伊良部島とは?

伊良部島

読み方:イラブジマ(irabujima)

琉球列島一部先島諸島宮古群島属す東シナ海有人

所在 沖縄県宮古郡伊良部町

位置・形状 宮古島の西7km。楕円形で低平な琉球石灰岩からなる

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

伊良部島

読み方いらぶじま

宮古島北西、約5kmに浮かぶ島。伊良部島と下地島からなり人口約7,500人、面積39.2k?、集落は8つ。伊良部島と下地島は6つの短いでつながっているため一つの島のようだという。

伊良部島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/17 04:04 UTC 版)

伊良部島(いらぶじま)は、宮古列島のひとつである。全島が沖縄県宮古島市に属する。




  1. ^ 平成26年全国都道府県市区町村別面積調 島面積 (PDF)”. 国土地理院. p. 108 (2014年10月1日). 2015年3月16日閲覧。
  2. ^ a b 沖縄県企画部地域・離島課 島のデータ - 人口は2005年国勢調査に基づく。
  3. ^ 【産直の旅】沖縄・伊良部島*カニ漁体験/立派なハサミ つかまえた『日本経済新聞』朝刊2018年2月3日(NIKKEIプラス1)
  4. ^ “Q+リポート 伊良部の海を守る蟹蔵”. Qプラス (琉球朝日放送 報道制作部). (2017年2月2日). http://www.qab.co.jp/news/2017020287525.html 
  5. ^ 「乗瀬橋」架け替えへ 県議会代表質問で土建部長 宮古新報、2012年2月23日
  6. ^ 乗瀬橋 架け替え工事着工/伊良部-下地島 宮古新報、2015年3月9日
  7. ^ “乗瀬橋16日供用開始/伊良部島-下地島”. 宮古毎日新聞. (2019年3月9日). http://www.miyakomainichi.com/2019/03/117581/ 
  8. ^ “40年悲願、伊良部大橋開通 発展誓い渡り初め”. 琉球新報 (琉球新報社). (2015年2月1日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-238210-storytopic-5.html 2015年2月1日閲覧。 
  9. ^ “下地島空港-上野に新路線/宮古協栄バス”. 宮古毎日新聞. (2019年2月8日). http://www.miyakomainichi.com/2019/02/116647/ 
  10. ^ “下地島空港と宮古市内中心部を結ぶ連絡バス、2社の路線と運賃決定”. FlyTeam. (2019年2月11日). https://flyteam.jp/news/article/105965 
  11. ^ 交通アクセス”. みやこ下地島空港ターミナル. 下地島エアポートマネジメント株式会社. 2019年3月17日閲覧。
  12. ^ 会員名簿”. 一般社団法人 沖縄県ハイヤー・タクシー協会. 2019年3月17日閲覧。
  13. ^ “下地島空港、レンタカーカウンターに出店する3ブランドが決定”. FlyTeam. (2019年2月7日). https://flyteam.jp/news/article/105865 


「伊良部島」の続きの解説一覧



伊良部島と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伊良部島」の関連用語

伊良部島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



伊良部島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウルマックスウルマックス
©2019 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伊良部島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS