畜産業とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 産業 > 畜産業の意味・解説 

畜産

(畜産業 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 14:53 UTC 版)

畜産(ちくさん)は、動物のうち家畜家禽繁殖飼育または肥育し、乳製品皮革など畜産物を得て生活に役立てる産業である。飼育する動物が水棲生物である場合は養殖と呼ぶことが一般的である。畜産を営む農家は特に、畜産農家、または畜産家と呼ばれる。




  1. ^ “動物はごはんじゃないデモ行進2016レポート”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2016年6月14日). http://www.hopeforanimals.org/event/shutdonwallslughterhouses2016/ 2018年5月9日閲覧。 
  2. ^ 農林水産省生産局には農産部と畜産部があり、農林水産省組織令第54条第1号により、蚕糸の生産等に関することは工芸農作物、いも類と同じ農産部地域作物課の所掌事務とされている。
  3. ^ United States Leads World Meat Stampede”. Worldwatch Institute (1997年7月2日). 2018年10月2日閲覧。
  4. ^ Mesfin M. Mekonnen, Arjen Y. Hoekstra (2012). “A Global Assessment of the Water Footprint of Farm Animal Products” (PDF). Ecosystems 15: 401-415. doi:10.1007/s10021-011-9517-8. http://waterfootprint.org/media/downloads/Mekonnen-Hoekstra-2012-WaterFootprintFarmAnimalProducts.pdf. 
  5. ^ 増谷康. “フィンテックの次にフードテック・ブームが来ると確信できる10の理由”. フォーブス日本. https://forbesjapan.com/articles/detail/21177 2018年10月3日閲覧。 
  6. ^ a b c d No.244 穀物を家畜でなく人間が直接食べれば、世界の人口扶養力が向上”. 西尾道徳の環境保全型農業レポート (2014年1月24日). 2018年5月10日閲覧。
  7. ^ Lillie Ogden. “The Environmental Impact of a Meat-Based Diet”. Vegetarian Times. https://www.vegetariantimes.com/life-garden/the-environmental-impact-of-a-meat-based-diet 2018年5月16日閲覧。 
  8. ^ a b Livestock a major threat to environment”. FAO (2006年11月29日). 2018年5月9日閲覧。
  9. ^ “「温暖化ガス排出食」の王者は牛肉、畜産分野の約80%”. AFPBB. (2009年2月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/2572329 2018年5月14日閲覧。 
  10. ^ Cattle Ranching in the Amazon Region”. Global Forest Atlas. 2018年5月16日閲覧。 イェール大学
  11. ^ Wilder Pérez R. (2017年3月27日). “Cattle ranching threatens core of Biosphere Reserve of Southeast Nicaragua”. Mongabay. 2018年5月10日閲覧。
  12. ^ “世界の飢餓人口は減少、しかし今だ8億500万人が慢性的に栄養不足”. UN World Food Programme. (2014年9月19日). http://ja.wfp.org/news-release/140919 2018年5月16日閲覧。 
  13. ^ 平賀緑. “食糧第一: 世界飢餓と食糧・食料問題のページ”. ジャーニー・トゥ・フォーエバー. 2018年5月16日閲覧。
  14. ^ 偏見・差別について”. 東京都中央卸売市場. 2018年5月9日閲覧。
  15. ^ a b 伊勢田哲治動物福祉と供養の倫理」『関西実験動物研究会会報』第127回研究会、関西実験動物研究会、2016年12月、 6-22頁。
  16. ^ 動物の心と動物解放論」(PDF)『生命・環境・科学技術倫理研究VI』、千葉大学、2001年、176-183頁。
  17. ^ “「動物の権利」を主張するとはどういうことか (動物の「道徳的権利」と、その他の意味合いでの「権利」)”. 道徳的動物日記. (1397440508). http://davitrice.hatenadiary.jp/entry/2014/04/14/105508 2018年5月10日閲覧。 
  18. ^ ゲイリー・L・フランシオン『動物の権利入門』緑風出版、2018年、88頁。
  19. ^ 佐藤弘康. “畜産環境問題の現状と対策について 畜産の情報 1998年6月”. 農畜産業振興事業団. 2018年5月9日閲覧。
  20. ^ 牛肉にされるために飼育される牛”. アニマルライツセンター. 2018年5月9日閲覧。
  21. ^ ミルクを生産するために使われる牛たち”. アニマルライツセンター. 2018年5月9日閲覧。
  22. ^ “乳牛の尾の切断”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2016年7月7日). http://www.hopeforanimals.org/dairy-cow/466 2018年5月9日閲覧。 
  23. ^ “宗教と畜-日本で行われている気絶無しの牛の屠殺”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2017年1月17日). http://www.hopeforanimals.org/slaughter/329/ 2018年5月10日閲覧。 
  24. ^ “子豚の尾を麻酔なしで切断”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2015年12月31日). http://www.hopeforanimals.org/pig/430 2018年5月9日閲覧。 
  25. ^ “子豚の歯を麻酔なしで切断”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2016年1月22日). http://www.hopeforanimals.org/pig/426 2018年5月9日閲覧。 
  26. ^ “妊娠ストールと分娩ストール”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2011年12月31日). http://www.hopeforanimals.org/pig/233/ 2018年10月2日閲覧。 
  27. ^ “ブタの去勢 麻酔なし”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2015年6月30日). http://www.hopeforanimals.org/pig/336 2018年5月9日閲覧。 
  28. ^ “採卵鶏のあまりにも酷い最期の一日 加工肉用に殺される採卵鶏たちは身動きが取れない中、卵と糞尿まみれで長時間放置されていた”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2018年4月4日). http://www.hopeforanimals.org/eggs/chickens-are-left-for-long-hours-before-slaughtering/ 2018年5月9日閲覧。 
  29. ^ “ウィンドレス鶏舎が増える日本、減る世界”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2017年11月10日). http://www.hopeforanimals.org/broiler/542 2018年5月9日閲覧。 
  30. ^ “シャックリング(懸鳥)の苦痛-鶏の屠殺”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2017年5月3日). http://www.hopeforanimals.org/slaughter/529 2018年5月9日閲覧。 
  31. ^ “飼育密度が高すぎる日本の鶏肉(ブロイラー)”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2017年4月10日). http://www.hopeforanimals.org/broiler/495 2018年5月9日閲覧。 
  32. ^ “採卵鶏のクチバシの切断(デビーク) - 日本の切断率:83.7%”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2016年12月19日). http://www.hopeforanimals.org/egg%EF%BD%93/441 2018年5月9日閲覧。 
  33. ^ “鶏を生きたまま熱湯で茹でる 食鳥処理場”. 動物はあなたのごはんじゃない (アニマルライツセンター). (2018年3月24日). http://www.hopeforanimals.org/slaughter/red-skin-chickens/ 2018年5月16日閲覧。 
  34. ^ フォアグラ”. www.hopeforanimals.org. 2018年10月2日閲覧。
  35. ^ 2019新型コロナウイルス
  36. ^ http://www.chinacdc.cn/


「畜産」の続きの解説一覧

畜産業

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 07:45 UTC 版)

名詞

   (ちくさんぎょう)

  1. 家畜繁殖育成肥育などの畜産物生産を行う産業第一次産業分類される。

類義語




畜産業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「畜産業」の関連用語

畜産業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



畜産業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの畜産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの畜産業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS