斑島とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 島嶼名辞典 > 斑島の意味・解説 

斑島

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

斑島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/20 19:48 UTC 版)

斑島(まだらじま[6])は、長崎県北松浦郡小値賀町の島[1]小値賀火山島群のひとつである[2]




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 長崎のしま紹介【平戸】”. ながさきのしま. 長崎県 企画振興部 地域づくり推進課. 2014年9月7日閲覧。
  2. ^ a b 山本裕朗; 谷口宏充 「小値賀島単成火山群の火山地質」、『東北アジア研究』 (東北大学)201-232頁、1999年ISSN 13439332http://ci.nii.ac.jp/naid/110004822807/  p.207。
  3. ^ a b 前掲(山本 & 谷口 1999, p. 207)
  4. ^ 松井和典、地質調査所編、 「小値賀島及び肥前平島地域の地質」、『地域地質研究報告 : 5万分の1地質図幅』 (地質調査所)1-64頁、1990年http://ci.nii.ac.jp/ncid/BN0591932X  p.1。
  5. ^ 前掲(松井 1990, p. 4)
  6. ^ 島嶼名事典”. Weblio. 2014年9月7日閲覧。
  7. ^ a b 前掲(松井 1990, p. 26)
  8. ^ a b 斑島玉石甌穴”. 長崎県の文化財. 長崎県学芸文化部. 2014年9月7日閲覧。
  9. ^ 小値賀交通 バス運行時刻表 (PDF)”. 小値賀交通. 2014年9月7日閲覧。
  10. ^ a b c アジア水中考古学研究所編、第Ⅱ章 遺跡の立地と歴史的環境、『山見沖海底遺跡 - 小値賀町山見沖海底遺跡確認調査報告 - 小値賀町文化財調査報告書』 (アジア水中考古学研究所) 第16巻、2002年http://www.ariua.org/projects/yamamioki/yamamioki3/ 
  11. ^ 航路標識-7”. 法庫. 2014年9月7日閲覧。
  12. ^ 目崎遺跡(めさきいせき)”. 長崎県の遺跡大辞典. 長崎県教育庁学芸文化課. 2014年9月10日閲覧。
  13. ^ a b “[斑島玉石甌穴 - 国指定文化財等データベース(文化庁) 斑島玉石甌穴]”. 2014年9月10日閲覧。
  14. ^ ポットホール”. じゃらんnet. リクルート. 2014年9月7日閲覧。
  15. ^ 前掲(文化庁)のデータベースの「詳細解説」による。前掲(じゃらんnet)では上部直径2メートルと記載されている。
  16. ^ a b ポットホール”. ながさき旅ネット. 長崎県観光連盟 長崎県企画振興部文化観光物産局観光振興課. 2014年9月7日閲覧。


「斑島」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「斑島」の関連用語

斑島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



斑島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの斑島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS