小浜島とは?

小浜島

読み方:コハマジマ(kohamajima)

琉球列島一部先島諸島八重山群島属す東シナ海有人島

所在 沖縄県八重山郡竹富町

位置・形状 西表島の東4km。古生代地層からなり周囲サンゴ石灰岩に覆われた丘陵状の島

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

小浜島


小浜島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/30 03:01 UTC 版)

小浜島(こはまじま)は、八重山諸島である。行政区分としては、沖縄県八重山郡竹富町に属する。




注釈

  1. ^ a b 嘉弥真島の人口及び世帯数を含めた値。

出典

  1. ^ a b 竹富町地区別人口動態票(令和3年3月末) (PDF)” (日本語). 竹富町. p. 1. 2021年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月30日閲覧。
  2. ^ a b 小浜島”. 石垣市観光交流協会. 2018年9月15日閲覧。
  3. ^ “宮古郡民が官民一体で建設を進めてきた…”. 八重山毎日新聞. (2014年9月20日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/25844/ 
  4. ^ 八重山観光統計”. 沖縄県八重山事務所 (2018年8月20日). 2018年9月15日閲覧。
  5. ^ 八重山要覧 平成28年度版 (PDF)”. 沖縄県八重山事務所 (2017年8月). 2018年9月15日閲覧。
  6. ^ 【重要】高速船共通乗船券廃止のお知らせ 安栄観光
  7. ^ 運航状況・時刻表・運賃 八重山観光フェリー
  8. ^ 時刻表・料金 安栄観光
  9. ^ 平成29年度八重山土木事務所管内図 (PDF)”. 沖縄県土木建築部八重山土木事務所 (2017年8月). 2018年9月15日閲覧。
  10. ^ “「貸切り」と競合、運営困難 小浜の路線バス廃止に”. 八重山毎日新聞. (2007年3月14日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/4221/ 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l 竹富町の文化財”. 竹富町. 2018年9月15日閲覧。
  12. ^ 小浜島で一番高い大岳(うふだき)から八重山諸島を見渡す。”. 八重山物語. 石垣市経済振興公社 (2005年). 2018年9月15日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g 小浜島 伝統文化”. 竹富町島じまの文化遺産の伝承・活用協議会. 2018年9月15日閲覧。
  14. ^ “大盛家住宅(NHKちゅらさんの古波蔵荘)国の登録文化財に”. 八重山毎日新聞. (2006年3月18日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/4221/ 
  15. ^ ちゅらさん、ヒロインの生家「こはぐら荘」”. 八重山物語. 石垣市経済振興公社 (2005年). 2018年9月15日閲覧。
  16. ^ a b 小浜島 暮らし”. 竹富町島じまの文化遺産の伝承・活用協議会. 2018年9月15日閲覧。
  17. ^ 小浜島 自然”. 竹富町島じまの文化遺産の伝承・活用協議会. 2018年9月15日閲覧。
  18. ^ 南風と共にさとうきび畑を抜ける一本道「シュガーロード」”. 八重山物語. 石垣市経済振興公社 (2005年). 2018年9月15日閲覧。
  19. ^ シュガーロード”. 竹富町観光協会. 2018年9月15日閲覧。
  20. ^ a b c d e f 小浜島のおすすめ観光スポット”. やいまタイム. 南山舎. 2018年9月15日閲覧。
  21. ^ 海人公園”. 竹富町観光協会. 2018年9月15日閲覧。
  22. ^ トゥマールビーチ”. 美ら島物語. 日本トランスオーシャン航空. 2018年9月12日閲覧。
  23. ^ 小浜島のマングローブ群落「石長田海岸」”. 八重山物語. 石垣市経済振興公社 (2005年). 2018年9月15日閲覧。
  24. ^ “ちゅらさん展望台 口蹄疫侵入防止で閉鎖”. 八重山毎日新聞. (2012年1月31日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/19281 
  25. ^ 小浜島の盆、結願祭、種子取祭の芸能 - 文化遺産オンライン文化庁


「小浜島」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小浜島」の関連用語

小浜島のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小浜島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウルマックスウルマックス
©2021 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小浜島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS