家禽とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > 家禽の意味・解説 

か‐きん【家×禽】

読み方:かきん

家畜として飼育される・あひる・七面鳥など。⇔野禽(やきん)。


家禽(かきん)

卵および鳥肉生産する目的で飼養する鳥類いいます卵用としては、採卵鶏、うずら、鳥肉用としては、ブロイラー、うずら、七面鳥ほろほろ鳥、あひる、がちょう、かも、きじ等があります

家禽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 21:19 UTC 版)

家禽(かきん)とは、その羽毛などを利用するために飼育するの総称。または野生の鳥を人間の生活に役立てるために品種改良を施し飼育しているものをいう。また、ペットとしての鳥を家禽として扱う場合がある。




「家禽」の続きの解説一覧

家禽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 02:52 UTC 版)

アースリングス」の記事における「家禽」の解説

近年アメリカ国内での1日消費量1930年1年間消費量上回るほど伸びており、アメリカ最大のブロイラー工場850万羽屠殺する

※この「家禽」の解説は、「アースリングス」の解説の一部です。
「家禽」を含む「アースリングス」の記事については、「アースリングス」の概要を参照ください。


家禽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 07:41 UTC 版)

カモ」の記事における「家禽」の解説

食用採卵のほかには、合鴨家鴨愛玩羽毛採集アイガモ農法などの用途家禽化されている羽毛軽量保温高くジャケット掛け布団利用される

※この「家禽」の解説は、「カモ」の解説の一部です。
「家禽」を含む「カモ」の記事については、「カモ」の概要を参照ください。


家禽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 15:31 UTC 版)

マレーシア料理」の記事における「家禽」の解説

鶏肉(daging ayam)は、一般に地元農場から供給され安価な食肉となっている。農場家族経営だったので、必要に応じて新鮮な状態のまま街の伝統市場(街市)に回される売り主は、わずかな料金のためでもを脱羽機に入れる。脱羽機はさかんに羽を除去しながらかき回す大きな湯の容器からなる内臓抜ききれいにする作業家で行われる今日このような伝統市場未だに存在する一方で都市に住む大多数マレーシア人は、企業による巨大な養鶏場育てられた冷凍肉購入している。 マレーシア料理における、特別な鶏肉料理レシピは「アヤム・カンポン(ayam kampung、鶏肉)」と呼ばれる。それらは、籠に入れられずに自由に走り回った放し飼いである。一般にこれらのには、より高い栄養価があると考えられている。それらはより体脂肪少ない分、一般よりも締まっている一般にアヤム・カンポンは、蒸すかスープとして調理されるサテピーナッツとココナッツミルクソースによる、一般に鶏肉牛肉、および羊肉グリル)はマレーシア代表的な料理一つ考えられている。 またマレーシアにおいて家鴨は、ほとんど中国系プラナカン料理だけの、比較狭い範囲でしか食べられていない

※この「家禽」の解説は、「マレーシア料理」の解説の一部です。
「家禽」を含む「マレーシア料理」の記事については、「マレーシア料理」の概要を参照ください。


家禽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 10:08 UTC 版)

マガモ」の記事における「家禽」の解説

古来より人の手で家禽としても飼いならされてきた。アヒル先祖はこのマガモであり、アヒルマガモかけあわせアイガモである。もともと人になつきやすく、都市部の池などではよく餌付けされる。また、建物街路樹木のうろ営巣する例もあるという。 近年になってアイガモ農法などでアイガモ野飼いされるようになり、それに伴ってアイガモも本種とも見分けつかない個体出現するようになったそういった兆候捉えてアイガモアヒル野生の本種の間で遺伝子汚染がかなり進んでいるといった懸念をする研究者もいる。

※この「家禽」の解説は、「マガモ」の解説の一部です。
「家禽」を含む「マガモ」の記事については、「マガモ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「家禽」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

家禽

出典:『Wiktionary』 (2021/08/24 14:44 UTC 版)

名詞

かきん

  1. 家畜のうち鳥類属するもの。

翻訳

関連語

対義語


「家禽」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



家禽と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

家禽のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家禽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家禽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアースリングス (改訂履歴)、カモ (改訂履歴)、マレーシア料理 (改訂履歴)、マガモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの家禽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS