平沼赳夫とは?

平沼赳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 02:54 UTC 版)

平沼 赳夫(ひらぬま たけお、1939年(昭和14年)8月3日 - )は、日本政治家、元衆議院議員(12期)。




  1. ^ 大下英治『平沼赳夫の「宣戦布告」』9頁
  2. ^ 大下英治『平沼赳夫の「宣戦布告」』10頁
  3. ^ 大下英治『平沼赳夫の「宣戦布告」』25頁
  4. ^ “陳総統が日華懇の佐藤元会長および平沼会長に「大綬景星勲章」を授与”. 台北駐日経済文化代表処. (2008年2月19日). http://www.taiwanembassy.org/ct.asp?xItem=51045&ctNode=3591&mp=202 2015年4月29日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ a b “馬英九総統が日華議員懇談会のメンバーらと会見”. 台北駐日経済文化代表処. (2008年5月21日). http://www.taiwanembassy.org/content.asp?mp=202&CuItem=59168 2015年4月29日閲覧。 
  6. ^ “第169回国会 380 学校行事として靖国神社・護国神社訪問を禁じた文部事務次官通達に関する質問主意書”. 衆議院. (2008年5月14日). http://www.shugiin.go.jp/Internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/169380.htm 2016年1月25日閲覧。 
  7. ^ “「平沼グループ」結成、第3極目指し15人で”. 読売新聞. (2009年7月22日). オリジナルの2013年2月19日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130219013606/http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090722-OYT1T00957.htm 2010年1月23日閲覧。 '
  8. ^ “平沼氏ら3人が衆院新会派を結成”. 日刊スポーツ共同通信社. (2009年9月15日). オリジナルの2012年9月7日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120907053908/http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20090915-544161.html 2010年1月23日閲覧。 '
  9. ^ “平沼氏、自民党復党に慎重”. 産経新聞. (2009年12月2日). オリジナルの2009年12月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091205101100/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091202/stt0912021829007-n1.htm 2010年1月23日閲覧。 
  10. ^ 「小沢に保守層取り込みを許した自民党「平沼総裁構想」の蹉跌」『SAPIO』第21巻第19号、小学館、2009年11月11日、 pp.27-28。
  11. ^ 平沼赳夫元経産相、参院選前に新党結成へ日テレNEWS24 2010年1月17日
  12. ^ 木下訓明 (2010年3月21日). “大島・自民幹事長:平沼氏と会談”. 毎日jp(毎日新聞). http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100321ddm002010102000c.html 2010年3月30日閲覧。 [リンク切れ]
  13. ^ “自民6候補を推薦=たちあがれ”. 時事通信社. (2010年6月23日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201006/2010062300988 2010年7月10日閲覧。 [リンク切れ]
  14. ^ 江田が優位=岡山【参院選情勢】読売新聞社 2010年7月9日
  15. ^ “365アンケート「あなたが新党結成を期待する議員は誰ですか?」集計結果”. BNNプラス北海道365. (2010年3月29日). http://www.hokkaido-365.com/news/2010/03/post-914.html 2010年3月30日閲覧。 [リンク切れ]
  16. ^ a b “「拒否権発動する」亀井氏、外国人参政権反対集会で表明”. 朝日新聞. (2010年4月17日). オリジナルの2010年4月20日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20100420121150/http://www.asahi.com/politics/update/0417/TKY201004170211.html 2014年5月29日閲覧。 '
  17. ^ “菅首相、全閣僚が見送り=超党派議員ら靖国参拝-終戦記念日”. 時事通信社. (2010年8月15日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201008/2010081500169 2010年9月1日閲覧。 [リンク切れ]
  18. ^ “維新の会:太陽との合流を正式決定 石原氏が代表に”. 毎日新聞. (2012年11月17日). オリジナルの2012年11月18日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20121118140601/http://mainichi.jp/select/news/20121118k0000m010008000c.html 2012年11月17日閲覧。 '
  19. ^ “次世代、平沼党首が離党 病気で入院中 自民復党目指す”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2015年9月25日). http://www.sankei.com/politics/news/150925/plt1509250025-n1.html 2015年9月25日閲覧。 
  20. ^ “自民党:平沼赳夫氏、園田博之氏を近く復党させる方針”. 毎日jp (毎日新聞). (2015年9月25日). http://mainichi.jp/select/news/20150926k0000m010037000c.html 2015年9月27日閲覧。 
  21. ^ 自民が平沼氏の復党了承 党紀委、園田氏も 共同通信2015年10月2日
  22. ^ “自民・平沼赳夫氏が政界引退へ 後継に次男を擁立方針”. 朝日新聞. (2017年9月22日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASK9Q33SWK9QPPZB00C.html 2017年9月27日閲覧。 
  23. ^ “自民、277選挙区で擁立…岡山3区一本化断念”. 読売新聞. (2017年10月7日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171007-OYT1T50012.html 2017年11月8日閲覧。 
  24. ^ “自民分裂「あの選挙が間違いだった…」 因縁の岡山3区”. 朝日新聞. (2017年10月14日). http://www.asahi.com/articles/ASKBC71KYKBCPPZB00N.html 2017年11月8日閲覧。 
  25. ^ 岡山-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  26. ^ “【参院選公示】第一声 たちあがれ日本・平沼赳夫代表「自主憲法の制定を」”. 産経新聞. (2010年6月24日). http://sankei.jp.msn.com/politics/election/100624/elc1006241041006-n1.htm 2014年5月29日閲覧。 アーカイブ
  27. ^ “安倍氏や平沼氏ら「断固反対」 首相の韓国併合談話”. 朝日新聞. (2010年8月6日). オリジナルの2010年8月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100818182736/http://www.asahi.com/politics/update/0806/TKY201008060282.html 2010年9月1日閲覧。 
  28. ^ 平沼赳夫オフィシャルホームページ” (2010年8月17日). 2010年9月1日閲覧。
  29. ^ “【首相談話】自民苦しい抗議 過去の談話の呪縛なお (1/2ページ)”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2010年8月10日). オリジナルの2010年9月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100903000816/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100810/plc1008102319031-n1.htm 2010年9月1日閲覧。 
  30. ^ “「個人的には反対」とたちあがれ・平沼氏”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2011年10月26日). オリジナルの2013年1月3日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130103212356/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111026/stt11102616470004-n1.htm 2014年5月29日閲覧。 '
  31. ^ ビジョン「山田宏が目指す日本」 山田宏公式サイト
  32. ^ 桜内ビジョン 桜内文城の政策桜内文城公式サイト
  33. ^ 週刊朝日』 2006年5月19日号
  34. ^ 10月31日、自民党を離党しました”. 平沼赳夫オフィシャルホームページ (2005年10月31日). 2010年3月20日閲覧。
  35. ^ “【単刀直言】平沼赳夫元経産相 「武士道精神」持て”. 産経新聞. (2007年6月6日) 
  36. ^ 平沼赳夫オフィシャルホームページ” (2009年10月6日). 2010年7月30日閲覧。
  37. ^ 動画メッセージ「外国人住民基本法に警鐘する」(「超人大陸」HPより) 衆議院議員 平沼赳夫
  38. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  39. ^ 中日新聞 平成13年12月1日
  40. ^ オフィシャルホームページ
  41. ^ 超人大陸 平沼赳夫の警鐘塾「夫婦別姓問題は日本の国を破壊する」 2010/03/29
  42. ^ 創生日本 「打倒民主党宣言」
  43. ^ 日本会議 オピニオン 平成22年3月20日
  44. ^ 共同通信、「『ボツワナは半数エイズ』 国債格付けで平沼氏発言」、2002年6月16日
  45. ^ a b 石川勝義 (2010年1月17日). “平沼赳夫氏:蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」”. 毎日新聞. オリジナルの2010年1月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100120051617/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100118k0000m010058000c.html 2010年1月17日閲覧。 
  46. ^ ただし後の蓮舫の代表時代、国籍問題が勃発し説明できず代表辞任に追い込まれた。
  47. ^ 日本経済新聞 2004年5月10日
  48. ^ 「国会議員三ツ星データブック」、186国会版 国会議員三ツ星データブック、特定非営利法人「万年野党」著。ISBN 978-4905239239
  49. ^ 「国会質問も議員立法も質問主意書もない『オールゼロ議員』、64人全氏名を公開 高橋亮平
  50. ^ 遠藤悠樹(編)、日本会議の人脈、三才ブックス、2016年。
  51. ^ 護国の宗教・生長の家。なお、新教育者連盟も『生命の實相』を聖典としているため、それが愛読書であってもどの団体に所属しているかは不明。
  52. ^ “特例会見に党内外から批判 「政治利用」「要請強硬」”. 朝日新聞. (2009年12月15日). http://www.asahi.com/seikenkotai2009/TKY200912140349.html 2010年1月23日閲覧。 
  53. ^ “天皇会見に批判相次ぐ=自民”. 時事通信社. (2009年12月14日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=200912/2009121400837 2010年1月23日閲覧。 [リンク切れ]
  54. ^ “政府と民主を糾弾! 特例会見問題で日本会議”. 産経新聞. (2009年12月21日). オリジナルの2009年12月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091224110352/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091221/stt0912211831010-n1.htm 2010年1月23日閲覧。 
  55. ^ “特例会見で政府糾弾決議=保守系議員”. 時事通信社. (2009年12月21日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009122100710 2010年1月23日閲覧。 [リンク切れ]
  56. ^ 平沼赳夫オフィシャルホームページ” (2010年7月7日). 2010年7月13日閲覧。
  57. ^ [1]NPO法人日中国会議員書画展実行委員会
  58. ^ プロフィール平沼赳夫オフィシャルホームページ
  59. ^ 創生「日本」HP 役員・メンバー”. 2014年5月29日閲覧。
  60. ^ 島根県HP 「韓国政府による竹島での海洋科学基地建設計画をはじめとする一連の不法占拠に関する決議」” (2011年4月13日). 2014年5月29日閲覧。
  61. ^ 日本会議国会議員懇談会HP 【ご案内・緊急集会】9/4 尖閣上陸、竹島占拠、韓国大統領暴言に抗議する! を開催します” (2012年8月25日). 2014年5月29日閲覧。
  62. ^ a b 平沼赳夫オフィシャルホームページ 「活動報告:10月31日、自民党を離党しました“「人権擁護法案」への危惧”」” (2005年10月31日). 2014年5月29日閲覧。
  63. ^ 神政連 WEB NEWS 神道政治連盟国会議員懇談会” (2014年5月23日). 2014年5月29日閲覧。
  64. ^ “原発の地下建設推進、議連発足へ 与野党党首ら超党派”. 朝日新聞. (2011年5月21日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105200673.html 2014年5月29日閲覧。 アーカイブ
  65. ^ 天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟HP 役員” (2009年9月10日). 2014年5月29日閲覧。
  66. ^ “新藤総務相ら、靖国神社を参拝 衆参157議員も”. 朝日新聞. (2013年10月18日). http://www.asahi.com/politics/update/1018/TKY201310180010.html 2014年5月29日閲覧。 
  67. ^ 一般財団法人 岡山県遺族連盟 役員名簿” (2014年5月29日). 2014年5月29日閲覧。
  68. ^ 国語を考える国会議員懇談会HP 役員名簿” (2014年5月29日). 2014年5月29日閲覧。
  69. ^ “平沼氏ら超党派議連発足、「中国の反日写真撤去求める」”. 産経新聞. (2007年6月13日). http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070613/skk070613003.htm 2014年5月29日閲覧。 [リンク切れ] アーカイブ
  70. ^ 公益財団法人 無窮会 「無窮会の目的及び事業:評議員及び理事に関する公告」” (2012年6月30日). 2014年5月29日閲覧。
  71. ^ 『人事興信録』より
  72. ^ 駿府は今の静岡市
  73. ^ 享保江戸時代中御門天皇桜町天皇の時代。西暦1716年から1735年までの期間。
  74. ^ 幕府等を関係なく数えると、第47代征夷大将軍である。
  75. ^ 大学生の頃、賀屋の孫の家庭教師をする。平沼家と賀屋家は家族ぐるみのつきあいをしていた(『平沼赳夫の「宣戦布告」』23頁)
  76. ^ 政治家としての実質的なスタートとなる佐藤栄作の秘書になるのも賀屋の口利きだという(平沼赳夫_プロフィール)。
  77. ^ 政治の師匠に当たり、秘書として仕える


「平沼赳夫」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「平沼赳夫」の関連用語

平沼赳夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



平沼赳夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平沼赳夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS