角点 基準点名:男竜良、基準点コード:TR25129117701
  4. ^ 一等三角点 基準点名:有明山、基準点コード:TR15129224101
  5. ^ 峰町歴史民俗資料館の展示物
  6. ^ 正確には『三国志』魏書・東夷伝・倭人
  7. ^ 阿連(あれ。厳原町)の采女、玉調(たまつき。美津島町)の生まれ、遊女など、諸説あって定かでない。
  8. ^ 4月1日段階の推計。

出典

  1. ^ IHO (1953)「Limits of Oceans and Seas
  2. ^ 離島振興対策地域一覧(平成18年3月31日現在) (PDF) 5p
  3. ^ a b しま交流人口拡大特区構造区域特別区域計画 (PDF)
  4. ^ 対馬市市勢要覧 (PDF) 3p 島のプロフィール
  5. ^ a b 国立天文台編『平成19年 理科年表』p.565 4-621-07763-5
  6. ^ http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/web/updata/jinko43109.pdf
  7. ^ 長崎県離島振興計画 長崎県、2018年7月22日閲覧。
  8. ^ a b c d 『民力 2004』p.159
  9. ^ 日本の主な山岳標高〔更新内容(平成21年度以降)はこちらをご覧下さい。〕 (PDF)”. 国土地理院. 2016年5月11日閲覧。
  10. ^ 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2016年5月11日閲覧。 “基準点コード TR35129211801”
  11. ^ a b c d e f 平凡社『世界大百科事典18』(1988) p.564
  12. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  13. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  14. ^ 水と緑のキャンペーン2007 | KBC九州朝日放送
  15. ^ a b “対馬の森 市が購入 ツシマヤマネコ生息地 競売中止へ”. 産経新聞. (2013年8月29日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130829/dst13082923430017-n1.htm 2013年8月31日閲覧。 
  16. ^ a b 岡崎 (2003)
  17. ^ 伊東ひとみ『地名の謎を解く』新潮社、2017年、10頁
  18. ^ a b 新川(1998)pp.43–44
  19. ^ a b c d e 田中健夫(1974)
  20. ^ 佐伯(1998)p.77
  21. ^ a b c d e 宮本常一(1978)pp.162–164
  22. ^ a b 吉松・浜名編『日本の民話 21』(1978)pp.223–232
  23. ^ a b c d 対馬の歴史 - 対馬観光物産協会
  24. ^ 申叔舟『海東諸国紀 朝鮮人の見た中世の日本と琉球』田中健夫訳注、岩波文庫、1991年、194〜223頁、ISBN 4-00-334581-9
  25. ^ a b c 長(1981)p.96
  26. ^ 『ランドジャポニカ』(1996)p.747
  27. ^ a b 対馬ポータルサイト[リンク切れ](対馬新聞社)
  28. ^ a b c 長(1981)p.94
  29. ^ 高橋 (2001)
  30. ^ a b 対馬島庁文書 (PDF) (独立行政法人水産総合研究センター中央水産研究所
  31. ^ ウィキソースには、町村制ヲ施行セサル島嶼指定ノ件 (明治22年勅令第1号)の原文があります。
  32. ^ ウィキソースには、沖繩縣及島嶼町村制ヲ鹿兒島縣大島郡及長崎縣對馬國ニ施行の原文があります。
  33. ^ 長崎縣令第二十號『対馬の各町村合併及びその名称に関する件〔1〕〔2〕 』長崎県公報 明治41年3月25日付号外
  34. ^ 長崎縣告示第百二十四號『下県郡厳原町の内大字久田分割の件』長崎県公報 明治45年3月2日付号外
  35. ^ ウィキソースには、長崎縣對馬國等ニ於ケル町村制度ニ關スル件の原文があります。
  36. ^ a b c 『対馬新聞』に思う - 東京対馬館2006.10
  37. ^ 歴史年表 - 対馬観光物産協会
  38. ^ 4・3事件犠牲者の遺体、日本から済州送還を本格推進 中央日報 2002.10.01
  39. ^ 「厳原港」(文化百選みなと編)(長崎新聞ふるさと探訪)
  40. ^ 蒙古襲来がテーマの海外ゲーム『Ghost of Tsushima』はなぜ大ブレイクしたのか?” (日本語). 日刊SPA!. 扶桑社 (2020年8月1日). 2021年5月27日閲覧。
  41. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年12月2日). “観光の島・対馬、「脱韓国観光客一本足」へ日本人誘客に本腰” (日本語). 産経ニュース. 2021年5月26日閲覧。
  42. ^ GORT Real Tsushima” (日本語). GORT Real Tsushima. 2021年5月26日閲覧。
  43. ^ ゴーストオブツシマ、対馬市永久アンバサダーと公式サイトについて” (日本語). 本物が息づく島 対馬観光物産協会 (2021年3月5日). 2021年5月26日閲覧。
  44. ^ 『Ghost of Tsushima』映画化決定のお知らせ” (日本語). PlayStation.Blog (2021年3月26日). 2021年5月26日閲覧。
  45. ^ 2003年度、対馬市市勢要覧 DATA(資料編) (PDF) 56p下段 主な魚種別漁獲量の推移
  46. ^ a b 密漁の海・対馬海峡-繰り返されていた領海侵犯 - テレビ朝日「報道ステーション」2006年10月18日放送
  47. ^ 宮本常一『忘れられた日本人』未来社 (1960) 。岩波文庫、1984年
  48. ^ 九學會連合對馬共同調査委員會編『対馬の自然と文化』古今書院 (1954)
  49. ^ 吉松・浜名編『日本の民話 21』(1978) p.247
  50. ^ 吉松・浜名編『日本の民話 21』(1978) p.248
  51. ^ 鈴木棠三『対馬の神道』三一書房 (1972)
  52. ^ 永留久恵『海神天神 - 対馬の風土と神々』白水社 (1988)。『対馬国志』私家版 (2009)
  53. ^ a b c d http://takesue.co.jp/history/29-2.html
  54. ^ http://takesue.co.jp/history/30-2.html
  55. ^ a b 鈴木棠三『対馬の神道』(三一書房、1972年)
  56. ^ 鈴木正崇「対馬・木坂の祭祀と村落空間」「対馬・青海の祭祀と村落空間」『祭祀と空間のコスモロジー』春秋社 (2004)
  57. ^ ヤクマの塔 - 対馬の民俗&伝統行事
  58. ^ 木坂地区(長崎県対馬市峰町木坂) - 写真満載九州観光
  59. ^ 鈴木正崇「対馬・豆酘の祭祀と村落空間」『祭祀と空間のコスモロジー』春秋社(2004)
  60. ^ にほんの里100選「豆酘」
  61. ^ “韓国人観光客の対馬市来訪 経済効果21億6000万円 07年、長崎県推計”. 西日本新聞. (2009年4月29日). http://qnet.nishinippon.co.jp/travel/busan/news/20090429/20090429_0001.shtml 2009年12月6日閲覧。 
  62. ^ 日韓2万人参加の対馬厳原港まつり中止へ”. 長崎新聞. 2020年5月10日閲覧。
  63. ^ 構造改革特区について(長崎県)
  64. ^ 「対馬にごみ襲来 ドラム缶や注射器、韓国などから」-2009年2月27日読売新聞
  65. ^ 対州馬(原出典は国勢調査)
  66. ^ a b c 対馬市地域公共交通総合連携計画 (PDF)
  67. ^ 対馬市長「来島自粛を」 動画サイトで呼び掛け”. 長崎新聞. 2020年5月10日閲覧。
  68. ^ [h “「新過疎法」の制定促進を求める意見書”] (プレスリリース), 長崎県議会, (2009年12月17日), h 2010年5月29日閲覧。 
  69. ^ “対馬は今「小さな韓国」”. 中央日報. (2006年1月10日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=71565&servcode=400&sectcode=400 2009年12月6日閲覧。 
  70. ^ a b c d 小島健一 (2009年11月9日). “対馬が危ない! 小島健一 (神奈川県議)”. 草莽全国地方議員の会. 2009年12月12日閲覧。
  71. ^ 長崎新聞 2012年11月9日 【地域】「宝の島」対馬で文化財が次々に窃盗被害…韓国に流出、闇取引される可能性も 防犯体勢整わず
  72. ^ “今日の歴史(1月7日)”. 聯合ニュース. (2009年1月7日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2009/01/07/0200000000AJP20081222003300882.HTML 2010年1月2日閲覧。 
  73. ^ “韓国、サンフランシスコ講和条約で対馬領有権を要求”. 朝鮮日報. (2005年4月10日). http://www.chosunonline.com/article/20050410000024 2010年1月2日閲覧。 
  74. ^ “馬山市議会が「対馬島の日」条例を可決”. 朝鮮日報. (2005年3月18日). http://www.chosunonline.com/article/20050318000076 2010年1月2日閲覧。 
  75. ^ “"'대마도의 날' 폐지 못해"” (韓国語). 釜山日報. (2006年11月2日). http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSD&office_id=082&article_id=0000112326 2010年1月2日閲覧。 
  76. ^ “한국일보 : "대마도는 한국땅, 즉각 반환" 국회 결의안 발의(国会決議 『対馬は韓国の地 すぐに返還を』)” (韓国語). 韓国日報. (2008年7月21日). http://news.hankooki.com/lpage/politics/200807/h2008072119143721060.htm 2010年1月2日閲覧。 
  77. ^ “「日本に対馬返還要求すべき」賛成50.6%”. 中央日報. (2008年7月27日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=102897&servcode=400&sectcode=400 2010年1月2日閲覧。 
  78. ^ アジア経済(韓国語) "対馬は私たちの土地"与野党の議員37人対馬フォーラム創立 [1]
  79. ^ 田中健夫 (1997) p.15
  80. ^ 九州大学デジタルアーカイブ・海東諸国紀
  81. ^ 長崎新聞2008年7月22日
  82. ^ a b “【動画】竹島問題で韓国退役軍人が抗議 対馬市民反発で現場騒然”. 長崎新聞. (2008年7月24日). オリジナルの2012年9月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120904174551/http://www.nagasaki-np.co.jp/douga/20080723/03.shtml 2010年5月31日閲覧。 
  83. ^ “男3人がソウル日本文化センターの図書閲覧室を一時占拠 「対馬は韓国領土」”. 産経新聞. (2009年3月26日). http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090326/kor0903262348004-n1.htm 2010年1月10日閲覧。 
  84. ^ “「対馬は韓国領」 韓国人の男、日本大使館放火未遂で拘束”. 産経新聞. (2009年11月5日). http://sankei.jp.msn.com/world/korea/091105/kor0911051250002-n1.htm 2010年1月2日閲覧。 
  85. ^ “ハンナラ党「韓国の教科書に対馬領有権を記述しよう」”. 産経新聞. (2010年4月2日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=127828&servcode=200&sectcode=200 2010年4月7日閲覧。 
  86. ^ a b c “【対馬が危ない!】防人新法、作業着手へ 議連、政府に早急調査求める”. NSN産経ニュース (産経新聞社). (2009年1月15日). https://megalodon.jp/2008-1222-1351-08/sankei.jp.msn.com/politics/policy/081220/plc0812202227008-n2.htm 2009年12月12日閲覧。 
  87. ^ 金成萬 (2007年7月13日). “우리 땅 '독도'를 지키자” (韓国語). Korean National Security Net. 2009年12月5日閲覧。
  88. ^ “【対馬が危ない!】日本に帰化韓国人男性 海自施設で不可解行動”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2009年6月9日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090609/plc0906090121000-n1.htm 2009年12月5日閲覧。 
  89. ^ 韓国が北朝鮮と組んで「対馬奪回」作戦 ベストセラー『千年恨 対馬島』の荒唐無稽 Jcast news 2013/9/27
  90. ^ a b c d e 「対馬の自衛隊増強を」市長と市議会1個連隊常駐など要望 朝雲ニュース 2009年1月29日
  91. ^ 宮本雅史 (2008年12月20日). 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081220/plc0812202227008-n2.htm = 【対馬が危ない!】議員団、現地視察で驚いた! 韓国資本の買収地は旧日本軍港だった 2009年12月12日閲覧。 
  92. ^ 宮本雅史、池田証志 (2008年12月28日). “【対馬が危ない!!】防衛相、外相ともに危機感表明 「政府で検討」対応前進”. iza! (産経新聞社). https://megalodon.jp/2009-0107-0911-35/www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/199784/ 2009年12月12日閲覧。 
  93. ^ 宮本雅史 (2008年10月21日). “【対馬が危ない】(上)韓国、不動産相次ぎ買収”. MSN産経ニュース (産経新聞社). http://sankei.jp.msn.com/life/trend/081021/trd0810210907005-n1.htm 2009年12月5日閲覧。 
  94. ^ “永住外国人への地方参政権付与の法制化に反対する意見書” (プレスリリース), 長崎県議会, (2009年12月17日), http://www.pref.nagasaki.jp/gikai/2111teirei/tayori2111_ikensyo.html 2010年1月16日閲覧。 
  95. ^ 対馬宗家文書の世界「桟原屋形」九州国立博物館
  96. ^ 大船越瀬戸と大船越橋(長崎県対馬市美津島町大船越) - 写真満載九州観光
  97. ^ 対馬野生生物保護センター
  98. ^ 島の宝100景「ツシマハチミツ・蜂洞」
  99. ^ 対馬の釣り情報(対馬新聞社)
  100. ^ 対州馬
  101. ^ 長 (1981) pp.92–93
  102. ^ ANAウイングスの機材・乗務員による運航
  103. ^ 全日本空輸(ANA)とコードシェア
  104. ^ http://japan.busan.com/jp/news/sub2.asp?num=678
  105. ^ 会社概要 - 対馬市CATV



対馬(つしま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:27 UTC 版)

スプライト (漫画)」の記事における「対馬(つしま)」の解説

4205号室に住む広域暴力団指定されている集英組構成員。組でも頭脳派呼ばれている。出入りに備えて組から銃火器管理任されていた。ドラッグ中毒

※この「対馬(つしま)」の解説は、「スプライト (漫画)」の解説の一部です。
「対馬(つしま)」を含む「スプライト (漫画)」の記事については、「スプライト (漫画)」の概要を参照ください。


対馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/05 10:03 UTC 版)

料して候」の記事における「対馬」の解説

加賀藩前田家家老久間の上司で将軍家への献上運搬役。

※この「対馬」の解説は、「料して候」の解説の一部です。
「対馬」を含む「料して候」の記事については、「料して候」の概要を参照ください。


対馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 07:59 UTC 版)

かわうその自転車屋さん」の記事における「対馬」の解説

ツシマヤマネコ男性自転車便「ネコノテ」のメッセンジャー。海と山としかない西の方の島の出身だという。性格明朗迅速に仕事をこなしリピーター人気がある重度のスギ花粉症だが、眠くなるとの理由により仕事中の薬の服用控えている会社ストラーデ・ビアンケがある市からは離れているが、輪尾の原稿を受け取るため、列車輪行して来ている。輪尾は遅筆待たされることもしばしばだが、人を楽しませる物を運べることはいいことと言って輪行してまで輪尾の原稿を運ぶことを楽しみにしているメッセンジャーになる前は喫茶店アルバイトをしていた経歴があり、第23話ではかわうそ不在でいつもより混雑していたストラーデ・ビアンケ臨時従業員となり、カフェ自転車屋両方仕事難なくこなし窮地救ってみせた。同話によると彼はイケメンであり、女性客人気を集めていた。後輩三毛門を、自転車雑誌"サイクルファン"で自社取り上げた記事を読むまで男性だと思いこんでいた。第113話でサイクリスト向けのアパレル会社「ニャンプロ」の営業マン転職

※この「対馬」の解説は、「かわうその自転車屋さん」の解説の一部です。
「対馬」を含む「かわうその自転車屋さん」の記事については、「かわうその自転車屋さん」の概要を参照ください。


対馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/11 02:15 UTC 版)

壱岐対馬国定公園」の記事における「対馬」の解説

島の中央部にある浅茅湾中心に南東部長崎鼻 - 豆酘湾)、北東部(舟志湾 - 浦)に分布対馬海峡面した海岸北西部魚瀬西部の海神神社一帯分布する同じく周辺には海中公園が多い。地形的特徴として浅茅湾や豆酘湾を始め穏和なリアス式海岸連続する

※この「対馬」の解説は、「壱岐対馬国定公園」の解説の一部です。
「対馬」を含む「壱岐対馬国定公園」の記事については、「壱岐対馬国定公園」の概要を参照ください。


対馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 23:08 UTC 版)

日朝関係史」の記事における「対馬」の解説

対馬は日本列島朝鮮半島中間に位置することを利点として、古代から貿易行なっていた。耕作可能な土地少ない点も、貿易必要性高めた朝鮮国王世宗倭寇根拠地だった対馬を攻撃して対馬守護の宗貞盛による反撃撃退された。これを応永の外寇己亥東征と呼ぶ室町幕府李朝の方針を確かめるために無涯亮倪を世宗への使者として送り李朝回礼使として宋希璟4代将軍足利義持のもとへ送った宋希璟は、外寇原因倭寇あること説明して義持理解得た。のちに宗貞盛李朝との間で嘉吉条約癸亥約定)が締結され通交始まり宗氏は年50艘の歳遣船認められ活発に貿易行った加えて宗氏は特別時使者を送る特送船認められた中世貿易では中国の陶磁器重要な商品であり、14世紀以降の対馬は高麗青磁をはじめとする朝鮮半島産の陶磁器多く輸入された。のちの豊臣秀吉徳川家康の時代には、対馬が李朝との外交担当するうになる

※この「対馬」の解説は、「日朝関係史」の解説の一部です。
「対馬」を含む「日朝関係史」の記事については、「日朝関係史」の概要を参照ください。


対馬(つしま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 05:15 UTC 版)

新高型防護巡洋艦」の記事における「対馬(つしま)」の解説

新高巡洋艦二番艦。呉工廠にて建造艦名日本朝鮮半島との交易要衝であった対馬に由来新高とともに日露戦争第一次世界大戦そしてシベリア出兵にも参加した日本海海戦ではロシア残存艦隊追撃加わりロシア巡洋艦1隻を撃沈する大戦後標的演習艦として運用され外板腐食演習砲撃直撃弾で沈没した

※この「対馬(つしま)」の解説は、「新高型防護巡洋艦」の解説の一部です。
「対馬(つしま)」を含む「新高型防護巡洋艦」の記事については、「新高型防護巡洋艦」の概要を参照ください。


対馬(つしま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 06:51 UTC 版)

海防艦」の記事における「対馬(つしま)」の解説

2等巡洋艦1921年大正10年9月1日2等海防艦変更。主に中国駐留任務従事1939年昭和14年4月1日除籍直前まで中国駐留断続的に経験した

※この「対馬(つしま)」の解説は、「海防艦」の解説の一部です。
「対馬(つしま)」を含む「海防艦」の記事については、「海防艦」の概要を参照ください。


対馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 14:15 UTC 版)

三韓征伐」の記事における「対馬」の解説

海神神社 - もとは「木坂八幡宮」と呼ばれていた。 厳原八幡宮神社 - 社伝によれば神功皇后三韓征伐からの帰途、対馬の清水山行啓し、この山は神霊宿る山であるとして山頂磐境設け神鏡幣帛置いて天神地祇祀った

※この「対馬」の解説は、「三韓征伐」の解説の一部です。
「対馬」を含む「三韓征伐」の記事については、「三韓征伐」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「対馬」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

対馬

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 00:22 UTC 版)

固有名詞

  (つしま)

  1. 長崎県属する島
  2. 対馬におかれた令制国対馬国
  3. 長崎県対馬市

「対馬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



対馬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの対馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスプライト (漫画) (改訂履歴)、料して候 (改訂履歴)、かわうその自転車屋さん (改訂履歴)、壱岐対馬国定公園 (改訂履歴)、日朝関係史 (改訂履歴)、新高型防護巡洋艦 (改訂履歴)、海防艦 (改訂履歴)、三韓征伐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの対馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS